クレジットカードが欲しい人に作り方をやさしく解説!無職でも審査に通す条件や即日発行できるおすすめのカードを紹介

The following two tabs change content below.
下山田 聖也

下山田 聖也

経歴 2018年より、東証一部上場大手の信販会社や、大手銀行のコンテンツマーケティング、SEOコンサルティングを主に手がける。 キャッシュレス・QR決済では500店舗以上の導入をサポートした実績を持ち、自ら指揮したプロジェクトは、地上波のテレビに報道されるなど、思わずシェアしたくなるような、わかりやすい説明が得意

クレジットカードが欲しいと思っても、作り方がわからない、審査に通るのか心配で申し込みを躊躇してしまう。

まだクレジットカードを持っていない人はこのような状況に置かれてるのはではないでしょうか?

クレジットカードの選び方を間違えなければ、審査に通る確率は格段に上がります。

しかし、絶対に作れるクレジットカードは存在しないのもまた事実。

そこで、今回はクレジットカードが欲しい人に作り方を徹底解説していきます。

この記事を読めば、審査でみられるポイントや、落ちてしまう人の特徴、審査の甘い傾向にあるクレジットカードを紹介していきますので、自分にあったクレジットカードを見つけることができるしょう。

クレジットカード 欲しい

目次

クレジットカードが欲しい人必見!クレジットカードの作り方とは

クレジットカード 欲しい 発行までの流れ
クレジットカードが欲しい!と思った時に、することは以下の3つです。

  • STEP1:欲しいクレジットカードに申し込む
  • STEP2:欲しいクレジットカードの入会審査に通過する
  • STEP3:審査通過後にカードが発行されるので、受け取る

そうです。

上記のようにまずは自分が欲しいと思ったクレジットカードの会社にお申し込みをしなければなりません。

以下でクレジットカードが欲しい場合にやるべきことを3STEPに分けて詳しく紹介していきます。

STEP1:欲しいクレジットカードに申し込む

クレジットカード 欲しい 申し込む
クレジットカードが欲しいときはもちろんそのクレジットカードを発行するカード会社に申し込みをしなければなりません。

申し込みの方法はWeb・郵送・窓口の3つありますが、現代ではほとんどの人が「Web入会」を選択し、申し込みをしているので覚えておきましょう。

欲しいクレジットカードがすでにある場合は、該当のクレジットカード公式サイトにアクセスしてみましょう!

STEP2:欲しいクレジットカードの入会審査に通過する

クレジットカード 欲しい 審査
欲しいクレジットカードの公式サイトにアクセスしたら申し込みページに移行し、個人情報入力画面にて必要な項目を入力していきます。

入力が終わると、大抵「申し込む」というボタンが表示されるので、そちらをクリックしお申し込みを完了させましょう。

申し込みの確認が取れた段階で、クレジットカード会社が申し込み者情報信用情報機関などからあなたの「属性」を調べカードを発行しても良いかどうかの審査をします。

属性とは

年齢や性別、職業、雇用形態(正社員やアルバイト、契約社員、自営業等)他にも年収や居住年数、自宅の種類(持ち家か賃貸)、勤務先の規模(上場企業、中小企業)固定電話の設置の有無、既婚かどうか(配偶者)、同居人、または家族人数などがまとまった情報のこと

STEP3:審査通過後にカードが発行されるので、受け取る

クレジットカード 欲しい 受け取り
無事に審査に通過すると、カード会社によって異なりはしますが、最短当日〜1ヶ月で申し込んだクレジットカードが申し込みの際に入力した住所に郵送で届きますので、それを受け取ることで、クレジットカードを手にすることができます。

大体クレジットカードに申し込んでからお手元に届くまでは、2週間〜3週間前後をみておくと良いですよ!

また、郵送で受け取る際には、あなたのことを証明する身分証明書(マイナンバーや免許証、保険証など)などが必要になる場合もあるので、準備しておきましょう。

クレジットカードの審査で見られる3つのポイント

クレジットカード 欲しい 審査 ポイント
クレジットカードを手に入れるに当たって最大の難関がクレジットカードを申し込んだ後の審査ですよね。

クレジットカードが欲しいと思う気持ちが強いのなら、審査に通過するためのポイントを知っておかなければなりません。

そこで、以下の章でクレジットカードの審査でみられる3つのポイントについて詳しく紹介していきます。

クレジットカードは18歳以上(高校不可)でないと申し込みできない

クレジットカード 欲しい 18歳
クレジットカードの審査では年齢が審査のポイントになることを覚えておきましょう。

そもそもクレジットカードは18歳(高校生不可)以上でないと申し込みをすることすらできません。

例えば若年層の10代や20代ではクレジットカードの審査が厳しいカードに通すことができません。

クレジットカードの審査はカードの種類によって異なり、ランクが上がれば上がるほど審査難易度が上がるので、若年層の方でゴールドカードやプラチナ、ブラックカードはお勧めできません。

クレジットカードのランクと年齢はある意味比例しているので、カードの選び方には注意が必要です。

クレジットカードの種類によっては20歳以上のなどもある

クレジットカード会社によっては申し込みの年齢に制限をつけるものがあります。例えばアメックスゴールドカードは20歳以上からでないと申し込みができなかったり、反対に〇〇歳以下限定のクレジットカードもあるので、申し込みする前に確認しておきましょう。

欲しいクレジットカードによっては収入が一定以上ないといけません

クレジットカード 欲しい 年収
クレジットカードのランクがゴールド、プラチナ、ブラックと上がれば上がるほど年収が高くないと審査に通すことができません。

ゴールドカードに関しては一般化が進んでいるので、普通に会社員をしている方で、年収300万円前後あれば何かしらのゴールドカードを手に入れることができます。

しかし、それより上のランクになるクレジットカードは年収300万円以上は確実に必要となってくるでしょう。

自分の身の丈にあったクレジットカードを選ぶことが重要になります!

無職でも何らかの収入があればクレジットカードは発行可能

無職でもクレジットカードを作ることはできますが、条件として、何らかの収入が毎月ある方に限ります。

例えば、アフィリエイトやFX、株などの投資で収入が毎月ある方であればクレジットカードを作ることができるので、無職だからといってクレジットカードを作ることを諦める必要はありません。

まずは、自分でも審査に通すことができるクレジットカードを見つけましょう!

信用情報機関であなたの個人情報(属性)をチェックしています

クレジットカード 欲しい 属性
信用情報機関とは、その人のこれまでのお金に関する情報が掲載されているリストを管理する機関です。

ローンを組んだ履歴や、支払い遅延の有無、その人のお金に関する情報などが記録されており、これを「信用情報」と呼びます。

信用情報レベルが高いということは過去に支払いの延滞などを起こしたことがなく、綺麗な状態のことを指しており、延滞や借金をなんども繰り返していると信用情報に傷がつきます。

これを「ブラックリスト」に掲載されると表現します。

審査が甘いクレジットカードランキングTOP3

クレジットカード 欲しい 審査 甘い クレジットカード ランキング
クレジットカードがなんでも良いから、とりあえず欲しいという方は、審査の甘いクレジットカードに申し込むことをおすすめします。

審査の甘いカードとは、基本的に申込者の属性のレベルが低くても大丈夫なクレジットカードのことを指しており、過去に支払いの延滞や債務整理などを行っていない場合は、ほとんどの方が発行できます。

以下の章で、審査が甘いのはもちろん、サービスも充実したおすすめのカードを3枚紹介していきますので、何かしらのカードが欲しい方は、これから紹介するクレジットカードに申し込みをしてみてはいかがでしょうか?

審査が甘い楽天カードは、クレジットカードが欲しい人に最もおすすめできるカード

クレジットカード 欲しい 楽天カード公式サイト
概要 詳細
券面 クレジットカード 欲しい 楽天カード
年会費 永年無料
ポイント還元率 1%
国際ブランド VISA/JCB/MasterCard/
AmericanExpress
電子マネー 楽天Edy/Apple Pay/楽天Pay
家族カード 無料
ETCカード 年会費500円
海外旅行傷害保険 最大2,000万円
交換可能マイル ANAマイル

楽天カードはクレジットカード初心者におすすめのクレジットカードです。

このカードの特徴は、必要最低限の機能が揃った万能型のクレジットカードで、審査が甘いクレジットカードの代表格と言えます。

学生や主婦でも気軽に発行できることから、人気も高く年会費も永年無料のクレジットカードなので、老若男女問わずおすすめです。

ポイント還元率も常時1%と高く楽天市場での利用で最低ポイント還元率が3%楽天サービスの利用で還元率を最大12%まであげることができます。

また、海外旅行傷害保険も最大2,000万円まで補償されるので、海外でも活躍できます!

楽天カードの特徴
  • 18歳以上(高校生不可)から申し込み可能
  • 主婦や学生でも審査に通すことが可能
  • 年会費、家族カードが永年無料
  • ポイント還元率1%(楽天サービスの利用で還元率最大12%)
  • 貯まるポイントは楽天スーパーポイント
  • 国際ブランドがVISA・MasterCard・JCB・AmericanExpressの種類から選択可
  • 海外旅行傷害保険が最大で2,000万円まで補償される(利用付帯)
  • 貯まったポイントはANAマイルに交換可能
  • ETCカードのみ年会費税抜500円かかる
  • Apple Pay対応
  • カード発行まで最短3日、平均1週間でお手元に届きます

→楽天カード公式サイトはこちらから

【学生におすすめ】18歳〜39歳以下でクレジットカードが欲しい人はWeb入会限定のJCB CARD W

クレジットカード 欲しい JCB CARD W公式サイト
概要 詳細
券面 クレジットカード 欲しい JCB CARD W
年会費 39歳以下限定カード年会費無料
ポイント還元率 1%
国際ブランド JCB
電子マネー Apple Pay
家族カード 無料/2枚まで
ETCカード 年会費無料
海外旅行傷害保険 2,000万円
交換可能マイル ANAマイル/JALマイル/スカイマイル

JCBCARD Wは39歳以下、Web入会限定のクレジットカードで、審査が甘いクレジットカードとして常に上位にランクインしています。

JCBが直接発行するプロパーカードの中でも抜群の人気を誇りサービスの質や、ポイントの貯まりやすさを考えると楽天カードを凌ぎます。

しかし、39歳以下、Web入会限定のクレジットカードと条件が付いているので、審査の甘いクレジットカードランキングでは、2位とさせていただきました。

39歳以下の方であれば、楽天カードよりもJCB CARD Wの方がおすすめですが、JCBは海外で利用できる店舗が少ないので、国内での利用のみと限定するならばJCB CARD Wは最強のクレジットカードです!

JCB CARD Wの特徴
  • 39歳以下・Web入会限定カード
  • 年会費永年無料
  • ポイント還元率1%
  • 加盟店での利用で最大ポイント還元率5.5%
  • セブン、イトーヨーカードー、Amazonでの利用は還元率2%
  • エッソ&モービルでの利用でポイント還元率1.5%
  • Apple Payにも対応
  • 海外旅行傷害保険が最大2,000万円まで補償
  • 家族カードも39歳以下でないと作れないが無料
  • ETCカードも無料
  • JCB CARD W plus Lは女性向け
  • カード発行期間が最短3営業日、お手元に届くまで約1週間

クレジットカード 欲しい JCB CARD W公式サイト
→JCB CARD W公式サイトはこちらから

日本のカード審査に落ちた人は独自審査のアメリカン・エキスプレス・カード(アメックスグリーン)がおすすめ!

クレジットカード 欲しい アメックスグリーン公式サイト
概要 詳細
券面 クレジットカード 欲しい アメックスグリーン
年会費 初年度無料
通常税抜12,000円
ポイント還元率 1%(1ポイント=0.3円)
国際ブランド AmericanExpress
電子マネー Apple Pay
家族カード 6,480円
ETCカード 年会費無料
発行手数料918円
5枚まで発行可
海外旅行傷害保険 最大5,000万円
交換可能マイル ANAマイル/スカイマイル

アメックスが審査の甘いクレジットカードということに、違和感を覚える方も中にはいるかもしれませんが、実はアメックスグリーンも審査の甘いクレジットカードと言われています。

理由としては、審査方法が他のクレジットカード異なるからです。

アメックスは外資系の会社が大元になっており、過去に信用情報に傷(ブラックリスト入り)がついている、支払いの延滞などをしていても、

現在、ローン(借金)やブラックリスト入りしていなければ発行することができるクレジットカードです。

日本のクレジットカード会社は、申込者の属性や収入など細かく見ますが、アメックスにおいては申込者の現在の収入という一点しか見ていないことから、審査の甘いクレジットカードとして紹介されることが多いです。

日本のカード会社に何回も審査に落ちるようなら、アメックスグリーンに申し込んでみるとすんなり審査が通るかもしれません。

アメックスグリーンの特徴
  • 年会費12,000円(初年度無料)
  • 他社ゴールドカード並みのステータスカード
  • ポイント還元率1%(100円=1ポイント)
  • メンバーシップリワードプラス(年会費3,000円)に登録すればポイント有効期限が無期限になる
  • 「ボーナスポイントプログラム」(無料)に参加すれば、対象加盟店でポイント還元率3倍に
  • メンバーシップ・リワード・プラスに登録すればマイル移行レートが1,000ポイント→1,000マイルになる
  • 海外旅行傷害保険が最大5,000万円まで補償
  • 国内旅行傷害保険は「死亡後遺障害」のみだが5,000万円補償
  • 航空機遅延保険が最大10万円
  • アメックスグリーンで購入した国内外の商品はショッピング補償が年間最大500万円で利用可
  • 国内外の空港ラウンジが同伴者1名まで無料で利用可能
  • 人気の手荷物無料宅配サービスが付いている
  • 全国のVIPラウンジが利用できるプライオリティ・パス(429米ドル)に無料で入会できる

→アメックスグリーン公式サイトはこちらから

ゴールドカードが欲しい人におすすめのクレジットカードランキングTOP3

クレジットカード 欲しい ゴールドカード
クレジットカードが欲しいができればゴールドカードが欲しいという方におすすめのゴールドカードを3枚紹介していきます。

ゴールドカードは先に紹介した審査の甘いクレジットカードよりも特典やサービスの質が良く、うまく使いこなすことで年会費の元を取ることができる場合が多いです。

また、ゴールドカードは年収が一定以上ないと発行が難しいので、自信のある方は以下のゴールドカードのどれかにお申し込みをしてみると良いでしょう。

ゴールドカードが欲しいならアメリカン・エキスプレス・ゴールドカード(アメックスゴールド)がおすすめ

クレジットカード 欲しい アメックスゴールドカード公式サイト
概要 詳細
券面 クレジットカード 欲しい アメックスゴールドカード
年会費 税抜29,000円
初年度無料
ポイント還元率 1%(100円=1ポイント)
国際ブランド AmericanExpress
電子マネー Apple Pay
家族カード 年会費12,960円
1枚目無料
ETCカード 年会費無料
発行手数料918円
5枚まで発行可能
海外旅行傷害保険 最大1億円
交換可能マイル ANAマイル/スカイマイル

年収が300万円以上あれば十分審査通過が見込めるアメックスゴールドは、ゴールドカードの中でもトップクラスで人気のクレジットカードです。

ゴールドカードが欲しい人であれば一度は公式サイトを除いた経験があるのではないでしょうか?

人気の理由としては、ゴールドカードにも関わらず、他社のプラチナカード並みの特典やサービスが充実しており、特に海外旅行に特化したサービスが他のゴールドカードの比にならないくらい備えられています。

プラチナカードによくついている「プライオリティ・パス」や海外旅行傷害保険が利用付帯で最大1億円まで保証される他、海外旅行で役立つサポートサービス、「招待日和」を利用すれば、国内の高級レストランのコース料理が1名無料になるなど、クレジットカードを持つならアメックスゴールド!と言われるほど人気が高いです。

アメックスゴールドの特徴
  • 初年度年会費無料なのでお試しで利用することができる!
  • 会社員なら年収250万円でも審査に通った事例がある(正規雇用でない場合は年収300万円以上は欲しい)
  • アメックスグリーンの上位互換カード
  • プラチナ並みのステータス性カード
  • 年会費は約30,000万円と高いが元が簡単に取れる
  • 海外旅行傷害保険が最大1億円
  • プライオリティ・パスでVIPラウンジが年2回まで無料(同伴者1名まで無料)
  • 提携ホテルに2泊以上宿泊するとプリファード・ゴルフでゴルフが無料でできる
  • ゴールド・ダイニング by 招待日和でコース料理1名分無料
  • American Express Invites® でレストラン優待が受けられる
  • 航空便遅延費用補償(海外旅行)付帯
  • ゴールド・ワインクラブで希少価値の高いワインを購入できる

→アメックスゴールド公式サイトはこちらから

オンライン入会で初年度年会費が無料になるJCBゴールドカード

クレジットカード 欲しい JCBゴールドカード公式サイト
概要 詳細
券面 クレジットカード 欲しい JCBゴールドカード
年会費 税別10,000円
オンライン入会で初年度無料
ポイント還元率 0.5%
(1,000円=1ポイント=0.5円)
国際ブランド JCB
電子マネー Apple Pay/Google Pay
家族カード 1枚目無料
2枚目以降税抜1,000円
ETCカード 無料
海外旅行傷害保険 最大1億円
交換可能マイル ANAマイル/JALマイル/スカイマイル

JCBゴールドはゴールドカードの中でも使い勝手の良いクレジットカードで、通常年会費が10,000円かかってしまいますが、オンラインでの入会で初年度無料になります。

ゴールドカードで年会費10,000円はそれなりに安い方で、飲食店での優待割引やプラチナカードによくつくプライオリティ・パスが利用できるので10,000万円分の元を回収することは容易に可能です。

海外旅行傷害保険も最大1億円まで補償される他、貯まったポイントはマイルやデイズニーチケット、その他JCBが取り扱う質の高い商品と交換することできます。

ポイント還元率は0.5%と普通ですが、還元率をあげるためのキャンペーンが充実しており、実質ポイント還元率1%以上で利用することができるので、メインカードとして利用する分にも申し分ないでしょう。

国内主要空港とホノルル空港ではラウンジが無料で利用可能なので、国内外でも活躍することができるクレジットカードと言えます。

クレジットカード初心者でゴールドカードが欲しい方にはおすすめのカードと言えます。

JCBゴールドの特徴
  • 年会費税抜10,000円(オンライン入会で初年度無料)
  • ポイント還元率0.5%
  • 年間100万円以上の利用でOki Dokiポイントが50%アップ
  • ポイント優待店「JCBオリジナルシリーズパートナー」で利用すれば還元率2倍
  • 「Oki Dokiランド」を経由してネットショッピングをすれば還元率最大20倍
  • MyJチェックの登録をした状態でJCB海外加盟店でカードを利用すると還元率常時2倍
  • Apple Payが利用可能
  • 国内主要空港とホノルル空港のラウンジが無料で利用できる
  • 「JCB ゴールド グルメ優待サービス」で飲食店での優待割引が受けられる
  • 貯まったポイントはディズニーチケットやマイルなど色々交換可能
  • JCBゴールドはプライオリティ・パスの特典がついている!

JCBオリジナルシリーズ
→JCBゴールド公式サイトはこちら

ゴールドカードが欲しいけど年会費をどうにかしたい方は三井住友VISAゴールドカード

クレジットカード 欲しい 三井住友VISAゴールドカード公式サイト
概要 詳細
券面 クレジットカード 欲しい 三井住友VISAゴールドカード
年会費 税別10,000円
オンライン入会で初年度無料
条件付きで年会費4,000円に可能
ポイント還元率 0.5%
(1,000円=1ポイント=0.5円)
国際ブランド VISA/MasterCard
電子マネー Apple Pay/楽天Pay
家族カード 1枚目無料
2枚目以降税抜1,000円
ETCカード 年会費540円(初年度無料)
※年1回以上ETC利用で翌年度無料
海外旅行傷害保険 最大5,000万円
交換可能マイル ANAマイル

三井住友VISAゴールドカードは年会費を実質無料にできるゴールドカードで、満30以上の安定した収入がある方のみ申し込み可能なクレジットカードです。

ゴールドカードが欲しいけど、高い年会費を払いたくない方におすすめのクレジットカードになります。

年会費を実質無料にするには、

  • 「WEB明細書サービス」(割引額1,000円)
  • 「マイ・ペイすリボ」の登録と年に一回カードを利用する(年会費半額)
  • 年間300万円以上該当のカードで決済(割引額最大半額)する

上記3点の条件を満たすことで実質年会費を無料できます。

年間300万円も利用できないという方でも、年間100万円以上利用すれば20%年会費を割引することができるので、半額以下の年会費でゴールドカードを持つことができます。

また、三井住友ならではの「健康相談 ドクターコール24」、「旅館・ホテル宿泊プラン by Relux」などの特典もついてくる他、

大手コンビニやマクドナルドでの利用でポイント還元率最大5倍までアップするなどメインカードとしても活躍可能です。

アメックスほどのステータス性はありませんが、銀行系のクレジットカードはステータスが高いこともあり、人までも堂々とこのカードを使うことができるのもメリットと言えます。

三井住友VISAゴールドカードの特徴
  • 満30歳以上でないと申し込み不可
  • 年会費通常10,000円(オンライン入会で初年度無料)
  • 「WEB明細書サービス」の利用で年会費最大1,000円割引
  • 「マイ・ペイすリボ」の登録とカード年1回以上の利用で半額
  • 100万円以上の利用で年会費20%割引、300万以上の利用で年会費半額
  • 年会費を実質無料にすることができるゴールドカード
  • 国内主要空港のラウンジを無料で利用可能
  • 「旅館・ホテル宿泊プラン by Relux」で予約をすれば3,000円割引
  • 50万円以上の利用で翌年500ポイントボーナスプレゼント
  • 「健康相談 ドクターコール24」で医師との無料相談が24時間できる
  • インターネット入会で最短3営業日で発行可能
  • Apple Payの利用可
  • 「ココイコ」で店の予約をすれば還元率最大18倍、キャッシュバック8.5倍
  • セブンイレブン/ローソン/ファミリーマート/マクドナルドの利用で還元率5倍
  • 大丸/松坂屋/高島屋で利用で還元率3倍

→三井住友VISAゴールドカード公式サイトはこちら

今すぐにクレジットカードが欲しいなら即日か翌営業日で発行できるカードを選ぼう

クレジットカード 欲しい 即日発行
今すぐに絶対にクレジットカードが欲しい方は、審査が甘いクレジットカードはもちろん、最短即日発行できるクレジットカードを選びましょう。

この章では、今日発行できるおすすめのクレジットカードを3枚紹介していきます。

急にクレジットカードが必要になった方必見です。

今すぐにクレジットカードが欲しいなら業界最速で発行できるアコムACマスターカード

クレジットカード 欲しい アコムACマスタカード公式サイト
20歳以上であれば非正規社員でも、お近くのアコム店頭窓口か自動契約機(むじんくん)でその場受け取りができるアコムACマスターカードはクレジットカードの機能がついたカードローン・キャッシング専用のカードです。

即日でカードが欲しい場合は、インターネットからのお申し込みをてください。

申し込みが完了すると最短30分で審査が完了し、「契約手続きのお願い」のメールが届くので、メールに記載の内容に同意し、窓口か自動契約機(むじんくん)に行けばその日のうちにアコムACマスターカードが入手できます!

アコムACマスターカードの特徴
クレジットカード 欲しい アコムACマスターカード
  • インターネットからの申し込みで、窓口か自動契約機で即日発行が可能
  • 20歳以上であれば非正規雇用でも申し込み可能
  • 最短30分で審査が完了する
  • 年会費無料
  • 毎月利用金額の0.25%がキャッシュバック!
  • ショッピング利用限度額が300万円
  • 楽天Payが利用可能
  • 国際ブランドはMasterCardのみ

→アコムACマスターカード公式サイトはこちら

今すぐにカードが欲しいならイオン店頭受け取りで即日発行できるイオンカードセレクト

クレジットカード 欲しい イオンカードセレクト公式サイト
イオン店頭受け取りで即日発行できるイオンカードセレクトは、イオンとの相性が良いクレジットカードです。

即日発行で使えるクレジットカードはいわば仮のカードになります。

仮のカードと正規のクレジットカードの違いは、国際ブランドがついていないことです。

国際ブランドがついていないのでクレジット機能がついていなく、イオングループでのお店でしか使えません。

正規のクレジットカードが翌営業日に届きます。

どうしてもその日にイオン系列のお店で買い物をする予定がある方しかほぼ需要がありませんので、どうしてもという方にのみ以下のボタンからお申し込みをしてみましょう。

イオンクレジットカードの特徴
  • 年会費永年無料
  • 18歳以上高校生不可
  • 毎月20日と30日はイオンで買い物時5%オフ
  • 家族カードサービス有り
  • ETCカード無料
  • 国内外の旅行保険完備
  • 国際ブランドJCB、VISA、Master Cardが選べる
  • イオン銀行を給与振替口座に指定するとポイント獲得

→イオンカードセレクト公式サイトはこちらから

なるはやでクレジットカードが欲しいなら最短翌日発行のJCB一般カード

クレジットカード 欲しい JCB一般カード公式サイト
JCB一般カードは即日ではありませんが、最短で翌日発行が可能なクレジットカードです。

翌営業日でJCBカードを入手するには、インターネットからのお申し込みが必須条件です。

申し込みの際にインターネットで引き落とし口座を設定し、申し込み完了後に「入会受付番号のご案内」の画面に切り替わるので、そのページの「いますぐオンラインで口座設定をする」を選択していただければ最短翌日でJCB一般カードが発行されます。

ただし、過去にクレジットカードを使った利用履歴がないと審査に落ちてしまう場合も十分に考えられるので、2枚目が至急必要という方におすすめです。

JCB一般カードの特徴
  • インターネットからの申し込みで最短翌日発行
  • 年会費通常1,350円(Web入会限定初年度無料)
  • MyJチェックの登録と年間合計決済額50万円以上の利用で翌年年会費無料
  • 年間で100万円以上利用で翌年のポイント還元率50%アップ
  • 「JCBオリジナルシリーズパートナー」でショッピングすればポイント還元率2倍
  • 「Oki Dokiランド」を経由してネットショッピングをすればポイント還元率最大20倍
  • 海外の加盟店での利用ではポイント還元率が常時2倍
  • Apple Payが利用可能

JCBオリジナルシリーズ
→JCBカード公式サイトはこちら

クレジットカードが欲しい人が審査で落ちてしまう原因

クレジットカード 欲しい 審査落ち
色々なクレジットカードを紹介してきましたが、どのクレジットカードも審査に通らなければ入手することはできません。

では、クレジットカードが欲しいと思って申し込みをしても審査に落ちてしまう人はどのような人なのか紹介していきます。

審査に落ちてしまう原因をしっかりと把握して、クレジットカードの審査対策をしましょう!

クレジットカードが欲しいと思ってもカード会社が定める年収に達していない(公表はされていない)

クレジットカード 欲しい 年収
クレジットカードが欲しいと思って申し込んでも審査で落ちてしまう人の要因の一つが、自分の身の丈にあっていないクレジットカードを選んでしまった場合です。

例えば、年収250万円前後にも関わらずアメックスゴールドに申し込んでしまったなど、身の丈にあっていないカードを選ぶと当然審査には通りません。

正式にこのくらいの年収が必要です。といったことは発表されていないのがほとんどです。

ですが、クレジットカードの中には年収1,000万円近くないと審査に通らないカードもあるので、年収や収入に自信のない方は審査の甘いクレジットカードを選ぶことをおすすめします!

クレジットカードが欲しいと思っても信用情報に傷がついている(ブラックリスト)

クレジットカード 欲しい 信用情報
信用情報に傷が付いている。

つまりブラックリストに掲載されている人は、最長10年はクレジットカードを作ることができません。

以下にブラックリスト入りする条件を紹介します。

  • 5年以内に61日以上カード支払いやローンの返済を無断で長期延滞した
  • 5年以内に債務整理をした
  • 10年以内に自己破産をした
  • 5年以内にクレジットカードの強制解約を実行された

クレジットカードが欲しいあまり、多重申し込みをしている

クレジットカード 欲しい 多重申し込み
クレジットカードの申し込みを複数、同時期にしている場合は、審査に落ちやすくなるということをご存知でしょうか?

多数のクレジットカードに申し込むことはカード会社にとって良いことのように感じてしまいがちですが、カード会社側がからすると、

  • カードを発行しても使ってもらえないのではないのか?
  • カードを複数枚持つことでキャッシング枠の増加狙っているのではないか?

といった不信感をカード会社は申し込み者に対して抱いてしまうので、審査に通りにくくしてしまう恐れがあります。

どんなにクレジットカードが複数枚欲しい場合でも、最低でも6ヶ月間以上は間を開けるべきです。

また、クレジットカードの審査に落ちてしまった場合も同様で、再度申し込みをするまでに最低でも半年間は開けた方が良いでしょう。

クレジットカードを持ったことがないため、信用情報機関に情報がない(スーパーホワイト)

クレジットカード 欲しい ホワイト
信用情報機関に情報がないということは、これまでに一度もローンやクレジットカードを利用したことがない状態のことを指します。

この場合、年齢が高ければ高いほど不利になる場合が多いです。

というのも今の時代クレジットカードを持っていない人の方が少ない時代なので、30代、40代以上でカードを使ったことがないというのは逆に不利です。
若い人であれば、問題はありません。

それ以外の方は情報がなさすぎてカードの審査に落ちるといることもあるので、過去に支払いの延滞や債務整理をしたことがないのに、カード審査に落ちる場合は、「多重申し込みをしている」「信用情報がスーパーホワイト」になっている可能性があるので、確認してください。

クレジットカードが欲しいなら審査の甘いカードに申し込もう!

クレジットカード 欲しい まとめ
いかがでしたでしょうか?

クレジットカードが欲しいと思った方は自分の属性をしっかり理解した上で、まずは審査の甘いカードに申し込んでみると良いでしょう。

クレジットカードは基本的に審査があるので、審査を通過しないことにはどんなにクレジットカードが欲しいと思っても手にすることはできません。

クレジットカードを選ぶ際には以下のことについて理解した上で選ぶようにすると自分に合ったカードを選ぶことができます。

  • 自分の属性に自信のない方は、審査の甘いクレジットカード
  • 年収がそこそこあるならゴールドカード
  • 今すぐに絶対にクレジットカードが欲しい方は即日発行ができるクレジットカード

もちろん、どのクレジットカードに申し込みをしたとしても申込者の属性は必ずみられるので、心配な方は一度信用情報機関に問い合わせてみると良いでしょう。

ABOUTこの記事をかいた人

下山田 聖也

経歴 2018年より、東証一部上場大手の信販会社や、大手銀行のコンテンツマーケティング、SEOコンサルティングを主に手がける。 キャッシュレス・QR決済では500店舗以上の導入をサポートした実績を持ち、自ら指揮したプロジェクトは、地上波のテレビに報道されるなど、思わずシェアしたくなるような、わかりやすい説明が得意