楽天ペイの使い方を完全ガイド!初心者でも使いこなせる登録、チャージ、支払い方法と使える店舗一覧

The following two tabs change content below.
下山田 聖也

下山田 聖也

経歴 2018年より、東証一部上場大手の信販会社や、大手銀行のコンテンツマーケティング、SEOコンサルティングを主に手がける。 キャッシュレス・QR決済では500店舗以上の導入をサポートした実績を持ち、自ら指揮したプロジェクトは、地上波のテレビに報道されるなど、思わずシェアしたくなるような、わかりやすい説明が得意

最近流行りのキャッシュレス決済のひとつ「楽天ペイ」。

世界中でキャッシュレス化が進む中日本でもPayPayやLINEペイなどが現在、覇権争いをしている真っ只中。

私たち消費者はどの決済サービスがお得で使いやすいのか悩んでしまうことでしょう。

その中でも楽天ペイは、他社のPay決済の中でも比較的簡単に始められるサービスであることは間違いありません。

今回は楽天ペイの使い方から登録手順、メリット、デメリットについてまとめました!

この記事でわかること
  • 楽天ペイの特徴
  • 楽天ペイの登録方法
  • 楽天ペイの基本的な使い方とお得な使い方
  • 楽天ペイのメリット・デメリット
  • 他社のPayサービスと楽天ペイの比較

この記事を読めば、アナタも「楽天ペイの賢い使い方」を理解し、さらに効率的な決済を日常に取り入れることができるようになりますよ!
楽天ペイ 使い方 auPAY

目次

ネット決済にも対応している楽天ペイとは

楽天ペイ 使い方 公式サイト
楽天ペイとは、楽天株式会社が提供するキャッシュレス決済サービスです。

専用の楽天ペイアプリをお手持ちのスマホでダウンロードし、登録することで利用することができます。

楽天ペイでは、スマホひとつで「払える」「送れる」「貯められる」の3つの特徴を持っています。

QRコード決済利用実態調査によると楽天ペイはQRコード決済の中でもっとも利用頻度の高いスマホ決済サービスであると楽天株式会社、調査実施機関のインテージが発表し、今話題のスマホ決済サービスです。

楽天ペイ アプリ実績No.1

もちろん使えるお店もどんどん増加しているので、PayPayやLINEペイと同様に私たちの生活の中で欠かせないサービスのひとつになるでしょう。

そんな楽天ペイの使い方と登録方法について以下の章で画像付きで解説してきますので、参考にしてくださいね!

まずは楽天ペイに登録をしよう!〜登録手順・方法〜

楽天ペイ 使い方 公式サイト経由
楽天ペイの使い方の前にまずは楽天ペイの登録方法・手順について紹介していきます。

楽天ペイはアプリを使って決済を行うので、まずは楽天ペイアプリをダウンロードしましょう!

Android、またはiPhoneでダウンロードが可能なのでどちらかをお持ちの方は以下の章を参考にしてください。

今回はios版での登録方法・手順を解説していきます。

まずは楽天ペイアプリをダウンロードし開く

  • STEP.1
    楽天ペイアプリをダウンロードする

    楽天ペイ 登録方法 Apple Store
    上記AppleStoreから楽天ペイアプリをダウンロードしましょう。

    ダウンロードが完了したら以下の章でアプリを開き、登録手続きを済ませましょう。

楽天市場のアカウントでログインしたら「はじめる」をタップ

  • STEP.2
    楽天アカウントでログインし、利用規約に同意する
    楽天ペイ 登録方法 アプリ起動画面

    はじめるをタップしたら、楽天アカウントでログインする項目を求められるので、普段お使いの楽天アカウントでログインしてください。

    ログインが完了すると以下の画像のように、利用規約に同意する画面が出てきますので、「全ての規約に同意して次へ」をタップしましょう!

    楽天ペイ 登録方法 ログイン

電話番号SMS認証を完了させる

  • STEP.3
    電話番号を入力し、SMS認証番号を入力する
    楽天ペイ 登録方法 規約

    同意して次へをタップすると上記のような電話番号を入力する画面に切り替わるので、入力してください。

    楽天ペイ 登録方法 電話番号

    電話番号を入力すると、その番号宛にSMS認証のメッセージが届くので、そちらに記載の6桁の数字を入力しましょう。

    楽天ペイ 登録方法 SMS認証

クレジットカード情報を登録する

  • STEP.4
    SMS認証が完了するとクレジットカード情報の入力をする

    SMS認証が完了すると以下のようなクレジットカードの登録を求められます。「新しいカードを登録」をクリックし、カード情報入力ページにいこうしましょう。

    楽天ペイ 登録方法 クレジットカード 登録

    楽天ペイはクレジットカードを持っていないと使えないサービスなので、まだクレジットカードを持っていない人はこの機会に楽天ペイと互換性の高い楽天カードを作ることをお勧めします。

    楽天ペイ 登録方法 クレジットカード追加画面

    会員情報の管理ページに移行したら、「クレジットカード情報」の項目をタップしましょう。

    楽天ペイ 登録方法 日本国内での決済に利用

    タップが完了すると「日本国内での決済に利用」か「日本国外での決済に利用」のどちらかを選択するボタンがありますが、今回は「日本国内での決済に利用」で進めさせていただきます。

    楽天ペイ 登録方法 クレジットカード情報入力画面

    すると、上記のようなクレジットカードの情報を追加するページに移行するので、必要な情報を入力しましょう。

    楽天ペイは「楽天カード(国際ブランド全対応)」「VISA」「MasterCard」のクレジットカードしか対応しておらずJCBは登録はできても楽天ペイのサービスを使うことができないので注意が必要です。

    楽天ペイ 登録方法 同意

    全ての入力項目を埋めたらページ最下部の「以下の規約に同意して入力内容を確認」をタップしましょう。

    楽天ペイ 登録方法 カード選択

    入力項目に不備がなければカードを追加し、追加後に楽天ペイで利用するカードを選択して下さい。

    楽天ペイ 登録方法 セキュリティーコード

    カードを選択後、クレジットカードのセキュリティコードの入力をし、楽天ペイにクレジットカードを追加することができます。
    セキュリティコードはアメックス以外カード裏に記載されています。

楽天ペイアプリの登録を完了させる

  • STEP.5
    クレジットカードの入力が終われば登録完了です!
    楽天ペイ 登録完了

    クレジットカードを楽天ペイに登録すると楽天ペイのホーム画面に移行するので、こちらまで進めば楽天ペイアプリの登録完了です!

    お疲れ様でした!

楽天ペイの使い方は「コード」「QR」「セルフ」の3つがある

楽天ペイ 使い方ページ
楽天ペイの使い方は基本的に以下の3つです。

  • 店員さんがバーコードを読み取るコード決済
  • お店のQRコードを読み込むQRコード決済
  • 対象のお店を選択し、金額入力だけで決済できるセルフ決済

上記楽天ペイの3つの使い方について以下の章で詳しく解説していきます。

楽天ペイのバーコード決済の使い方

楽天ペイ コード決済 使い方

楽天ペイのバーコード決済はたったの3ステップで決済できます!

楽天ペイ:バーコード決済の使い方
  • STEP1.楽天ペイアプリを開く
  • STEP2.バーコードを提示し、読み取ってもらう
  • STEP3.金額を入力し決済する

楽天ペイのバーコード決済の使い方は、楽天ペイのバーコード決済が対応しているお店で楽天ペイのバーコード決済画面を表示します。

そして画面を提示し、読み取ってもらったら金額を入力することで決済が完了します。

楽天ペイのQRコード決済の使い方

楽天ペイ QRコード決済 使い方

楽天ペイのセルフ決済はたったの3ステップで決済できます!

楽天ペイ:セルフ決済の使い方
  • STEP1.楽天ペイアプリを開く
  • STEP2.セルフボタンをタップし、お店をリストから選択
  • STEP3.金額を入力し決済する

楽天ペイのQRコード決済の使い方は、お店に設置されているQRコードを読み込んで決済をすることができます。

QRコードを読み込んだのち、支払う金額を入力して、確認画面でスライドさせれば完了です。

バーコードが良いかQRコードが良いかはお店によって臨機応変に変更すると良いでしょう。

楽天ペイのセルフ決済の使い方

楽天ペイ セルフ決済 使い方

楽天ペイのセルフ決済の使い方は、楽天ペイ決済画面左下の「セルフ」の箇所をタップすることで、セルフ決済ができるお店が一覧で表示されます。

該当のお店をタップし、そのまま金額を入力することで、決済が完了します。
※お店に行っていないないのに決済することも可能なので、楽天ペイを入れているスマホやiPhoneの紛失や盗難には十分注意して下さい。

楽天ポイント・楽天キャッシュでの支払いも可能

楽天ペイ 使い方 楽天キャッシュ

楽天ポイントや、事前にチャージした楽天キャッシュを決済に含んで利用するには、以下画像の手順を踏む必要があります。

楽天ポイントや楽天キャッシュを全て使う場合は、「全てのポイント/キャッシュを使う」にチェックを入れる。

一部だけ使いたい場合は、「設定」から使いたいポイントやキャッシュの金額を入力することができます。

チャージすれば楽天キャッシュで個人送金もできる

楽天キャッシュとは、楽天ペイに登録したクレジットカードからチャージすることで利用できるサービスです。

楽天カードからチャージすれば200円ごとに楽天スーパーポイントが1ポイント付与されます。

チャージ方法は以下画像の通りです。

楽天ペイ チャージ方法 やり方
楽天ペイ チャージ方法 やり方
楽天ペイ チャージ方法 やり方

楽天ペイ決済画面の上部にある「送る」をタップし、連絡先を同期します。

その後「送り先一覧」から送金する相手を選択し、金額を入力。

コメントが必要であれば、コメントを残し「確認へ」をタップします。

その後、「スライドで送る」(送金)をすれば相手に送ることが可能です!

送り先一覧にいない人の場合は、連絡先同期画面の「一覧にいない人に送る」をタップし、送金用のリンクを作成することで送金ができるので、覚えておくと便利ですよ!
楽天ペイ チャージ方法 やり方
楽天ペイ チャージ方法 やり方
※楽天ペイアプリを持っていなくてもWeb場で楽天キャッシュを送金することは可能です。

楽天ペイが使えるお店について

楽天ペイ 使えるお店
楽天ペイが使えるお店、加盟店はコンビニをはじめとする様々なお店で利用することが可能です。

楽天ペイは、お店だけではなくネットでの支払いにも対応しているので、以下の章で街で使える楽天ペイとネットで使える楽天ペイ対応のサイトを一挙ご紹介していきます。

街で使える楽天ペイの加盟店一覧

楽天ペイ_街で使えるお店一覧
街で使える主な
楽天ペイ加盟店一覧
加盟店舗名
コンビニ ローソン ファミリーマート ポプラ ミニストップ
飲食店/アパレル
白木屋 魚民 居酒屋 笑笑 山内農場
居酒屋
千年の宴
AOKI Right-on Step japan
はるやま 和民 アート引越センター メガネ
スーパー
ミライサガ 海鮮居酒屋
はなの舞
Mac-House PIZZA-LA
自遊空間 アインズ 隠れ庵
忍家
ANAP

ネットで使える楽天ペイのお店一覧

楽天ペイ_ネットで使えるサイト一覧
ネットで使える主な
楽天ペイ加盟店一覧
ショッピングサイト
ファッション BUYMA オンワード
クローゼット
ユナイテッド
アローズ
ANAP
グルメ ドミノ・ピザ オイシックス 大阪王将 東急百貨店
美容・生活 無印良品 ドクターシーラボ コスメデネット Rigna
デジタルコンテンツ Ameba DMM.com フジテレビ
オンデマンド
Mobage
ホビー・家電 TOHOシネマズ ユナイテッドシネマ ラクマ プレミアムバンダイ

楽天ペイを使うメリットとTwitter(ツイッター)上の口コミ・評判

楽天ペイ 使い方 メリット 口コミ・評判
では、私たち消費者が実際に楽天ペイを使うメリットには以下の6つのメリットが挙げられます。

  • 楽天ペイは楽天スーパーポイントが貯まり、二重取りができる
  • 楽天ペイは決済手段が豊富で簡単に使うことができる
  • 楽天ペイ後払い方式なので、すぐに使うことができる
  • 楽天ペイアプリがダウンロードできれば誰でも使うことができる
  • クレジットカードを手渡ししないので、セキュリティリスクが減少する
  • 楽天ペイは消費者対象のキャンペーンが充実している

上記6つの楽天ペイを使うメリットとTwitter(ツイッター)上での口コミ・評判について詳しく解説していきます。

楽天ペイは楽天スーパーポイントが貯まり、二重取りができる

楽天ペイはポイントの二重取りができるので、楽天スーパーポイントがお得に貯まります。

楽天ペイで決済をすると0.5%の還元を受けることができるので、クレジットカード決済で付与されるポイントにプラスして受け取ることができます。

つまり、「楽天ペイ(0.5%)+カード決済」でポイント還元率をあげることができるので、ポイントが貯まりやすくなるのです。

楽天ペイは決済手段が豊富で簡単に使うことができる


楽天ペイはアプリ(GooglePlayかApple Store)をダウンロードし、クレジットカードを情報を登録すれば今すぐにでも使えるPay決済です。

支払い方式は後払い方式で、「バーコード」、「QRコード決済」、「セルフ決済」の3つから選べ、どの決済方式もアプリを開いて提示するか、金額を入力するだけで決済が完了します。

クレジットカードよりも利便性に長けています。

しかもポイントも二重取りできるので、相性の良い楽天カードを持っているとさらにお得になりますよ!

クレジットカードを手渡ししないので、セキュリティリスクが減少する

そもそもこういったアプリを利用しての決済はクレジットカードを物理的に必要としないため、セキュリティ面でのリスク減少をすることができます。

お気に入りのクレジットカードを持っている場合はむやみに人に触られたくない人もいるでしょう。

もちろん、楽天ペイ自体の決済セキュリティシステムも高いので、スマホやiPhoneを紛失したりしなければほぼ安全です。

仮に窃盗にあったとしても楽天ペイにすぐに連絡をすれば不正利用を防ぐごともできます。

このようなセキュリティの観点からも楽天ペイは安全でメリットであることがわかります。

楽天ペイは消費者対象のキャンペーンが充実している

楽天ペイ 使い方 ずーーっと最大5%還元キャンペーン 第2弾
楽天ペイには消費者を対象にしたキャンペーンが多くあり、他社のキャンペーンよりも圧倒的に多いのがメリットです。

現在実施しているキャンペーンは以下の10個です。
楽天ペイ 使い方 キャンペーン一覧

楽天ペイキャンペーン キャンペーン期間 キャンペーン概要
楽天カードを設定したお支払いで
ずーーっと最大5%還元キャンペーン 第2弾
2019/7/1(月)10:00から
2019/9/30(月)23:59まで
第2弾!エントリー後、楽天カードを設定するだけで、
楽天カードのお支払い分が期間中ずっと実質最大5%還元!
楽天ペイを使ったことがない方限定!
コンビニ・ドラックストアご利用で最大800ポイント!
2019/7/1(月)10:00から
2019/8/1(木)9:59まで
対象のコンビニ・ドラッグストアで、
500円(税込)以上のお支払いでポイントプレゼント!
7月度ピックアップ!
対象のお店で10%ポイントバック!(要エントリー)
2019/7/1(月)10:00から
2019/8/1(木)9:59まで
キャンペーン期間中のエントリーでもれなく、
対象のお店での支払いで10%分のポイントバック!
ローソンにて楽天ペイアプリでの
お支払いでポイント最大2.5倍!
2019/6/3(月)0:00から
2019/8/31(土)23:59まで
期間中にエントリーした後、ローソンにて楽天ペイアプリで
支払いをすると、最大2.5倍のポイントをプレゼント!
楽天生命パーク宮城
キャッシュレスパーク開始記念キャンペーン!
2019年に楽天生命パーク宮城で
開催する一軍公式戦
楽天生命パーク宮城内の店舗で楽天ペイアプリ支払いをすると、
ビール・ドリンク100円OFFとグッズの支払い金額10%ポイントバック!
ノエビアスタジアム神戸
キャッシュレスパーク開始記念!
2019/3/2(土)0:00から
2019/12/9(月)23:59まで
ノエビアスタジアム神戸内の店舗での楽天ペイアプリで支払いで、
ビール・ソフトドリンク100円OFFとグッズの支払い金額10%ポイントバック!
【大分県・熊本県・長崎県限定!】
初乗り料金相当ポイントプレゼント
2019/4/1(月)0:00から
2019/9/30(月)23:59まで
キャンペーン開催期間中に対象タクシーで支払いすると、
タクシー初乗り料金相当(660円相当)のポイントをプレゼント!
楽天ペイ・初めてお支払いで1,000ポイントGET! 常時開催 楽天ペイを初めて使う方にもれなく1,000ポイントもらえる!
楽天ペイにお友だちを招待してポイントGET! 常時開催 1人招待するごとに、紹介者も紹介された側も100ポイントGET!
楽天カード会員様限定
さらにお得なキャンペーン!(要エントリー)
常時開催 お支払い元に楽天カードを設定すれば、さらにポイントGETのチャンス!

楽天ペイを使うデメリットとTwitter(ツイッター)上の口コミ・評判

楽天ペイ 使い方 デメリット 口コミ・評判
楽天ペイを使うデメリットには以下の4つがあります。

  • 楽天ペイを使うにはクレジットカードが必須
  • 楽天ペイの支払い上限金額は最大50万円までと決まっている
  • 楽天ペイは支払い方法が一括払いのみ
  • 加盟店舗数がまだまだ少ない

上記4つの楽天ペイのデメリットとTwitter(ツイッター)上での口コミ・評判について以下の章で詳しく解説していきます。

楽天ペイを使うにはクレジットカード(楽天カード/VISA/MasterCard)が必須


現状では、楽天ペイでチャージや決済ができるクレジットカードは、楽天カードかVISA、MasterCardのクレジットカードのみとなっています。

今後、JCBやAMEX(アメリカン・エキスプレス)、ダイナースなどでも楽天ペイで使えるようになるかもという情報もあるようです。

また、楽天カードであれば、国際ブランドはJCBやアメックスでも登録可能なので、楽天ペイを使おうと考えている方は楽天カードを発行しておくと便利ですよ!

楽天ペイの支払い上限金額は最大50万円までと決まっている


楽天ペイは一回の支払いで決済できる金額が最大50万円と上限金額が決まっています。

また、楽天ペイの会員ランクによっては上限金額を増減することも可能なようですが、公式からランクに関する情報が一切提示されていないため、ちょっと嫌な部分かもしれません。

しかも上限金額は最初の1万や2万円などから始まる場合が多いらしく、おそらく最初は小さな買い物から初めて徐々にランク・上限金額をあげていく必要があるようです。

なので、最初から大きな決済をすることができないというのは大きなデメリットになると思います。

楽天ペイは支払い方法が一括払いのみ


楽天ペイは一括払いしか対応していないことがデメリットとしてあげられるでしょう。

リボ払い、分割払い、ボーナス払いには対応しておらず、この点は通常のクレジットカード支払いの方が優れています。

しかし元々は少額決済を対象にサービスを展開しているので、メインではコンビニや小売店などで楽天ペイを活用するのが良いでしょう。

今後は、もしかすると分割払いやリボ払いに対応する可能性もあるので、一旦様子見といったところです。

加盟店舗数がまだまだ少ない


楽天ペイのデメリットとして、利用できるお店が少ないことがあげられます。

もちろん、現在も加盟店は続々と増えている傾向にありますが、どこでも使える訳ではありません。

これは楽天ペイよりも、楽天Edyの方が普及が早かったことが要因のひとつとして言えます。

ツイッターからの口コミ・評判でも、楽天Edyは使えても楽天ペイには対応して終わらず「せっかく楽天ペイアプリのインストールをしても使えずがっかりした」という声が少なからずあります。

今後のサービス拡大に期待しましょう!

楽天ペイと他社のPay・QR決済サービス還元率比較

楽天ペイ 使い方 還元率比較
サービス名 還元率
楽天ペイ 通常0.5%
楽天ペイ+楽天カード支払いで1.5%
※現在楽天カードとエントリーで5%還元キャンペーン実施中
au Pay 通常0.5% auプレミアムパス会員は1.5%
PayPay 通常3%
※キャンペーンで最大20%
LINE Pay 3.5%〜5%
※通常0.5%〜2%
キャンペーンで+3%される。
※還元率はマイカラーで決定
d払い 20%還元キャンペーン
0.5%(実店舗)
1.0%(ECサイト)
OrigamiPay 2%や10%(店舗によって異なる)
銀行口座引落としで+1%

楽天ペイと他社のPay・QR決済サービスサービスの比較

楽天ペイ 使い方 利便性比較
サービス一覧 楽天ペイ PayPay LINE Pay d払い Origami Pay
支払い方式 後払い方式 事前チャージ方式 事前チャージ方式 後払い方式 後払い方式
利用手段・チャージ手段 ・クレジットカードチャージ
※Visa/MasterCard/楽天カード
・楽天ポイント支払い可
・銀行口座振替
・Yahoo! JAPANカード
・銀行口座振替
・セブン銀行ATM
・LINE Payカード
・Famiポート
・クレジットカード
Visa/MasterCard
・ドコモ料金合算
・ドコモ口座振替
・dポイント
・銀行口座振替
・クレジットカード
決済方法 ・QRコード決済
・バーコード表示
・セルフ決済
・QRコード決済
・バーコード表示
・QRコード決済 ・QRコード決済 ・QRコード決済
還元率 0.5%+クレカ還元 3% 0.5%~2.0%
※期間限定で3.5%~5.0%
0.5%+クレカ還元 クーポン/直接割引+クレカ還元
その他 ・個人間送金
JCB/アメックス/
ダイナース追加予定
・QUICPay決済
・個人間送金
・JCBリアルカード発行
・JCB/アメックス/
ダイナース追加予定

楽天ペイの使い方〜まとめ〜

楽天ペイ 使い方 楽天カード
楽天ペイは専用のアプリをダウンロードし、クレジットカードを登録することですぐにでも使うことができます。
※楽天会員(無料)になる必要あり

対応クレジットカードは、楽天カード(国際ブランド全て対応)、VISA、MasterCardのクレジットカードとなっています。

今後JCBやアメックス、ダイナースも追加される予定はあるようなので、これらのクレジットカードを使っている人は一旦待ちましょう。

楽天ペイは加盟店でQRコード決済、バーコード決済、セルフ決済の3つの決済方式があり、どの決済方法も楽天ペイアプリから決済が可能なので誰でも簡単に利用することができます。

もちろん楽天カードと相性は抜群です。

楽天カードを持っている方であればポイントもザクザク貯まる他、決済もスムーズに行うことができるので、ぜひ一度楽天ペイを使ってみてくださいね!

ABOUTこの記事をかいた人

下山田 聖也

経歴 2018年より、東証一部上場大手の信販会社や、大手銀行のコンテンツマーケティング、SEOコンサルティングを主に手がける。 キャッシュレス・QR決済では500店舗以上の導入をサポートした実績を持ち、自ら指揮したプロジェクトは、地上波のテレビに報道されるなど、思わずシェアしたくなるような、わかりやすい説明が得意