年金受給者がクレジットカードの審査に通過するには?気になる必要年収や70歳以上でも作れるおすすめのカードを完全ガイド

The following two tabs change content below.
小室 聖也

小室 聖也

経歴 2018年より、東証一部上場大手の信販会社や、大手銀行のコンテンツマーケティング、SEOコンサルティングを主に手がける。 キャッシュレス・QR決済では500店舗以上の導入をサポートした実績を持ち、自ら指揮したプロジェクトは、地上波のテレビに報道されるなど、思わずシェアしたくなるような、わかりやすい説明が得意 記事に関する、お問い合わせ先:info.kanelabo@gmail.com

年金受給者の方でもクレジットカードは作れるのか?不安になっている方も多いでしょう。

年金受給者の方は年金を受給していない一般の方に比べて審査に通りにくいと言われています。

しかし、年金受給者の方でもクレジットカードの選び方や審査に通すポイントを知っておくことで、新規発行することができます。

今回は、年金受給者の方がクレジットカードの審査に通過する方法を詳しく解説していきます。

記事を読めば、クレジットカードの審査に必要な年収や、おすすめのカードを3枚紹介するので、あなたでも審査に通るクレジットカードを見つけることができますよ!
年金受給者 クレジットカード

目次

この記事の監修者 監修者詳細
山岸 優希 -Yuki Yamagishi- (ファイナンシャルプランナー) 山岸 優希 -Yuki Yamagishi- (ファイナンシャルプランナー) 日本FP協会の定めるファイナンシャルプランナーの資格を持ち、当サイトの金融系記事を監修。 ファイナンシャルプランナーの知識で、かねラボの記事を”より正しく””わかりやすい”ものにしている。 →くわしいプロフィールはこちら

年金受給者の方はクレジットカードの審査に通すことはできる

年金受給者 クレジットカード 審査
年金は立派な収入のひとつなので、年金受給者の方でもクレジットカードの審査に通すことはできます。

勘違いしてはいけないのが、生活保護などは収入ではないので、カード審査に受かることはありません。

クレジットカード会社の審査を通す要因のひとつに収入がスコアリングされますが、やはり年金受給者の方と一般の方では審査面でやや不利になってしまうのも事実です。

不利になると言っても日本では、61歳以上のカード保有率が全体の約3割を占めていることが一般社団法人日本クレジット協会の統計でわかっています。

このことから、年金受給者でもクレジットカードの審査を通すことは可能ということがわかるのです!

障害者年金を受給している人でもクレジットカードは作れる

障害者年金を受給している人でもクレジットカードを作ることは出来ます。

基本的にクレジットカードを発行することが出来るのは、(高校生除く)18歳以上で安定した収入がある人になります。

その中で「障害者年金を受給している人発行不可」などの記載はないため障害者年金を受給している方でもクレジットカードを作ることが出来ます。

クレジットカードの審査基準はカードの種類、発行会社によって異なりますが基本的に審査時には申し込み者のしっかりと返済できるかどうかの返済能力が確認されその後の申し込み時には安定した収入があるのかどうかの証明が必要とされます。

クレジットカードの審査の際に(障害者)年金を受給しているのは安定した収入とみなされることがあり、審査時に職業欄に「年金受給」という項目のあるクレジットカード会社では障害者年金を受給していることは安定した収入とみなされます。

上記のことから無職の障害者年金受給者でもクレジットカードを作ることが出来るのです。

ただし注意してほしいのは「年金受給者は申し込み不可」となったいるカード会社もありので申し込みの際にしっかり確認する必要があります。

70歳以上でも作れる!年金受給者におすすめのクレジットカード5枚

年金受給者 クレジットカード おすすめ
では70歳以上でも作れる年金受給者におすすめのクレジットカードを3枚紹介します。

今回ご紹介するクレジットカードは以下の3つです。

  • セディナカードJiyu!da!
  • エポスカード
  • アメリカン・エキスプレス・カード(アメックスグリーン)

上記3枚のクレジットカードの特徴やメリット、デメリット、申し込み資格について詳しく解説していきます。

年金受給者の方で、クレジットカードが欲しい方はぜひ参考にしてください!

年金受給者でも発行できるクレジットカード:セディナカードJiyu!da!

作りやすいクレジットカード セディナカード Jiyu!da!公式サイト
概要 詳細
券面 年金受給者 クレジットカード セディナカードJiyu!da!
年会費 無料
ポイント還元率 0.5%(200円=1ポイント)
国際ブランド VISA/MasterCard/JCB
電子マネー・スマホ決済 Apple Pay(iD)/QUICPay(クイックペイ)/セディナiD
家族カード 無料
ETCカード 発行手数料1,100円(税込)
海外旅行傷害保険
交換可能マイル JALマイル

セディナカードJiyu!da!は18歳以上で電話連絡が取れる方であれば誰でもお申し込みできるクレジットカードです。

もちろん年金受給者の方も対象で、年齢に上限はありません。

このカードの特徴は、リボ払い専用のクレジットカードなので、毎月のお支払いの負担を軽くすることができます。

もちろんリボ払いの設定金額を上限一杯まで設定すれば一括返済も可能です。

年会費無料なのでカード維持費がかからないのもメリットと言えるでしょう。

海外旅行傷害保険はないものの、国内旅行保険(利用付帯)が最大1,000万円まで保証されるので、国内旅行はこれで安心です!

セディナカード Jiyu!da!をざっくり言うと…
  • 年金受給者を歓迎しているクレジットカード
  • リボ払い専用クレジットカード
  • 毎月の支払い金額を入会時に設定できる(5,000単位)
  • 限度額をMAXに設定すれば手数料がかからず一括払いが可能
  • インターネットや銀行ATMから好きな時に支払いが可能
  • 対象店舗では、わくわくポイントがいつでも3倍
  • 海外旅行・国内宿泊が毎月、1万円を1口として当たる
  • リボ払い専用カードだから審査は甘めに設定されている
  • iDが利用できるお店ではApple Payが利用可能
  • 海外旅行傷害保険はついていない
  • 国内旅行傷害保険は最大1,000万円まで補償
  • ショッピング保険は国内外で最大50万円まで補償

作りやすいクレジットカード セディナカード→セディナカード Jiyu!da!公式サイトはこちらから

年金受給者でも発行できるクレジットカード:エポスカード

年金受給者 クレジットカード エポスカード 公式サイト
概要 詳細
券面 年金受給者 クレジットカード エポスカード券面
年会費 永年無料
ポイント還元率 0.5%〜1%
国際ブランド VISA
電子マネー Apple Pay/Google Pay/楽天ペイ
家族カード
ETCカード 無料/1枚まで
海外旅行傷害保険 最大500万円(自動付帯)
交換可能マイル ANAマイル/JALマイル

エポスカードも18歳以上であれば年金受給者でも発行できるクレジットカードです。

年会費無料で、飲食店や娯楽施設での優待割引が使える他、マルイのお店も「マルコとマルオの7日間」でお買い物した金額から10%オフしてくれるので、老若男女問わずおすすめできるクレジットカードです。

また、このキャンペーン期間中はポイント還元率も1%まで上がるので、ポイントも特典も保障も総取りしたい方はエポスカードが最もおすすめです!

海外旅行傷害保険が自動付帯で最大500万円まで保障されるので、持ってるだけでお得なクレジットカードと言えます、

エポスカードをざっくり言うと…
  • エポスカードは年金受給者の方でも審査に通すことが可能
  • クレジットカードは、店舗での利用だけでなく公共料金や税金の支払いにも使える。
  • また、クレジットカードには、割引や海外旅行保険などが無料で付いてくるケースも!
  • クレジットカード作る時は、①ポイント還元率の高さ②特典やサービスの良さ③よく使うお店との相性を考えて2,3枚ほど使い分けるのがオススメ。
  • 中でもオススメなのは、スタバやカラオケ館、マクドナルドなどで10%〜30%割引やポテトが無料になるエポスカードは、絶対持っておいた方がお得!
  • 他にも、入会するだけで5000円前後のポイントをもらえる楽天カードなどもありますが、入会後の特典を考えるとエポスカードの方がオススメ!
  • 今なら、以下のバナーからエポスカードを発行すると、入会特典で2,000円分のポイントも付いてきてお得です。

→エポスカード公式サイトはこちらから

年金受給者でも発行できるクレジットカード:アメリカン・エキスプレス・カード(アメックスグリーン)

年金受給者 クレジットカード  アメックスグリーン公式サイト
概要 詳細
券面 年金受給者 クレジットカード アメックスグリーン 券面
年会費 初年度無料
通常税抜12,000円
ポイント還元率 0.3%(1ポイント=0.3円)
国際ブランド AmericanExpress
電子マネー Apple Pay
家族カード 6,480円
ETCカード 年会費無料
発行手数料918円
5枚まで発行可
海外旅行傷害保険 最大5,000万円
交換可能マイル ANAマイル/スカイマイル

アメリカン・エキスプレス・カード(アメックスグリーン)は、年金受給者でも審査に通るクレジットカードです。

その証拠に、アメックス公式サイトのよくある質問でも年金受給者でも審査に通りますよと公式が回答しています。

年金受給者 クレジットカード アメックスグリーン

アメックスはステータス性のカードとして富裕層から人気が高いクレジットカードです。

海外旅行に特化しているクレジットカードで、海外旅行傷害保険が利用付帯で最大5,000万円保証される他、空港ラウンジが同伴者1名まで無料で利用できる特典。

家族でよく旅行に行く方にはうってつけのクレジットカードです。

しかし、年会費が12,000円なので、有料でも問題ないという方はぜひお申し込みしてみましょう!

アメックスグリーンをざっくり言うと…
  • アメックスグリーンは、他社ゴールドカード並みのステータスカード!
  • 特典も充実していて、中でも国内外40箇所以上の空港ラウンジが同伴者1名まで無料!
  • 海外旅行保険の最大5,000万円の保証や、ホテルの予約、お買い物の返品など、サポートもステータスカードらしい至れり尽くせり
  • 審査に関しても、年収200万円以上の方、年金受給者でも審査通過が可能な場合も
  • ステータスカードが欲しい!年会費が有料でも構わない!という方は、まずは審査申し込みをしてみるのがおすすめ
  • 今なら以下のバナーからの申し込みで、ご入会後3ヶ月以内のカードご利用で合計17,500ポイント獲得可能なキャンペーンに申し込み可能!

アメックスグリーンカード公式サイトはこちら

年金受給者でも発行できるクレジットカード:ライフカード(年会費有料)

年金受給者 ライフカード 公式サイト
概要 詳細
券面 年金受給者 ライフカード 券面
年会費 永年無料
ポイント還元率 0.5%〜1%
1,000円=1ポイント
LIFEサンクスポイント
国際ブランド VISA/MasterCard/JCB
電子マネー Apple Pay/Google Pay/楽天ペイ
家族カード 無料
ETCカード 無料
海外旅行傷害保険
交換可能マイル ANAマイル

ライフカードの申し込み資格は高校生を除く満18歳以上の収入のある方です。

そして、ライフカードは年金受給者を含む収入が少ない方、審査が通るか不安な方のために作られているカードなのでそんな心配のある方でも審査を通過できる可能性が非常に高くなっています。

ライフカードをWEBで申し込む際に「お勤めの状況」の項目に「年金受給されている方」の選択項目があるため年金受給者も方でも申し込みが可能です。

また、ライフカードは老齢年金と障害者年金のどちらも対象になるため、年金以外の収入が少ない方にとてもおすすめです。

ライフカードのメリットとしてはポイント還元率が高いです。

まず、入会した初年度はポイント還元率は1.5倍になります。

その後もお誕生日月にはポイント還元率が3倍になる特典もあります。

過去に延滞や遅延がある方でも申し込み可能などとても申し込みしやすいポイントカードになります。

しかし、誰でも気軽に作れるカードのためビジネスなどの際に相手から信頼を得るクレジットカードには適しません。

ライフカード(年会費有料)をざっくりいうと…
  • 利用金額に応じてポイント付与レートが変わるステージ制を採用している
  • 入会後1年間はポイント1.5倍、誕生日月の1ヶ月間は無条件で3倍になる!
  • 年間50万円以上の決済で300ポイントがボーナスポイントとしてプレゼント!
  • ライフカードが運営する「L-Mall」経由でのネットショッピングは還元率最大25倍
  • ライフカード会員限定で「リロの旅デスク」「TravelGate」を優待価格で利用可能!
  • 海外旅行を日本語でサポートする「LIFE DESK」が心強い!
  • ライフカードはいくつか種類があり、目的別で選ぶことができる

→ライフカードの公式サイトはこちらから

年金受給者でも発行できるクレジットカード:イオンカード

イオンカード 評判 口コミ 公式サイト
基本情報 詳細
券面 イオンカード 評判 口コミ
年会費 無料
ポイント名 ときめきポイント
200円に付き1ときめきポイント
ポイント還元率 0.5%〜1%
国際ブランド VISA/JCB/MasterCard
電子マネー WAON/Apple Pay/楽天ペイ
家族カード 無料/3枚まで
ETCカード 無料
海外旅行傷害保険
交換可能マイル JALマイル

イオンカードは通常のクレジットカードを申し込む際に必要になる資格「18歳以上の申し込み可能」や「安定した収入が必要」などの条件がなく、年齢や収入に関する申し込み資格が必要ありません。

毎日、買い物で利用する高齢者や主婦の方たちが審査では有利になるという考え方もあります。

イオンカードでは、申し込み時の職業選択の欄で年金受給者の項目があり年金受給者を職業として選択することが出来ます。

また、イオンカードを申し込む際にすべての年金が年金受給者として含まれます。

公的年金以外の企業年金、厚生年金、共済年金すべてが含まれ、公的年金も国民年金、厚生年金、共済年金のどれを受給しいても申し込む際の職業欄は「年金受給者」になります。

イオンカードは特にシニア層への取り組みが強化されており2012年9月からは55歳以上の方を対象としてG.Gイオンカードが発行された。

G.GカードとはG.Gマークの付いたイオンカードのことを指します。

G.Gイオンカードの発行に伴い55歳以上の方は、毎月15日がG,G感謝デーとしてG.Gカードの利用で5%OFFイオン系列の店舗で買い物をすることが出来ます。

イオンカードをざっくりいうと…
  • クレジットカードを申し込む際に必要になる資格が必要ない
  • イオンカードの申し込み時に年金受給者を職業として選択することが出来る
  • シニア層への取り組みが強化されている
  • 年会費永年無料!招待からゴールドにアップしても無料
  • 対象店舗ではポイント還元率2倍!200円で1ときめきポイントが貯まる
  • 毎月10日は「ありが10デー」でときめきポイント5倍!対象店舗以外でも2倍貯まる
  • 「ときめきポイントTOWN」経由でネットショッピングすればポイントが2倍〜3倍貯まる
  • 毎月20日・30日は「お客様感謝デー」で対象店舗では5%オフで買い物ができる!
  • イオンシネマは300円引き!「お客様感謝デー」なら全作品1,100円で映画が観られる!
  • イオンカード会員限定の「トクする旅行案内板」で旅行プランをお得に予約できる!
  • 優待施設が多いのと会員向けのキャンペーンが豊富!
  • イオンカードならポイントの二重取りもできる!

→イオンカード公式サイトはこちらから

年金受給者がクレジットカードの審査に通すポイント

年金受給者 クレジットカード 審査 ポイント
おすすめのクレジットカードの中で大体どのカードが自分にあっているかわかりましたか?
欲しいカードが見つかっても、カード審査に通過しなければ、お手元にクレジットカードは届きません。

そこで、以下の章でクレジットカードの審査に通すポイントを4つ紹介していきます。

時間がないと言う方は、以下にポイントを簡単にまとめたので、確認してください。

  • 年金受給額が年間200万円以上の方は審査に通りやすい
  • 他社借り入れしている状態では審査には通りにくい
  • 固定電話か携帯電話を所有している(片方でもOK)
  • クレジットカードの申し込みの際、キャッシング枠は0円に!

年金受給額が年間(年収)で最低でも200万円以上はあると審査に通過しやすい

年金受給者 クレジットカード 年収
年金は収入であることを冒頭でもお話しました。

クレジットカードにお申し込みをする際は、必ず年収の記入欄が設けられています。

そこに入力する欄年収200万円以上で記入できると審査に通りやすくなります。

クレジットカードの仕組みとして、カード決済すると一時的に支払い金額をカード会社が負担する仕組みになっており、大体1ヶ月後に指定の口座から引き落としがされます。

つまり一時的に借金をするようなものなので、返済能力がなければクレジットカードを持つことはできないのです。

そして、最低年収200万円あればクレジットカードを作ることができるのも事実なので、覚えておきましょう!

他社借入をしている状態だと審査に通りにくくなるので借金ゼロが好ましい

年金受給者 クレジットカード 借金
クレジットカードの審査では、消費者金融やローンの借金に関して非常に敏感です。

基本的に借金をしている人は、一般の方であってもクレジットカードの審査には通りにくくなることを覚えておいてください。

しかし借金があるからカード審査に通らないのではなく、借金があってもクレジットカードの返済がしっかりできることがわかれば審査には通ります。

その代わり借金をしてしまっている人はクレジットカードの利用限度額が低く設定されてしまうので、注意してください。

固定電話か携帯電話のどちらかを持っている(両方あると良い)

年金受給者 クレジットカード 電話番号
そもそもクレジットカードの申し込みには、連絡を取れるようの、電話番号が必須になります。

なので、固定電話携帯電話のどちらかを持っておく必要があります。

カード審査では、携帯電話も固定電話も両方持っていると審査で有利になりますので、申し込みの際に電話番号の入力を求められたら、両方お持ちの場合、記入しましょう!

キャッシング枠は0円で申し込む

年金受給者 クレジットカード キャッシング枠
年金受給者の方はクレジットカードの申し込みの際に、キャッシング枠をいくらに設定するか入力を求められます。

キャッシング枠とは、クレジットカードを使ってATM等から現金を借入するサービスで、申し込みの際にいくらまでキャッシング枠をつけるか入力を求められます。

この際にキャッシング枠の設定0円にしておくと審査に通りやすくなるのです。

理由としては、キャッシング枠は簡単に借金をすると言うことなので、より返済能力があるかどうかを厳しく審査するためです。

なので、キャッシング枠を0円に設定することは審査を難易度を少し軽減することになります。

年金受給者の方がクレジットカードを作るならネットから申し込もう!作り方を完全ガイド

年金受給者 クレジットカード 作り方
年金受給者の方がクレジットカードの審査に通すコツはわかりましたか?

この章では、クレジットカードの作り方について解説していきます。

年金受給者の方に限らず、クレジットカードはWeb・ネットからお申し込みするのがおすすめです!

理由としては、24時間365日、どこからでも申し込むことができ、時間が短縮できるからです。

他にもネットから入会することで、特典がプレゼントされることもあるので、クレジットカードはWebから申し込みしましょう!

今回は一例として、エポスカードの作り方を紹介していきます。

STEP1.エポスカードはWebから申し込むのがおすすめ!公式サイトへアクセス

  • STEP1
    エポスカード公式サイトへアクセス
    年金受給者 クレジットカード 申し込み方法 手順

    エポスカードの公式サイトにアクセスしたら、「申し込みはこちら」をクリック。

    年金受給者 クレジットカード 申し込み方法 手順

    申し込みはこちらをクリックすると「カードデザインの選択」項目が表示されるので、シルバーかレッドのお好きな方を選択しましょう。

    年金受給者 クレジットカード 申し込み方法 手順
    年金受給者 クレジットカード 申し込み方法 手順

    次に「規約」が記載されているので、確認し問題なければ、ページ最下部の「同意してお申し込み」をクリック

STEP2.基本情報の入力

  • STEP2
    基本情報の入力
    年金受給者 クレジットカード 申し込み方法 手順

    同意してお申し込みをクリックしたら上記のような「基本情報入力ページ」に切り替わります。

    まずは、「名前(カナ含む)」「年齢」「生年月日」「性別」「郵便番号」を入力しましょう!

    郵便番号を郵便番号を入力すると住所入力欄が表示されるので、間違いのないように埋めてください。

    年金受給者 クレジットカード 申し込み方法 手順

    住所の入力が完了したら、「携帯電話番号」「自宅の固定電話番号」「カード支払先の電話番号(携帯でOK)」「居住形態」「居住年数」を入力してください。

    年金受給者 クレジットカード 申し込み方法 手順

    次に、「配偶者の有無」「住居費負担」「生計を同一にする人数」の3つを入力。

    年金受給者 クレジットカード 申し込み方法 手順

    次に、「おしごと」に関する入力になります。

    年金受給者の方は、「年金受給者」と言う選択項目が用意されているので、こちら選択してください。

    年金受給者 クレジットカード 申し込み方法 手順

    紹介番号」をお持ちの方はここで入力しましょう。

    全ての情報を入力したら「次へ」をクリック

  • STEP3
    おしごと内容や借入状況についての入力

    年金受給者用申し込みページ画像

    ページが上記画像に切り替わったことを確認したら、「年収(年間年金受給額)」「借入状況」「キャッシング枠(0円を推奨)」「カード利用の目的」の入力をしましょう。

    年金受給者 クレジットカード 申し込み方法 手順

    次にカード受け取り方法を選択します。

    エポスカードは「マルイ店頭で受け取り」「配達で受け取り」の2つから選ぶことができ、お急ぎの方は、マルイ店頭で受け取りがおすすめです。

    また、ここでエポスカードの「暗証番号」を決定するので、確定したら忘れないようにメモしておきましょう。

    年金受給者 クレジットカード 申し込み方法 手順

    次にエポスカード会員サイト「エポスNet」のログインパスワードを設定(確認用含む)します。

    その後はメルマガの選択になるので、必要であればチェックを入れてください。

    次に「いつでもリボの登録」と「ETCカード」の申し込みの可否について問われるので、リボ払いが嫌な方は、「登録しない」にチェックを入れましょう。

    ETCカードも同様です。

    年金受給者 クレジットカード 申し込み方法 手順

    最後に「毎月のご利用明細の受け取り方法の確認」の「上記の内容を承諾しました」にチェックを入れ「確認画面」へ進んでください。

STEP3.確認画面から申し込みを完了させる!

  • STEP3
    確認画面から申し込みボタンをクリック
    年金受給者 クレジットカード 申し込み方法 手順
    年金受給者 クレジットカード 申し込み方法 手順

    入力内容を確認画面で確認し間違いがなければ、「入力内容を送信する」をクリックすればお申し込み完了です。

    年金受給者 クレジットカード 申し込み方法 手順

    お申し込みが完了すると、上記のような申し込み完了ページに切り替わるので、これで申し込みは完了です!

口座振替のお手続きについて

申し込み完了ページから、「口座振替のお手続きに進む」をクリックすれば、引き落とし口座の設定ができます。

申し込み完了から7日以内に設定する必要がありますので、この段階で引き落とし口座の設定をしておくことをおすすめします。

→エポスカード公式サイトはこちらから

年金受給者の方がクレジットカードを作るのに必要な書類・情報

年金受給者の方がクレジットカードを作るのに必要な書類や情報は、一般のクレジットカードを作るときに必要な書類・情報と基本は同じです。

クレジットカードを作るときに必要な書類
  • マイナンバーカード
  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 住民票の写し
  • 住民基本台帳カード(写真付きであれば)
  • 外国人登録証
クレジットカードを作るときに必要な情報
  • 住所と居住年数
  • 固定電話・携帯番号など
  • 引き落とし用口座番号や支店番号、大枠の貯金額
  • 勤務先情報:勤続年数、雇用形態、電話番号や部署名
メモ

クレジットカードはインターネット申し込みがおすすめです。

なぜなら、年金受給者がクレジットカードを作る際にクレジットカードの申し込み、その後審査を受ける必要があります。これを郵送や窓口へ行って行うと大変で時間もかかり審査に落ちてしまった際には無駄足になってしまいます。しかしインターネット申し込みを行うことで負担がなくて済みます。

他にもインターネット申し込みを行うことでインターネット申し込みだけが受けることのできる申し込み特典などもあるのでとてもおすすめです。

年金受給者がカード審査に通りにくいと言われる理由とは

年金受給者 クレジットカード 審査通りにくい理由
一般的な18歳以上の方と年金受給者では、年金受給者の方が審査に通りにくいです。

理由としては以下の2つが考えられます。

  • 年金受給者は収入が低いと思われがち
  • 老齢年金受給者はライフタイムバリューが低い

上記理由について詳しく解説していきます。

年金受給者は収入が低いと思われがち

年金受給者 クレジットカード 収入低い
年金受給者は総じて毎月の支給される金額が低い傾向にあります。

仮に毎月支給される年金が少ない方にクレジットカードを発行した場合、利用額をしっかり支払えるかは怪しいところ。

つまり支払い能力が一般の方に比べて低いという理由から審査に通りにくくなるのです。

仮に厚生年金をしっかり払っていたため、毎月20万円以上年金をもらっている支払い能力が高い方でもそれを確認する方法がないため(年収は自己申告)年金受給者と言うだけで同じ見られ方になるのです。

老齢年金受給者はライフタイムバリューが低い

年金受給者 クレジットカード 利用期間が短い
ライフタイムバリューとは顧客生涯価値のことで、カード会社に対して生涯でどれだけ利益をもたらすかの指標で用いられます。

高齢者の方ですと若い人に比べて、このライフタイムバリューが低いため、年齢がネックとなり、カード審査に通りづらくなることもあるのです。

縁起でもありませんが、仮に高齢者の方がクレジットカード保有の途中で、亡くなってしまった場合、ライフタイムバリューはそこで終わります。

また、利用金額の回収も難しくなるため、同じ年収200万円の20代と70代では、ライフタイムバリューの観点からも若い人の方が有利になります。

過去にクレジットカードを作ったことがない人も通りにくい

クレジットカードを作る審査の際に過去にクレジットカードを作ったかどうかはとても重要になります。

理由はこれまでにクレジットカードを作ったことがあるか、クレジットカードを使用したことがあるかどうかでクレジットカード会社は申請者が延滞しない人なのかを判断するための判断基準になるからです。

そのため、延滞のほかにも自己破産をしてしまってブラックリストに名前がある人は勿論ですが、クレジットカードを作ったことがない、クレジットカードの利用歴(クレヒス)がまったく存在しない「スーパーホワイト」の人も審査をするカード会社は怪しいという判断になってしまい審査が通りにくくなることがあります。

クレジットカードを作ったが一度もクレジットカードを使ったことがない人も一度クレジットカードの申請を行う前にお手持ちのクレジットカードを使うことをおすすめします。

年金受給者でもクレジットカードの審査は通る!

年金受給者 クレジットカード まとめ
年金受給者がクレジットカードの審査に通過するには、

  • 年金受給額(年収)が年間で200万円以上が好ましい
  • 消費者金融はカードローン等の借金がない
  • 携帯電話か固定電話のどちらかを所有している
  • キャッシング枠は0円で申し込む
  • 審査に通りやすいクレジットカードを選ぶ

上記の条件を満たしている方であれば、クレジットカードの審査に通過することができるでしょう。

また、クレジットカードを作るならWebから申し込むのがおすすめです。

理由としては、ネットから入会することで、特典がプレゼントされることもあり、申し込みも非常に簡単です。

その中でもおすすめのクレジットカードは、年会費無料で発行できる「エポスカード」です。

エポスカードは飲食店や娯楽施設での優待割引、海外旅行傷害保険が自動付帯で最大500万円まで保証、年金受給者でも歓迎して審査を行うことから、65歳以上の方はエポスカードがおすすめです。

ABOUTこの記事をかいた人

小室 聖也

経歴 2018年より、東証一部上場大手の信販会社や、大手銀行のコンテンツマーケティング、SEOコンサルティングを主に手がける。 キャッシュレス・QR決済では500店舗以上の導入をサポートした実績を持ち、自ら指揮したプロジェクトは、地上波のテレビに報道されるなど、思わずシェアしたくなるような、わかりやすい説明が得意 記事に関する、お問い合わせ先:info.kanelabo@gmail.com