イオンカードの評判・口コミって実際どうなの?100人の本音とメリット・デメリット

The following two tabs change content below.
下山田 聖也

下山田 聖也

経歴 2018年より、東証一部上場大手の信販会社や、大手銀行のコンテンツマーケティング、SEOコンサルティングを主に手がける。 キャッシュレス・QR決済では500店舗以上の導入をサポートした実績を持ち、自ら指揮したプロジェクトは、地上波のテレビに報道されるなど、思わずシェアしたくなるような、わかりやすい説明が得意 記事に関する、お問い合わせ先:info.kanelabo@gmail.com

イオンとの相性が抜群のイオンカードって実際の評判はどうなんだろう?

イオンカードを使っている人がどう思っているのか口コミを知りたい!

と思ったことはありませんか?

公式サイトでは良いことばかりが書かれているため、リアルの評判や口コミを知るためにはそこそこ調べなければなりません。

そこで今回は、SNS上にあるイオンカードに関する100人以上の評判や口コミの中から、実際の特徴や使い勝手がわかるものをまとめました。

この記事を読めば、イオンカードのメリットやデメリットが理解でき、自分に向いているのか申し込むべきなのかが判断できますよ!

結論としてイオンカードは全ての人に向いているというわけではありません。

おすすめできる人もいれば、他のクレジットカードの方が向いている人もいますので、ぜひこの記事を読んであなたとイオンカードの相性をチェックしてみてください。
イオンカード 評判 口コミ

目次

この記事の監修者 監修者詳細
山岸 優希 -Yuki Yamagishi- (ファイナンシャルプランナー) 山岸 優希 -Yuki Yamagishi- (ファイナンシャルプランナー) 日本FP協会の定めるファイナンシャルプランナーの資格を持ち、当サイトの金融系記事を監修。 ファイナンシャルプランナーの知識で、かねラボの記事を”より正しく””わかりやすい”ものにしている。 →くわしいプロフィールはこちら

イオンカードとは

イオンカード 評判 口コミ 公式サイト
基本情報 詳細
券面 イオンカード 評判 口コミ
年会費 無料
ポイント名 ときめきポイント
200円に付き1ときめきポイント
ポイント還元率 0.5%〜1%
国際ブランド VISA/JCB/MasterCard
電子マネー WAON/Apple Pay/楽天ペイ
家族カード 無料/3枚まで
ETCカード 無料
海外旅行傷害保険
交換可能マイル JALマイル

イオンカードはイオン銀行が発行する年会費永年無料のクレジットカードです。

イオングループとの相性が良く、優待割引ポイントアップなど様々な恩恵を受けることができる人気のクレジットカードです。

イオンカードの種類によっては、クレジット機能+電子マネーのWAON+イオン銀行のキャッシュ機能が一体(イオンカードセレクト)となっているカードもあります。

もちろんWAON+クレジット機能のみSuica機能付き年会費有料など様々な種類があるので自分にあったイオンカードを選ぶようにしましょう!

本記事のバナーから先着20万人限定でイオンカードに申し込むことで、最大20%キャッシュバックが受けられるキャンペーンの対象になることができます!

→イオンカード公式サイトはこちらから

今回の記事では、主に一番人気でお得な「イオンカードセレクト」に関する内容で、紹介していきます。

イオンカードの良い評判・口コミ(メリット)

イオンカード 評判 口コミ メリット
イオンカードの良い評判・口コミからわかるメリットには以下の9つの要素があります。

  • 年会費永年無料!招待からゴールドにアップしても無料
  • 対象店舗ではポイント還元率2倍!200円で1ときめきポイントが貯まる
  • 毎月10日は「ありが10デー」でときめきポイント5倍!対象店舗以外でも2倍貯まる
  • 「ときめきポイントTOWN」経由でネットショッピングすればポイントが2倍〜3倍貯まる
  • 毎月20日・30日は「お客様感謝デー」で対象店舗では5%オフで買い物ができる!
  • イオンシネマは300円引き!「お客様感謝デー」なら全作品1,100円で映画が観られる!
  • イオンカード会員限定の「トクする旅行案内板」で旅行プランをお得に予約できる!
  • 優待施設が多いのと会員向けのキャンペーンが豊富!
  • イオンカードならポイントの二重取りもできる!

上記9つのメリットについて以下の章で詳しく解説していきます!

イオンカードの良い評判・口コミ(メリット)① 年会費永年無料!招待からゴールドにアップしても無料です!

イオンカード 評判 口コミ 年会費無料


イオンカードは年会費永年無料のクレジットカードなので、イオングループのサービスを利用する人はとりあえず持っておくといった方が多いです。

家族カードETCカードも無料で発行できるのと、イオンカードで決済をし続けるとイオンカードゴールドの無料招待が届きます。

招待からゴールドカードにランクアップすれば、年会費無料で発行することができのも大きなメリットですね!

また、イオンカードセレクトなら銀行の金利も最大0.15%アップするので、金利の面でも有利になります。

イオンカードの良い評判・口コミ(メリット)② 対象店舗ではポイント還元率2倍!200円で1ときめきポイントが貯まる!

イオンカード 評判 口コミ ポイント


ポイントは通常200円=1ポイント、ポイント還元率0.5%でときめきポイントが貯まります。

イオンカードは対象店舗でのポイント還元率が2倍にアップすることから、イオングループを利用する人はかなり恩恵のあるカードです。
通常決済では還元率が0.5%と低いカードなのでイオン系列のお店に行かない人は楽天カードやリクルートカードなどの方が正直向いています。

しかし、イオンカードはポイント以外にも商品やイオンシネマなどの優待割引があることから近くにイオンがなくても申し込む方もいます。

特典やキャンペーンについてはメリット後半で解説していきますので、そちらを参考にしてください!

イオンカードの良い評判・口コミ(メリット)③ 毎月10日は「ありが10デー」「ときめきWポイントデー」でときめきポイント5倍!対象店舗以外でも2倍貯まる


イオンカードを利用している方であれば、イオンが毎月10日に実施される「ありが10デー」と「ときめきWポイントデー」のキャンペーン対象になることができます。

ありが10デーのメリットはイオン系列での買い物時にときめきポイントが5倍貯まるのです。
イオンカード 評判 口コミ ありが10デー

イオン系列以外でのポイントは2倍(ときめきWポイントデー)なので、毎月10日に買い物をする人が多いです。

イオンカード 評判 口コミ ときめきWポイントデー

イオンを頻繁に利用しない方であっても、毎月10日であればお得にポイントを貯めれるので、この日にまとめ買いすると効率よくポイントを貯めることができます!

注意したいのは、ポイントアップ対象外の店舗やサービスもあることです。

ときめきWポイントデー対象外

ギフトカード、航空・鉄道料金、鉄道会社が運営している商業施設(駅ナカのテナント含む)、WAONクレジットチャージ、Suicaクレジットチャージ、チケット類、保険商品、公共料金、各種通信料、新聞購読料、医療機関、旅行代理店、通信販売、引越業者、海外でのお支払い分、ときめきポイントクラブ優待加盟店でのご利用分、その他特定商品のお支払い分。

※イオンスマートペイカードのご利用でも、200円(税込)ご利用ごとに2ポイントとなります。
※その他ポイントキャンペーン、ポイント倍付企画との併用はできません。
※当社への売上データの到着が10日以外の場合、通常ポイント2倍対象外となりますので予めご了承ください。

引用:https://www.aeon.co.jp/creditcard/merit/special_day.html

イオンカードの良い評判・口コミ(メリット)④ 「ときめきポイントTOWN」経由でネットショッピングすればポイントが21倍貯まる

イオンカード 評判 口コミ ときめきポイントTOWN


イオンでは「ときめきポイントクラブ優待加盟店」というサービスがあり、これに加盟している実店舗やネットショッピングでは、店ごとに倍率は異なりますが2倍〜3倍で貯めることができます。

オンラインショッピングでは、イオンが運営する「ときめきポイントTOWN」を経由し楽天やAmazonなど対象のネットショップで決済することでポイントが最大21倍になります。

こちらも媒体ごとに倍率は変わり、最大21倍にするには「Wポイントデー」日に決済することで実現可能です。

実は普段からイオンに行かない人でもネットショッピングを普段から頻繁に活用する方であれば近くにイオンがない場合でも十分恩恵を受けることができるのがこのカードのすごいところなのです。

イオンカードの良い評判・口コミ(メリット)⑤ 毎月20日・30日は「お客様感謝デー」で対象店舗では5%オフで買い物ができる!

イオンカード 評判 口コミ お客様感謝デー


毎月20日と30日には「お客様感謝デー」でイオングループの対象店舗で決済すれば、5%オフでお買い物ができるメリットがあります。

ついつい5%オフで買い物をしすぎてしまう方もいるようで、これを利用してお得に決済する方も多いです。

イオンカードを持っている方は毎月10、20、30日買い物をする人が多いのはこれらのキャンペーンを利用する人が多いからということがわかりますね!

イオンで買い物するけど、イオンカードは持っていない!」という方は一度イオンカードの申し込みを検討してみてはいかがでしょうか?

イオンカードの良い評判・口コミ(メリット)⑥ イオンシネマは300円引き!「お客様感謝デー」なら全作品1,100円で映画が観られる!

イオンカード 評判 口コミ イオンシネマ割引


イオンカードのメリットで多い口コミが「イオンシネマ」での映画料金が300円割引で観れる特典に関する内容が多く、評判がかなり良いです!

全作品税込1,100円で映画が楽しめるのでこれがよくてイオンカードを作る方も多いです。

ただし、イオンシネマがない店舗もあるので近くにイオンシネマがある方で、よく利用する方が一番恩恵を受けることができる特典になっているので恩恵を受けることができない人もいます。

イオンカードの良い評判・口コミ(メリット)⑦ イオンカード会員限定の「トクする旅行案内板」で旅行プランをお得に予約できる!

イオンカード 評判 口コミ トクする旅行案内板


イオンカードには、国内外の旅行を割引予約やポイントアップ、優待割引で利用できる旅行サービスがお得になる「トクする旅行案内板」が有ります。

トクする旅行案内板経由で旅行代理店を予約するメリット
  • H.I.S→国内・海外ツアーが3,000円OFF!
  • エクスペディア→ホテル8%オフ、航空券+ホテルでで2,500円オフ
  • イオントラベルモール→パッケージツアー最大6%オフ、ポイント2倍
  • Relux→初回利用5,000円オフ!2回目以降7%オフ

他にも国内旅行であれば、対象店舗レンタカー割引Instagramでいいねがつく写真の撮り方などを教えてくれるサービスもあります。

海外旅行では、Wi-Fiレンタル料金を20%割引ロッテ免税店VIP SILVERカードの発行(ロッテ免税店銀座で、イオンマークのカード利用で20,000円以上でロッテ免税店銀座で使える1,000円分のギフト券をプレゼント)などの嬉しい特典もついてきます。

また随時変わるキャンペーンで他にも旅行代金20%オフやポイントアップなどもあるので、旅行サービスが充実しているのもイオンカードのメリットと言えます!

イオンカードの良い評判・口コミ(メリット)⑧ 優待施設が多いのと会員向けのキャンペーンが豊富!

イオンカード 評判 口コミ 見せておトク使っておトク


イオンカードには優待施設(温泉施設、スキー場、美容院などの割引)が多く、会員向けに北海道旅行が抽選で当たるキャンペーンを行なっています。

これらはイオンが運営する「見せておトク!使っておトク」のサイトからイオンの優待サービスが使える店を探せるのでイオンカードを作ったら一度覗いてみると良いでしょう!

現在地や検索条件を絞り込んで探すことができるのでめちゃめちゃ便利なサービスです!

イオンカードの良い評判・口コミ(メリット)⑨ イオンカードならポイント二重取りもできる!

イオンカード 評判 口コミ ポイント二重取り

イオンカードは種類によって異なりますが、ポイントの二重取りができるものがあります。

例えばWAONとキャッシュカードが一体型のイオンカードセレクトなら、WAONにクレジットカードチャージで200円で1ポイント、WAON利用で支払えば0.5%還元。

このようにポイントを二重取りすることができます。

他にもTwitterでツイートされているように、「エネオスでTカード提示とイオンカード払いTポイントとクレカのポイントの二重取り」でお得に使っている方もいるので参考までに

イオンカードの悪い評判・口コミ(デメリット)

イオンカード 評判 口コミ デメリット
イオンカードの悪い評判・口コミからわかるデメリットには以下の4つの要素があります。

  • 通常ポイント還元率が0.5%と低い
  • ときめきポイントは1,000ポイント以上500円単位じゃないと使えない
  • ときめきポイントの有効期限は獲得日から2年と有効期限がある
  • 海外旅行傷害保険も国内旅行傷害保険も付帯されていない

上記4つのデメリットについて以下の章で詳しく解説していきます!

イオンカードの悪い評判・口コミ(デメリット)① 通常ポイント還元率が0.5%と低い

イオンカード 評判 口コミ ポイント還元率低い


イオンカードは通常のポイントが200円で1ポイント付与でポイント還元率が0.5%と正直低いです。

最近の年会費無料クレジットカードの中には通常ポイント還元率1%の種類も多くあるのでこれらと比較してみるとやはりポイント重視の方にはおすすめできません。

また、イオンカードで貯まるときめきポイントとWAONポイントは別の種類なので貯まる速度が遅いことも使いにくいデメリットという方が多いです。

もちろんイオンでの買い物が多い人にとってはかなりメリットのあるクレジットカードですが、それ以外の方には正直おすすめできないクレジットカードです。

イオンカードの悪い評判・口コミ(デメリット)② ときめきポイントは1,000ポイント以上500円単位じゃないと使えない

イオンカード 評判 口コミ ポイント 使いにくい


ときめきポイントは1,000ポイント以上、500円単位でしか利用できないのでポイントの使い勝手は正直悪いです。

お会計の際に端数だけポイントで切り捨てるといった柔軟な使い方ができないのでポイントを使うタイミングを逃し有効期限を過ぎてしまい損をするなんてこともよくあります。

また、ポイントの貯まりにくさから1,000ポイント貯まる前に有効期限が来てしまう方もいるで、ポイントの使い勝手の悪さは一級品です。

イオンカードの悪い評判・口コミ(デメリット)③ ときめきポイントの有効期限は獲得日から2年と有効期限がある

イオンカード 評判 口コミ ポイント有効期限


先にも少し説明しましたが、イオンカードで貯めたときめきポイントには有効期限が2年で設定されてます。

2年と聞くと長いように感じますが、使い勝手が悪いのと合間って失効する方も多いです。

せっかく貯めたポイントも使わなければなんの意味もないのでイオンカードを発行したらまずは1,000ポイントを有効期限ないに貯めることを目標にした方が良いです。

また、ポイントの使い道も事前に決めておくことで計画的に考えておく必要があります。

イオンカードの悪い評判・口コミ(デメリット)④ 海外旅行傷害保険も国内旅行傷害保険も付帯されていない(ゴールドのみ)

イオンカード 評判 口コミ 海外旅行傷害保険


最後にイオンカードには国内外の旅行傷害保険が付帯されていないことがデメリットとして挙げられます。

年会費無料で旅行保険が付帯されているクレジットカードは結構多いのですが、イオンカードはゴールドカード以上からでないと付帯されません。

国際ブランドがVISA、MasterCardと選べるのに海外での利用が不向きなのはなんとも言えないところです。

このことから海外を想定して発行されているクレジットカードではないので、海外を検討している場合別途他のカードを作る必要があることを覚えておきましょう!

ただ、メリットで紹介した旅行に関する特典が豊富にあるので、これを理由に申し込まないのではなく、別の年会無料カードを発行するのが賢い選択です。

おすすめの海外旅行保険が付帯のクレジットカードは「エポスカード」です。

エポスカードなら、年会費無料で発行でき、海外旅行保険も自動付帯で最大500万円まで補償されます。

他にもカラオケや飲食店での優待割引などもあるので海外を視野にカードを作る方はエポスカードも検討すると良いでしょう!

→エポスカード公式サイトはこちらから

イオンカードのメリット・デメリット まとめ

イオンカード 評判 口コミ メリット デメリット まとめ
イオンカードのメリット・デメリットを口コミ・評判から紹介してきましたが、ここで一旦まとめてみましょう。

イオンカードのメリット・デメリット

【イオンカードのメリット】

  • 年会費永年無料!招待からゴールドにアップしても無料です!
  • 対象店舗ではポイント還元率2倍!200円で1ときめきポイントが貯まる!
  • 毎月10日は「ありが10デー」「ときめきWポイントデー」でときめきポイント5倍!対象店舗以外でも2倍貯まる
  • 「ときめきポイントTOWN」経由でネットショッピングすればポイントが21倍貯まる
  • 毎月20日・30日は「お客様感謝デー」で対象店舗では5%オフで買い物ができる!
  • イオンシネマは300円引き!「お客様感謝デー」なら全作品1,100円で映画が観られる!
  • イオンカード会員限定の「トクする旅行案内板」で旅行プランをお得に予約できる!
  • 優待施設が多いのと会員向けのキャンペーンが豊富!
  • イオンカードならポイント二重取りもできる!

【イオンカードのデメリット】

  • 通常ポイント還元率が0.5%と低い
  • ときめきポイントは1,000ポイント以上500円単位じゃないと使えない
  • ときめきポイントの有効期限は獲得日から2年と有効期限がある
  • 海外旅行傷害保険も国内旅行傷害保険も付帯されていない

結局イオンカードは申し込むべき?エポスカードと比較

イオンカード 評判 口コミ エポスカード 比較
イオンカード と同じように、対象のお店に特化しているクレジットカードの代表格として有名なのがマルイが発行する「エポスカード」です。

おそらく、イオンカードの発行を考えている人はエポスカードについてもチェックしているはず。

そこで、イオンカードとエポスカードの基本情報を簡単に比較してみました。

カード名 イオンカード エポスカード
券面 イオンカード 評判 口コミ 券面 イオンカード 口コミ 評判 エポスカード 券面
年会費 永年無料 永年無料
国際ブランド JCB/MasterCard/VISA JCB/MasterCard/VISA
ポイント還元率 0.5% 0.5%
スマホ決済
電子マネー
Apple Pay Apple Pay
家族カード 無料 無料
ETCカード 無料 無料
海外旅行傷害保険 最大500万円
(自動付帯)

イオンカードとエポスカードの基本情報のみで比較してみると、エポスカードが海外旅行傷害保険が付帯されているので、イオンカードより優れています。

なので、エポスカードとイオンカードの2種類を持つことで両者のデメリットを補うことができるのです。

またエポスカードは飲食店や美容院、レジャー施設での優待割引や年4回実施されるポイントアップキャンペーンの「マルコとマルオの7日間キャンペーン」などもあることからサブカードとして非常に人気のクレジットカードです。

また、エポスカードはイオンシネマの割引はありませんが、他の映画館の割引があるので、この2枚を保有することで日常で使える優待割引が増えるため学生や主婦の方に非常におすすめです!

イオンカードの評判・口コミのまとめ!イオングループのサービスを利用する人が持っておきたいサブカード

イオンカード 評判 口コミ まとめ
イオンカードはイオングループとの相性が抜群に良いクレジットカードなので、イオンによく行く方は必ず恩恵を受けれるクレジットカードです。

しかし、海外や日常の決済で使うにはポイントの観点から少し不便であることもまた事実です。

このことからイオンカードはサブカードとして所有するのが賢いと言えます。

日常で使うクレジットカードと、イオンでの映画や買い物の割引優待を受けるためのサブカードとして利用しましょう!

本記事のバナーから先着20万人限定でイオンカードに申し込むことで、最大20%キャッシュバックが受けられるキャンペーンの対象になることができます!

→イオンカード公式サイトはこちらから

ABOUTこの記事をかいた人

下山田 聖也

経歴 2018年より、東証一部上場大手の信販会社や、大手銀行のコンテンツマーケティング、SEOコンサルティングを主に手がける。 キャッシュレス・QR決済では500店舗以上の導入をサポートした実績を持ち、自ら指揮したプロジェクトは、地上波のテレビに報道されるなど、思わずシェアしたくなるような、わかりやすい説明が得意 記事に関する、お問い合わせ先:info.kanelabo@gmail.com