半額サポート+とは?仕組みや加入条件、プログラム利用料金、注意点(リスク)について完全ガイド

The following two tabs change content below.
下山田 聖也

下山田 聖也

経歴 2018年より、東証一部上場大手の信販会社や、大手銀行のコンテンツマーケティング、SEOコンサルティングを主に手がける。 キャッシュレス・QR決済では500店舗以上の導入をサポートした実績を持ち、自ら指揮したプロジェクトは、地上波のテレビに報道されるなど、思わずシェアしたくなるような、わかりやすい説明が得意

ソフトバンクで2019年9月13日からサービス開始した「半額サポート+」の仕組みを知っていますか?

これからスマホ買い換える方は、絶対に知っておきたいソフトバンクの新サービスについて紹介していきます。

半額サポート+は、ソフトバンクユーザーだけでなく、auやドコモなどの他社キャリアの方も対象になっているサービスです。

これから半額サポート+に加入しようと考えている方は参考にしてください。

記事を読めば、半額サポート+仕組みや注意点について知ることができるので、これからの機種変更などで役に立ちますよ!

2019年9月13日からサービス開始した「半額サポート+」とは?従来の「半額サポート」との違い

半額サポート+とは
半額サポート+」とは、2019年9月13日からサービス提供開始したソフトバンクの新しいプランです。

半額サポート+の前は、「半額サポート」がありましたが、こちら現在キャンペーンを終了しました。

両者とも対象の機種を48回払い4年契約の分割で購入し、25ヶ月目以降に新機種に機種変更する場合、残りの支払いを不要にできるというサービスです。

結果的に機種代金が半額で利用できることから人気のプランになっています。

半額サポート+と半額サポートの違いは主に2つです。

  • 半額サポート+はプログラム利用料金がかかる半額サポートは無料で利用可能
  • 半額サポート+はソフトバンクユーザー以外でも加入することができる

→ソフトバンクオンラインショップ公式サイトはこちらから

半額サポート+48回分割なので毎月の負担額が少なくなる

半額サポート+は48回払いの、分割になっているので、月々の負担が軽くなるというメリットがあります。

総額96,000円の機種の場合

例えば総額96,000円のスマートフォンを分割払いで購入し「半額サポート+」に加入した場合、機種代金の月々のお支払い金額は2,000円になります。

24回払いで購入した場合の金額は4,000円と24回払いと48回払いでは圧倒的に続きの負担額を少なすることができるのです!
半額サポート+ 月々負担

25ヵ月目以降現在使っているスマホと引き換えに機種変すると残りの支払いが不要に!

半額サポート+ 支払い不要
半額サポート+に加入して、スマホを購入した場合、25ヶ月目以降に新しく機種変更する場合、残りの端末代の支払いが不要になるのも半額サポート+のメリットと言えるでしょう。

これは、機種変更する前に使っていたスマホと引き換えることで、残支払額を不要にできる仕組みになっています。

なので、機種変更した後も自身で保管しておきたい、音楽やゲーム用として利用したいと考えている方にはおすすめできません。

また、スマホを引き渡す際は、ソフトバンクの査定基準に満たしていなければ、20,000万円を一括で支払う必要があるので、半額サポート+に加入する方は大切にスマホを利用しましょう!

半額サポート+の加入条件とプログラム利用料について

前述でも紹介しましたが、半額サポート+はプログラム料が月々390円×24ヵ月(計9360円)かかるプランになっています。

すでに終了している半額サポートは無料で利用できましたが、この半額サポート+は有料サービスであることを覚えておきましょう!

半額サポート+の主な対象機種一覧と加入条件

半額サポート+対象のiPhone 半額サポート+対象のAndroid端末 半額サポート+対象のiPad、タブレット
iPhone 11 Google Pixel 3a iPad(第7世代)
iPhone 11 Pro Google Pixel 3a XL iPad mini
iPhone 11 Pro Max Google Pixel 3 iPad Air
iPhoneXs Google Pixel 3 XL 12.9インチiPad Pro
iPhoneXs MAX Xperia 1 Lenovo TAB5
iPhoneXR AQUOS R3 MediaPad M3 Lite s
iPhoneX arrows U Lenovo TAB4
iPhone8 LG K50 など
iPhone8 Plus など
iPhone7
iPhone8 Plus

※上記は表は対象の一部です。

上記機種であれば容量や色を問わず半額サポート+の対象機種となっているので、新機種を実質半額で入手したい方はぜひ加入の検討をしてみてください!

半額サポート+の加入条件は以下のたった2つです!

  • 対象機種を48回割賦で購入すること。
  • 半額サポート+に購入時点で申し込むこと。

半額サポート+はキャリアや回線に関わらず加入することができます。

ソフトバンク以外の方は2019年9月26日(木)より受付開始予定となっているので覚えておきましょう。

また、ソフトバンク以外のキャリアの場合、購入日から100日間は、SIMロック解除の手続きができないので注意が必要です。

100日経つまではWi-FiやLINEモバイルなど回線を使うと良いでしょう。

半額サポート+の注意点

半額サポート+は機種代金を実質半額にすることができる大変お得なキャンペーンではありますが、もちろん注意点やリスクもあります。

以下の章で、半額サポート+の注意点やリスクについて紹介していくので、しっかり理解した上で加入の可否を決めてください!

13ヶ月以降24ヵ月以内での買い替え(1年買い替えオプション)は差額を支払う

半額サポート+ 1年買い替えオプション
半額サポート+のオプションサービスとして、13ヶ月以上24ヶ月以内に機種変更する「1年買い替えオプション」というサービスがあります。

購入日から1年経過後に機種変更をする際に、24ヶ月内で残りの差額を支払うことで、買い替えを前倒しできるサービスとなっています。

これはこれで非常に便利ですね!

注意したいのは、半額サポート+の料金も差額分支払わなければならないということです。

機種も引き換えにしなければならず、査定に通らなければ20,000円を一括で支払う必要があるので覚えておきましょう。

他社キャリアの場合100日間はソフトバンク回線でしかモバイル通信は利用できない

加入条件の章でもお話ししましたが、他社キャリアの方が半額サポート+を利用して機種を入手する場合、SIMロックの解除が100日間できません。

つまり100日間の間は、Wi-Fi環境か、LINEモバイルなど、格安プランに別途加入する必要があります。
これらをしないとせっかく入手した新機種も鉄くず同然のものとなってしまうので注意してください。

→ソフトバンクオンラインショップ公式サイトはこちらから

ABOUTこの記事をかいた人

下山田 聖也

経歴 2018年より、東証一部上場大手の信販会社や、大手銀行のコンテンツマーケティング、SEOコンサルティングを主に手がける。 キャッシュレス・QR決済では500店舗以上の導入をサポートした実績を持ち、自ら指揮したプロジェクトは、地上波のテレビに報道されるなど、思わずシェアしたくなるような、わかりやすい説明が得意