キャッシングっていくらまで借りられるの?消費者金融の借入限度額と会社別の特徴をかんたん解説!

The following two tabs change content below.
下山田 聖也

下山田 聖也

経歴 2018年より、東証一部上場大手の信販会社や、大手銀行のコンテンツマーケティング、SEOコンサルティングを主に手がける。 キャッシュレス・QR決済では500店舗以上の導入をサポートした実績を持ち、自ら指揮したプロジェクトは、地上波のテレビに報道されるなど、思わずシェアしたくなるような、わかりやすい説明が得意

キャッシングっていくらまで借りられるの?といった疑問を思ったことはありませんか?

特にこれからお金が必要な方であれば、自分が一体どれくらい融資を受けることができるのかは気になるところ。

しかし、キャッシングで借りれるお金は人によって異なります。

そこで今回の記事では、「キャッシングで借りれる金額はどのようにして決まるのか」について解説していきます。

これからキャッシングサービスを利用しようとしている方は参考にしてください。
キャッシング いくらまで

キャッシングは総量規制で年収の3分の1までと金融機関が定めている

キャッシング いくらまで 総量規制
消費者金融でもクレジットカードでもキャッシングの限度額は、年収の3分の1までと金融機関が定めています。

これがいわゆる「総量規制」という制度です。

例えば、年収300万円の方であれば、3分の1の100万円までが融資可能額となるのです。

これは、1社からの融資金額に適応される制度ではなく、クレジットカードのキャッシング枠や、複数の消費者金融の融資の合算した金額になります。

なので、複数の貸金業者から融資を受ける場合はこの総量規制の範囲内でしか借入れすることができないので覚えておきましょう。

そもそもこの制度は、多重貸付から起こる生活破綻を未然に防ぐため設けられた消費者のための制度なので、融資を受ける際は総量規制には十分注意して融資を受けましょう!

キャッシングの限度額は総量規制の範囲内で増減することができる

キャッシング いくらまで 限度額
キャッシングの限度額とは、貸金業社が定める金額のことで、総量規制とはまた異なります。

限度額は、申し込み時の審査で決まるものですが、増減することは可能です。

限度額の増減に密接に関わるのが、「取引状況」です。

例えば、限度額の設定が初回30万円だった場合、融資を受けた後しっかり返済をしていれば、限度額を一時的、または永続的に増やすことができます。

逆に延滞などをしていると限度額が低くなり、最悪の場合融資を受けることが不可能になってしまいます。

また、自ら限度額を小さくしたい場合は、貸金業者に申し出れば減らすことができるので、覚えておきましょう。

支払い可能見込み額の計算方式について

キャッシング いくらまで 支払い可能見込み額
融資の限度額を決めるにあたって参考にされるのが「支払い可能見込み額」です。

支払い可能見込み額とは、最低限の生活維持に必要な費用のことを指しています。

つまりこの計算から、その人の生活に最低限必要な金額の目安がわかるので、融資を受ける前に一度計算してみると良いでしょう。

支払い可能見込み額の計算式
  • 支払い可能見込み額(1年間)=(年収-生活維持費(年間)-債務残額)×0.9

例えば、年収300万円の方の生活費が20万円、債務残額が30万円の場合、支払い可能見込み額は以下の通りです。

(300万円-240万円-30万円)×0.9=27万円

この数字の範囲内であればお金を貸す側も借りる側も安心して取引を行うことができるのです。

キャッシング枠の金額は3つの要素で決まる!

キャッシング枠 いくらまで
キャッシング枠の金額は以下の3つの要素でほぼ決まることを覚えておきましょう。

  • 属性
  • 信用情報
  • 他社からの借入状況

上記の3つの要素について以下の章で詳しく解説していきます。

年齢、性別、職業、年収、居住年数などの「属性」

キャッシング いくらまで 属性
属性とは、融資を受ける人の年齢、性別、職業、年収などの個人情報のことを指します。

この属性を貸金業者がスコアリングし、キャッシング枠の金額を決める参考にするのです。

属性を良くするためには社会的地位を高くすることにあります。

年収をあげたり、正社員、社長になる、すぐ転職をしないことが属性を良くする要因になりますので、覚えておきましょう。

逆にアルバイトやパートで収入が安定していないと属性は悪い状態になります。

また、年齢に関しても若すぎても、歳を重ねすぎてもいけません。

24歳から59歳の働き盛りの方がキャッシング枠の金額が大きくなりやすいです。

ローンやクレジットカードの利用記録「信用情報」

キャッシング いくらまで 信用情報
信用情報とは、これまでのクレジットカードやカードローンの取引情報のことを指しており、この情報は信用機関で保管され、日々更新されています。

クレジットカードやローンの支払いをしっかり行っていれば、信用情報は良くなり、逆に信用情報が悪い状態、傷がついている状態はブラックな状態となります。

俗にブラックリスト入りすると言われています。

また、ブラックリストは一度信用情報に記録されると5年〜10年間の間記録が残り、新規にクレジットカードやローンを組むことができなくなります。

なので、延滞や金融事故を起こさないようにしてください。

他社からの借り入れ状況(総量規制の状態)

キャッシング いくらまで 借り入れ状況
先に紹介した総量規制によって、キャッシング枠が低く設定されることがります。

例えば、総量規制が100万円だったとして、既に50万円の融資を受けている場合、残り融資できる金額は50万円です。

しかし、支払い可能見込み額と比較しながら、次のキャッシング枠が設定されるので、金額は少なルコとが予想されます。

上記は属性や信用情報がよければ、高く設定されますが一般の方では、基本少なく設定されるでしょう。

キャッシングでおすすめの消費者金融ランキングTOP3

キャッシング いくらまで 消費者金融 ランキング
キャッシングでおすすめの消費者金融をランキング形式で以下の章で詳しく解説していきます。

キャッシング枠がいくらに設定されるかは、人それぞれによって異なりますが、セキュリティ面や口コミ・評価などを参考にしながら紹介していきます。

これからキャッシングサービスを活用する人は参考にしてください。

キャッシングでおすすめの消費者金融ランキング第1位:アコム

キャッシング いくらまで アコム公式サイト
概要 詳細
申し込み年齢 20歳〜69歳
審査時間 審査時間最短30分
※平日14時までに必要書類の確認で当日融資
融資限度額 1万円〜最大800万円
実質年率 3%~18%
土日祝日審査 対応
遅延利率 20.0%
担保/保証人/保証料
融資の受け取り方法 口座振込/ATM(自社/提携金融機関/コンビニ)/
店舗窓口/ネットキャッシング/

アコムでは、キャッシングの融資限度額は最大500万円まで借り入れできる消費者金融です。

アコムはWeb・インターネットからの申し込みで最短即日で融資を受けることができます。

審査時間は最短30分、融資までにかかる時間は1時間程度です。

また、24時間365日融資可能で、土日祝日でも審査は行われているので、即日でキャッシングサービスを利用し、融資を受けたい人にはおすすめの消費者金融です。

アコムの特徴をざっくり言うと…
  • アコムは審査含め最短1時間で振込融資可能(平日13時までに申し込み完了)
  • アコムは13時以降は自動契約機でカードを発行し、ATMで融資を受けることができる
  • アコムは21時以降は翌営業日扱いとなるので注意が必要
  • アコムは30日間金利0円サービス実施中
  • 楽天/三菱UFJ/三井住友/ゆうちょ銀行の口座があれば夕方申し込みでも即日で融資を受けることができる

→アコム公式サイトはこちらから

キャッシングでおすすめの消費者金融ランキング第2位:アイフル

キャッシング いくらまで アイフル公式サイト
概要 詳細
申し込み年齢 20歳〜69歳
審査時間 審査時間最短30分
※平日14時までに必要書類の確認で当日融資
融資限度額 最大800万円
実質年率 3%~18%
土日祝日審査 対応
遅延利率 20.0%
担保/保証人/保証料
融資の受け取り方法 ATM(自社/提携金融機関/コンビニ)/
口座振込/ネットキャッシング/

アイフルは融資限度額が最大800万円まで借りることができる消費者金融です。

アイフルの特徴は、最短審査で30分が完了し、即日で融資が可能と言うことです。

また、申し込み→審査→契約手続き→借り入れの4つのステップでお申し込みができる簡単さも売りのひとつと言えるでしょう。

アイフルは、大手メガバンクに属さない消費者金融なので、審査基準も独自に行っていることから、他の大手消費者金融よりも審査に通りやすいと言われています。

即日でキャッシングサービスを活用したい方は、アイフルを検討してみてはいかがでしょうか?

アイフルの特徴をざっくり言うと…
  • アイフルは融資まで最短1時間(振込融資は平日14時までに申し込み完了が条件)
  • アイフルの自動契約機は365日8時~22時まで
  • アイフルは14時以降はスマホアプリか、自動契約機でカード発行し、提携ATMから借りる
  • アイフルは審査時間の短縮をする方は、申し込み完了後フリーダイヤルにかける
  • アイフルで融資を受けるならWeb申し込み必須
  • アイフルで融資を受ける場合、夜間や土日の在籍確認には注意しよう!

→アイフル公式サイトはこちらから

キャッシングでおすすめの消費者金融ランキング第3位:プロミス

キャッシング いくらまで プロミス公式サイト
概要 詳細
申し込み年齢 20歳〜69歳
審査時間 審査時間最短1時間融資
※平日14時までにWEBでの契約手続き完了で当日融資
融資限度額 1万円〜最大500万円
実質年率 4.5%~17.8%
土日祝日 対応
遅延利率 20.0%
担保/保証人/保証料
融資の受け取り方法 ATM(自社/提携金融機関/コンビニ)/口座振込/
店舗窓口/口座自動引落

プロミスのキャッシングサービスは、融資限度金額が最大500万円の消費者金融です。

プロミスの特徴も審査が30分で完了し、最短当日で融資を受けることができる即日キャッシング対応の消費者金融であることです。

他にも、専用アプリをダウンロードしておけば、簡単な入力項目を埋めるだけで融資が受けられ、三井住友銀行のATMを無料にする特典的なものも付帯されます。

他の貸金業者に比べて上限金利が低いので利息の節約をすることができますよ!

上限金利が低い消費者金融を利用したい場合は、プロミスを検討してみてはいかがでしょうか?

プロミスの特徴をざっくり言うと…
  • プロミスは最短1時間で融資可能(平日13時まで申し込みを完了させる)
  • プロミスは13時以降、土日祝日は自動契約機でカードを発行しATMで融資可
  • プロミスは三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座があれば、24時間振込可
  • プロミスは初回借入日から30日間無利息サービス
  • プロミスは遅くても20時まで申し込みができれば即日で融資を受けられる可能性がある
  • プロミスの審査実施時間は9時〜21時
  • プロミスは三井住友銀行のローン契約機でもカードの発行ができる

→プロミス公式サイトはこちらから

クレジットカードのキャッシングとは

キャッシング いくらまで クレジットカード
クレジットカードにもキャッシング枠が設けられており、お好きなタイミングで自由にキャッシングサービスを活用することができます。

クレジットカードはショッピング枠キャッシング枠限度額という3つの枠に分けられており、その相関図が以下になります。

キャッシング いくらまで ショッピング
ポイント

クレジットカードの限度額の中にショッピング枠、キャッシング枠が設けられており、さらにショッピング枠の中にキャッシング枠が設定されています。

ショッピング枠を使い切ってしまった場合、限度額に達し、キャッシング機能を利用することは不可能になります。

クレジットカードのキャッシングと消費者金融のキャッシングの違い

キャッシング いくらまで 消費者金融 違い
基本的にクレジットカードと消費者金融のキャッシングは機能的には違いはありません。

違いとしては、金利が異なることです。

クレジットカードのキャッシングの方が金利が高く設定されおり、平均17%〜18%になります。

消費者金融のカードローンは比較的に金利が低く設定されており、キャンペーンなどで、初回融資の金利が1ヶ月間無料になるなど金利を下げることも可能です。

また、返済方法も異なります。

消費者金融のカードローンでは、リボ払いの場合「残高スライド方式」「定額方式」のどちらかを選べます。

残高スライド方式は毎月の支払額が利用残高に応じて変化し、定額方式は一定の金額を毎月支払う方式です。

クレジットカードのキャッシングの場合、一括払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払いなど支払い方法の選択肢が多いのがクレジットカードのキャッシングの特徴と言えるでしょう。

クレジットカードのキャッシング枠は自由に設定できるが注意点もある

キャッシング いくらまで 注意点
そもそもクレジットカードのキャッシング枠は自由に設定ができます。

キャッシング機能をつけたくなければ、キャッシング枠を0円に設定することも可能な他、ショッピング枠の範囲内でキャッシングサービスを活用することもできます。

クレジットカードのキャッシングサービスは、金利が高いことからあまり利用をおすすめしません。

一括払いで返済が可能であれば、クレジットカードのキャッシングを利用しても問題ないです。

また、クレジットカードの審査では、キャッシング枠を0円に設定する方が審査に通りやすくもなるので必要ない方はキャッシング枠は外しておくのがおすすめです。

キャッシングが利用できるおすすめのクレジットカード3選

キャッシング いくらまで おすすめ クレジットカード
キャッシングが利用できるクレジットカードは多数存在しますが、その中からキャッシングが利用できるおすすめのクレジットカードを3枚紹介していきます。

これからクレジットカードを作ろうと考えている人、キャッシング機能が付帯されているおすすめのカードが知りたい人は必見の内容になっているのでみていきましょう!

キャッシング専用のクレジットカード「アコムACマスターカード」

キャッシング いくらまで アコムACマスターカード公式サイト
概要 詳細
券面
年会費 永年無料
ポイント還元率
国際ブランド MasterCard
電子マネー 楽天ペイ
家族カード
ETCカード
海外旅行傷害保険
交換可能マイル

年会費無料で、最短即日発行できるアコムACマスターカードは、カードローン機能付きのカードです。
クレジットカードの利用限度額は、最高300万円までご利用可能で、国際ブランドがMasterCardなので、日本はもちろん、世界中で決済することができます。

また、アコムACマスターカードで決済すれば、毎月の利用金額から0.25%が自動でキャッシュバックされるのもこのカードの魅力のひとつです。

ただしリボ払い専用のクレジットカードになっているので、使いすぎには注意が必要です。

アコムACマスターカードの特徴
キャッシング いくらまで アコムACマスターカード
  • 20歳以上で59歳未満で一定の収入がある人が申し込み条件
  • 何らかの仕事をしていて、収入がある方(アルバイトでも可)
  • 5つ以上複数の借入れがある場合は審査に通らないので注意
  • 自己破産などの金融事故を起こしていない
  • クレヒス(信用情報)が良好である

→アコムACマスターカード公式サイトはこちらから

パソコン・スマホからキャッシング手続きができる楽天カード

クレジットカード 欲しい 楽天カード公式サイト
概要 詳細
券面 クレジットカード 欲しい 楽天カード
年会費 永年無料
ポイント還元率 1%
国際ブランド VISA/JCB/MasterCard/
AmericanExpress
電子マネー 楽天Edy/Apple Pay/楽天Pay
家族カード 無料
ETCカード 年会費500円
海外旅行傷害保険 最大2,000万円
交換可能マイル ANAマイル

楽天カードもキャッシングサービスが利用できるクレジットカードです。

年会費無料で、楽天市場や楽天サービスで決済すればポイントもお得にたまるこのクレジットカードは、キャッシング枠の設定をしていれば融資を受けることができます。

キャッシング枠を設定していない人は後から設定することもできます。

お手持ちのスマホ・パソコンから申し込み手続きをしたのち、お近くのコンビニ、銀行、郵便局のCD・ATMで融資を受けることができます。

また、海外においても両替いらずで現地通貨でキャッシングサービスが使えるので、年会費無料で、ポイントも貯めたい、キャッシングサービスも使いたいと言う方にはおすすめのカードですよ!

楽天カードの特徴
  • 18歳以上(高校生不可)から申し込み可能
  • 主婦や学生でも審査に通すことが可能
  • 年会費、家族カードが永年無料
  • ポイント還元率1%(楽天サービスの利用で還元率最大12%)
  • 貯まるポイントは楽天スーパーポイント
  • 国際ブランドがVISA・MasterCard・JCB・AmericanExpressの種類から選択可
  • 海外旅行傷害保険が最大で2,000万円まで補償される(利用付帯)
  • 貯まったポイントはANAマイルに交換可能
  • ETCカードのみ年会費税抜500円かかる
  • Apple Pay対応
  • カード発行まで最短3日、平均1週間でお手元に届きます

→楽天カード公式サイトはこちらから

エポスカード

エポスカード 評判 口コミ 公式サイト
概要 詳細
券面 エポスカード 口コミ 評判 券面
年会費 永年無料
ポイント還元率 0.5%〜1%
国際ブランド VISA
電子マネー Apple Pay/Google Pay/楽天ペイ
家族カード
ETCカード 無料/1枚まで
海外旅行傷害保険 最大500万円(自動付帯)
交換可能マイル ANAマイル/JALマイル

エポスカードもキャッシング枠を設定することで融資を受けることができるクレジットカードです。

エポスカードのキャッシングに関する特徴は、初回でキャッシングサービスを利用する場合は、最大30日間金利が0円で融資を受けることができます。

ATM手数料も無料なのでエポスカードのキャッシングサービスはおすすめです。

今なら、Web入会で2,000円相当のポイントがプレゼントされるキャンペーンも行っているので、一度公式サイトをのぞいてみてはいかがでしょうか?

エポスカードの特徴
  • エポスカードは年会費永年無料
  • 「マルイ店頭で受け取り」を選択すれば、最短即日発行が可能(土日、祝日可)
  • 年4回実地される「マルコとマルオの7日間」でマルイ系列のデパートでの利用で10%割り引きが受けられる
  • エポスカードなら初回に限り金利が30日間0円!
  • エポスカードのキャッシングサービスはATM手数料が無料!
  • 対象のカラオケ店で30%の割引を受けられる
  • レストランや居酒屋でも割引や優待サービスを受けられる
  • 年会費無料でエポスゴールドカードが入手可能
  • 海外旅行傷害保険が最大500万円まで補償

→エポスカード公式サイトはこちらから

ABOUTこの記事をかいた人

下山田 聖也

経歴 2018年より、東証一部上場大手の信販会社や、大手銀行のコンテンツマーケティング、SEOコンサルティングを主に手がける。 キャッシュレス・QR決済では500店舗以上の導入をサポートした実績を持ち、自ら指揮したプロジェクトは、地上波のテレビに報道されるなど、思わずシェアしたくなるような、わかりやすい説明が得意