クレジットカードの選び方を完全ガイド!自分に合うカードを賢く見つける方法とおすすめの比較ポイントについて

The following two tabs change content below.
下山田 聖也

下山田 聖也

経歴 2018年より、SEOコンサルティング会社で、東証一部上場大手の信販会社や、銀行メディアのコンテンツマーケティングを主に担当。 自ら指揮したプロジェクトは、地上波のテレビに報道されるなど、思わずシェアしたくなるような、わかりやすい説明が得意。

クレジットカードを選ぶ際に、どのカードがよりお得で自分のライフスタイルにあっているのか、迷いがちですよね?

クレジットカードの種類も多く、各カード会社によって、特典やサービスなど異なります。

そこで、今回はクレジットカード選びで失敗しないためのポイントを詳しく解説していきます。

この記事を読むことで、クレジットカード選びに迷っているという方の悩みや不安を取り除くことができます。

ぜひ、クレジットカード選びで迷っている、どう選ぶべきなのかわからない人は、参考にしてみてくださいね!
クレジットカード 選び方

目次

クレジットカードの選び方の前に知っておきたい基礎知識

クレジットカード 選び方 基礎知識
クレジットカードを選ぶ基準としてよく挙げられるのでが、ポイント還元率や、年会費の有無特典などが多いです。

しかし、自分にあったクレジットカードを探すにはこれ以外にも、「基礎知識」について知っておくことが重要です。

クレジットカードの基礎知識を知ることは、現在クレジットカードを所持している方でも知っておいて損はない情報なのであり、カード選びの根本的な目安にもなってきます。

以下の章でクレジットカードの基礎について紹介していくので、見ていきましょう!

クレジットカードの国際ブランドとは?全7種の特徴を解説

クレジットカード 選び方 国際ブランド
国際ブランドは、VISAやJCB、MasterCardなどのカード決済サービスの商標のことを指しています。

国際ブランドは全部で7種類存在するので、以下に特徴を紹介していきます。

国際ブランド名 各種国際ブランドの特徴 国内利用 海外利用
JCB
(ジェイシービー)
日本で生まれた唯一の国際ブランドであり、日本国内では使えない
ところがほぼないほど加盟店が多いのが特徴的です。ディズニーや
USJのオフィシャルスポンサーでもあり、多彩なキャンペーンが豊富
に存在します。
VISA
(ビザ)
国際ブランドでNo.1のシェア率を誇るVISAは、持っているだけで地
球上で決済ができます。鬼に金棒とも言われており、最低1枚はVISA
のクレジットカードを持つようにしましょう!
MasterCard
(マスターカード)
世界シェア率2位のMasterCardはヨーロッパ地方で強いと言われて
いるが、VISA同様世界中で利用できる国際ブランドです。
American Express
(アメリカン・エキスプレス)
富裕層からの指示が熱い、アメリカンエキスプレスはステータス性の
高い国際ブランドです。JCBに加盟しているお店であれば、一部を除
いてほとんどで決済が可能です。近年、富裕層以外の方でも持てる
クレジットカードになってきているので、ステータスを重要視する方で
あれば、アメックスがおすすめです。
Diners Club
(ダイナースクラブ)
ダイナースは特に富裕層からの人気が高い国際ブランドで、26歳未
満の方は申し込みすることができません。
(JCB提携だが一部利用不可)審査難易度も高めで、クレジットカード初心者には不向きなクレジット
カードですが、魅力的な特典やサービスが多いので、審査に自信の
ある方は申し込みをしてみると良いでしょう。

(アジア・ヨーロッパには不向き)
UnionPay・銀聯
(ユニオンペイ)
中国シャアが非常に高いUnionPay・銀聯も国際ブランドのひとつで
す。最近日本でも中国人観光客対策として利用できるお店が増えて
きています。Discover Cardと相互提携した影響で、アメリカでの
加盟店が現在も増えています。
Discover Card
(ディスカバーカード)
日本国内で発行ができない国際ブランドのDiscover Cardはアメリ
カでのシェア率は高いものの、日本での認知率はそこまで高くありま
せん。しかし、JCBと提携していることから、日本国内でも十分使える
国際ブランドです。(JCB提携だが一部利用不可)

(アジア・ヨーロッパには不向き)

日本国内で申し込み・発行できるブランドはDiscover Cardを除く6種類になります。

Discover Cardは日本では申し込み不可となっていることを覚えておきましょう。

また、国際ブランド選びで悩んでいる、迷っている方は世界中で決済ができるVISAかMasterCardを選べば安心です!

国際ブランドのアメックスやDiners Clubは、対応している店としていないお店があります。

こちら選ぶ場合は保険、またはサブカードとしてVISAかMasterCardを作っておくと良いでしょう。

クレジットカードは1枚ではなく、複数枚(最低2枚)所持しておくのが理想です。

クレジットカードを発行する大手企業・中小企業の違い

クレジットカード 選び方 発行会社 違い
大手と中小企業の発行するクレジットカードの違いについて以下のような特徴が挙げられます。

  • 大手発行会社(三井住友やクレディセゾン)→老舗が多く、セキュリティや信頼性が高い
  • 中小の発行会社(楽天やイオン、エポスなど)→年会費無料や多彩なキャンペーン、ポイント還元率などが高い

年では、大手や中小の境がなくなり、サービスの質に関しては大差がなくなってきているので、そこまで気にしなくても良いでしょう。

クレジットカードの付帯サービス・機能は選ぶ際に重要になります

クレジットカード 選び方 付帯サービス
クレジットカードにはショッピング機能以外にも保険や電子マネー決済などが付帯されているものが多くあります。

この、付帯サービスをごり押ししているカード会社もあるので、クレジットカードの選ぶ際には付帯サービスもどのようなものがあるのか見ておく必要があります。

しかし、実際にどんなサービスがあるのかわからない方もいると思いますので、以下の表にまとめておきましたので、確認しましょう!

付帯サービス 種類・特徴
付帯保険 盗難・紛失保険
海外旅行傷害保険
国内旅行傷害保険
ショッピング保険
電子マネー・スマホ決済 Apple Pay(iD/QUICPay)
交通系電子マネー(SuicaやPasmoなど)
決済電子マネー(楽天Edyやnanaco)
キャッシング 付帯の有無は申し込み時に決めることができる
リボ払い リボ払いにするかは申し込み時に決めることができる
家族カード 発行枚数
発行手数料
ETC 一体型か専用カードかはカード会社によって異なる

クレジットカードによってはできるものとできないものがありますので、自分のライフスタイルに必要な付帯サービスがあるクレジットカードを選ぶようにしましょう。

特に保険の付帯に関しては、該当のクレジットカードで決済した場合に保険の対象になる利用付帯と何もしなくても適応される自動付帯があります。

基本は前者の利用付帯がほとんどなので、利用・自動付帯の両者を持っておくと便利です。

また、電子マネーでは、楽天カードでチャージすることでポイントが付与される楽天Edyなどがあり、電子マネーをよく使う人は相互性のあるクレジットカードを選ぶと良いでしょう。

クレジットカードを選ぶときに比較したいポイント6つ

クレジットカード 選び方 ポイント
クレジットカードを選ぶ際には、色々なカードを比較することで自分にあったクレジットカードを探すのが一般的です。

ポイント還元率であったり、年会費の有無、特典やサービスが充実しているかなど、比較すると思います。

そこで、クレジットカードを比較する際に見るべきポイントを6つ紹介していきます。

クレジットカードの比較ポイント①カードの年会費で選ぶ

クレジットカード 選び方 年会費無料
まずは、年会費の有無を確認しましょう。
クレジットカードには年会費がかかってしまうもの、かからないものがあります。

年会費も、カード会社によって異なるので自分は年会費無料のクレジットカードが欲しいのかそれとも有料のクレジットカードでも問題ないのかはっきりさせましょう。

もちろん年会費無料のクレジットカードよりも、年会費が有料のクレジットカードの方が特典やサービスが充実しており、結果的に年会費の元を取ることもできたりします。

なので、年会費の有無と年会費の価格をみてクレジットカードを選ぶようにしましょう。

クレジットカードの比較ポイント②ポイントやマイルの還元率で選ぶ

クレジットカード 選び方 ポイント還元率
年会費の有無の他にもクレジットカードを選ぶ際のポイントとして、ポイント還元率、マイル還元率を比較して選ぶこともポイントの一つです。

とにかく「クレジットカードでたくさん決済して、ポイントを受け取りたい!」という方であれば、還元率が高いクレジットカードがおすすめです。

クレジットカード 選び方 ポイント交換先
また、マイル還元率は基本的にクレジットカード決済により得たポイントをマイルに還元するものがほとんどです。

なので、クレジットカードのポイントとマイル還元率をみてクレジットカードを選ぶことも重要になってくるでしょう。

ポイント還元率を重視したクレジットカードを知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

クレジットカードの比較ポイント③カードの発行会社や国際ブランドで選ぶ

クレジットカード 選び方 国際ブランド
クレジットカードの基礎知識でも紹介しましたが、クレジットカードには国際ブランドと呼ばれるものが7つ存在しています。

国際ブランド一覧
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • AmericanExpress
  • ダイナースクラブ
  • 銀聯(ぎんれん)
  • ディスカバー

加盟店が世界中で圧倒的に多いのがVISA・MasterCardなります。

この二つの国際ブランドのクレジットカードを所持していれば使えないお店はないと言われるほど、主流のブランドになっています。

また、アメリカンエキスプレスダイナースクラブは特典やサービスが充実しているのはもちろん、ステータス性に優れてる特徴があり、そのブランドのクレジットカードを所持していれば、他人に見せても恥ずかしくありません。

クレジットカード 選び方 VISA MasterCard

対して、銀聯は中国市場のシェアが急速に広がりつつある国際ブランドです。

日本でも銀聯カードで決済できる店舗が増えており、インバウンド対策としても今後利用者は、利用できる店舗は増えていくでしょう。

ディスカバーはアメリカ国内で主に使われているクレジットカードです。

日本からでは申し込みができないので、直接アメリカのクレジットカード会社と契約しなければなりません。

クレジットカードの比較ポイント④保険や空港ラウンジなど、カードの特典で選ぶ

クレジットカード 選び方 特典
クレジットカードには、利用者に対して海外旅行保険や空港ラウンジが割引価格、または無料で利用できる特典がついているものがあります。

このような特典を踏まえた上でクレジットカードを選ぶことも重要になります。

例えば、海外旅行に年に一回でもいく方であれば、海外旅行保険が付帯されたクレジットカードを所持していれば、旅行会社の保険に入らなくても保証されることがあります。

カード会社によって補償金額は異なりますが、こういった特典などを考慮し、自身のライフスタイルにあったクレジットカードを選ぶのもカード選びのポイントと言えるでしょう。

クレジットカードの比較ポイント⑤審査の通りやすさ・発行スピードで選ぶ

クレジットカード 選び方 審査
クレジットカードを選ぶに当たって優先度が高いポイントは、そもそも審査に通りやすいカードなのかということと、発行までのスピードです。

クレジットカードの種類によっては、何らかの収入(アフィリエイトや投資)があれば簡単に審査に通るものや、即日で発行できる種類もあります。

反対に申し込の年齢や、年収などの規定があり簡単には審査に通らないクレジットカードもあります。

例えば、アコムACマスターカードであれば最短即日発行することが可能で、申し込んだその日にお手元にクレジットカードを手にすることができたりもします。

また、審査も自己破産や、何度も延滞をしたなどカード履歴に傷がなければ基本的に通ることができます。

このようにカード会社によってカードの審査と発行スピードは異なるので、選ぶ際のポイントとして覚えておきましょう。

クレジットカードの比較ポイント⑥自分が欲しい!と思ったカードを選ぶ

クレジットカード 選び方 欲しい
最後のポイントとしては、やはり自分がこのクレジットカードが欲しいと思った種類に申し込むことです。

どういったクレジットカードが欲しいのかは、その人の好みの問題なのでどれが良いかはわりません。

例えば、かっこいいクレジットカードが欲しいと考えた場合、よりステータス性の高いクレジットカードを求めていると思いますので、アメリカンエキスプレスやダイナースクラブなどのステータス性が重視されているクレジットカードがおすすめです。

はじめは年会費無料のクレジットカードがおすすめ

クレジットカード 選び方 年会費無料 おすすめ なぜ
有料のクレジットカードの方が良いんじゃないの?と前述の文章を読んだ方は思うでしょうが、クレジットカード初心者であれば、まずは年会費無料のクレジットカードを選ぶのをおすすめします。

理由としては、年会費のかかるクレジットカードは基本的に仕組みや特典、サービスなどが複雑になっていて、そのポテンシャルを最大限活かすことができない。

といったことがよくあります。

それでは、せっかく年会費がかかるクレジットカードを持っていていても意味がありません。
クレジットカード 選び方 年会費無料 おすすめ
年会費無料のクレジットカードを最初に所持し、そのクレジットカードについている特典やサービスを使い、慣れるといった経験をすると2枚目以降、より自分にあったクレジットカードを選ぶことができるでしょう。

現在は、年会費無料のクレジットカードでも、海外旅行保険ショッピング保険、優待割引などの特典やサービスが充実しているクレジットカードが多数あります。

なので、クレジットカードを初めて持つ方は、年会費無料の維持費がかからない、所持しているだけで、得ができるクレジットカードをおすすめいたします。

クレジットカード初心者、または年会費無料でお得なカードを探しているという方は、以下の記事を参考にしてみてください。

利用シーン別!おすすめのクレジットカードの選び方

クレジットカード 選び方 おすすめ
クレジットカードを選ぶポイントを理解したところで、用途別でおすすめのクレジットカードの選び方を紹介していきます。

スーパーやコンビニの日常利用が多い人におすすめの選び方

クレジットカード 選び方 電子マネー
コンビニや、スーパーなどちょっとした買い物などで、日々利用したい人のカードの選び方は、QUICPayやApple Pay、iDなど電子決済が使えるクレジットカードがおすすめです。

電子決済とは、クレジットカード本体を使って決済するのではなく、お手持ちのスマートフォンやiPhoneにクレジットカードを登録することで、スマホをかざすだけで、お会計を済ませることができます。

決済がスムーズにいくだけでなく、ポイントも付与されるので非常に便利な機能です。

このことから日々クレジットカードを利用していきたいという方であれば、ポイント高還元率、電子決済に対応しているカードを選ぶと良いでしょう。

毎日電車や新幹線で通勤通学をする方におすすめの選び方

クレジットカード 選び方 通勤
東京都内、またはその近郊に住んでいる方であれば電車やバスは当然使うと思います。

この際、SuicaやPASMOなど、交通系電子マネーが使えるクレジットカードを選べばSuicaやPASMO本体を所持していなくてもクレジットカードをタッチすればOKです。

さらに、Apple PayにSuicaの情報を登録すれば、チャージも定期券もスマホ一つで行うことができます。

わざわざ券売機に並んでチャージや定期の更新をする必要もなくなります。

また、チャージする際にポイントがたまるクレジットカードもあるので、毎日公共の乗り物に乗る方は選ぶ際に確認しておくと良いでしょう。

日頃、自動車利用が多い方におすすめの選び方

クレジットカード 選び方 ETC
日頃から車を利用している方であれば、ETC機能がついてくるクレジットカードがおすすめです。

クレジットカードには、このETC機能がついたカードを発行してくれるサービスがあるのをご存知でしょうか?

カード会社によって年会費がかかるものやかからないものがあります。

車を利用している方であれば、ETC機能がついたクレジットカードを選ぶと高速料金などを自動で引き落としされます。

海外出張や旅行など飛行機利用が多い人におすすめの選び方

クレジットカード 選び方 海外
海外に出張や旅行に行く機会が多い人であれば、海外旅行保険や、空港での特典が充実したクレジットカードがおすすめです。

また、合わせてマイル還元率の高いクレジットカードがよりおすすめです。

前述でも紹介しましたが、海外旅行保険が付帯されたクレジットカードを所持していれば、わざわざ旅行会社の保険に加入する必要もありません。

さらに、マイルの還元率が高けれ高いほど飛行機の料金を安くすることができるので、航空系のクレジットカードを選ぶようにしましょう。

Amazonや楽天などネット通販利用が多い人におすすめの選び方

クレジットカード 選び方 ネット通販
Amazonや楽天などのインターネットショップを多く利用する人であれば、クレジットカードと提携しているサイト(ポイント優待サイト)を経由することでポイント還元率が倍以上高くなることもあります。

もちろん楽天カードやAmazonカードを所持していれば、楽天やAmazonでお買い物した際にポイントが高くなります。

これらのことから普段からネットショッピングを通じてお買い物をする方は、ポイント優待サイトを運営している、または提携しているクレジットカードを選ぶと効率よくポイントを貯めることができます。

月々のスマホ支払いが多い人におすすめの選び方

クレジットカード 選び方 スマホ料金
自分が払っているスマホの代金が人より高い方は、クレジットカード払いにすることによってポイントを貯めるシステムがあります。

例えばドコモユーザーであれば、dカードをクレジットカード払いで支払うことにより、引き落とし金額からポイントを受け取ることができます。

還元率は1%なので、1000円の携帯料金につき10ポイント受け取ることができます。

なので、スマホの支払いが多い人であれば、キャリアに沿ったクレジットカードを選ぶようにしましょう。

そのほかにも家電量販店のカードや百貨店のカードを選ぶという選択肢も

クレジットカード 選び方 商業系
家電量販店(ビッグカメラ等)や百貨店(ルミネやパルコなど)が提携、または発行するクレジットカードを選ぶのも一つの選択肢としてあります。

家電量販店や百貨店が発行している該当のクレジットカードを利用すれば、商品の割引優待がついたり、ポイント還元率が高くなったりすることもあります。

家電量販店や、百貨店でよくお買い物をする人であれば、持っていてい損はないクレジットカードです。

割引や特典などは各カード会社によって異なるので、自分がよくいくお店のカードがあるかどうかで判断するのも良いでしょう。

クレジットカードの上手な使い方について

クレジットカード 選び方 使い方
クレジットカードの選び方も重要ですが、選び方よりも重要なのはクレジットカードの使い方です。

上手な使い方を知っていれば、それだけ日常でお得に使うこともできますし、節約にも繋がったりします。

そこで、クレジットカードの上手な使い方を以下の章で詳しく解説していきます。

クレジットカードはそのポテンシャル最大限まで活かすことができるかがポイントになるので、クレジットカード上級者も初心者も参考にしてください。

特定のお店でだけでクレジットカードを活用する使い方

クレジットカード 選び方 特定のお店
今では、日本中ほとんどのお店でクレジットカード決済できるのが当たり前の時代ですが、地方や個人店では、未だにクレジットカード決済ができていないお店が多数存在します。

クレジットカードを使うに当たって特定のお店でしか使わないという方であれば、そのお店のキャンペーンや特典が付帯されたクレジットカードがおすすめです。y

例えば、イオンによく行く場合、イオンが発行するイオンカードを決済として使うことで、割引優待などが適応され、お買い物がお得になります。

他にもポイント還元率がアップしたり、お店のキャンペーンに参加できたりとかなりお得にすることができます。

なので、特定のお店にしか行かないという方はお店と関連性の強いクレジットカードを選ぶことをおすすめでします。

クレジットカードを決済のメインとして利用する使い方

クレジットカード 選び方 メイン
少額な買い物から大きな買い物、公共料金の支払いを全てクレジットカードにする使い方はもっとも賢いクレジットカードの使い方です。

こういった使い方をする人であれば、ポイント還元率が1%以上のクレジットカードを選ぶのがおすすめです。

クレジットカードは金額に応じてポイントが付与されます。

例えば、毎日コンビニで1,000円の買い物をする場合、還元率1%のカードなら1日1ポイントが還元され、1ヶ月で30ポイントが貯まります。

年間で360ポイントが帰ってくるのと同じなので、還元率が高ければ高いほど、お得になるのです。

なので、日常の決済を全てクレジットカードにする人であれば、ポイント還元率が高いクレジットカードを選びましょう。

貯まったポイントはマイルやギフト券など様々な商品と交換することができるのでカード決済をしていてよかったと思うことができるでしょう。

クレジットカードの特典やステータスを活用した使い方

クレジットカード 選び方 ステータス 特典
ゴールドカードやプラチナカードは特典やステータス性が高く、年会費が他の一般カードに比べて高額になります。

しかし、そのハイステータスクレジットカードに旅行保険が必要ないくらいの海外旅行保険や、プライオリティ・パスといった空港VIPラウンジが利用できるサービスが付帯されています。

こうした、特典を最大限生かした使い方をする方にはアメックスダイナースクラブがおすすめです。

年会費は基本特典を使いまくることで元を回収できる場合が多い他、利用限度額も高く設定されてるので、よりクレジットカードをお得に使うことができでしょう。

自身の社会的地位などを示す指標にもなったりするので、ポイント還元率が高くステータスカードを持つことが使い方としてはかなり理想的です。

しかし、審査難易度が高かったり、年会費の元を取ることができないとただ高いだけのカードになってしまうので、上級者向けの使い方と言えます。

クレジットカードを選ぶ上で大切なのは、あなたが欲しい!と思えるカードであること

クレジットカード 選び方 欲しい
ここまでクレジットカードの選び方を紹介してきましたが、結局自分がこのクレジットカードが欲しいと思えるカードに申し込むことが何より大切です。

還元率や年会費などを重視しすぎても結局デザインがあまりよくない、他人前で出すには少し恥ずかしいなどといった問題も出てきます。

なので、このクレジットカード良いなと思えるもの重視してカードを選ぶと、カードを複数枚持つといったことがなくなりますよ!

迷った時は、入会特典が厚い楽天カードで十分

クレジットカード 選び方 楽天カード
どうしてもクレジットカード選びで迷ってしまい決断ができないときは、入会特典が手厚い楽天カードに申し込むと良いでしょう。

楽天カードは入会するだけで、ポイントがプレゼントされるだけでなく、VISA、JCB、MasterCard、アメックスの4つの国際ブランドから選べるだけでなく、楽天でのお買い物の際にもポイント還元率が最大10倍と非常に使いやすいクレジットカードです。

また、年会費も永年無料なので、維持費もかかりません。

楽天カード公式サイトはこちらから

初めてのクレジットカード選びでは、本当に自分に適したカードを見つけることは至難の技です。

であれば、最初は楽天カードを所持しクレジットカードについてより理解を深めてから2枚目のカードを持つようにすると失敗の確率を下げることができます!

ABOUTこの記事をかいた人

下山田 聖也

経歴 2018年より、SEOコンサルティング会社で、東証一部上場大手の信販会社や、銀行メディアのコンテンツマーケティングを主に担当。 自ら指揮したプロジェクトは、地上波のテレビに報道されるなど、思わずシェアしたくなるような、わかりやすい説明が得意。