アメックスのクレジットカード全21種類の比較を徹底的にやってみた!ランク別の審査基準と年会費、ポイント還元率比較の決定版

The following two tabs change content below.
下山田 聖也

下山田 聖也

経歴 2018年より、東証一部上場大手の信販会社や、大手銀行のコンテンツマーケティング、SEOコンサルティングを主に手がける。 キャッシュレス・QR決済では500店舗以上の導入をサポートした実績を持ち、自ら指揮したプロジェクトは、地上波のテレビに報道されるなど、思わずシェアしたくなるような、わかりやすい説明が得意

アメックス(AMEX)はアメリカン・エキスプレス社が発行するステータス性が高いクレジットカードです。

特に海外旅行やレストラン、ホテルなどのサービス面に特化した特典が豊富にあり、世界中で人気のあるクレジットカードです。

数あるアメックスカードの中で、自分のライフスタイルにあったアメックスのクレジットカードを見つけるのは時間と手間がかかります。

そこで今回は、アメックスのクレジットカード全21種類の審査基準や年会費、ポイント還元率をわかりやすく解説していきます!

この記事を読めば、アメックスの審査基準や自分にあったアメックスカードの選び方、アメをもつメリット・デメリットがわかるのでアメックスカードに申し込む際の参考にしてください。
アメックス クレジットカード

目次

アメックス(アメリカン・エキスプレス)のクレジットカードとは?

アメックス クレジットカード 会社概要
アメックスとは、アメリカン・エキスプレス・カードの略であり、世間ではステータスカードとして世界中で認知されています!

クレジットカードに関心のある人であれば一度は耳にしたことがありますよね?

アメリカン・エキスプレス・カンパニー 会長 兼 CEO スティーブ・スクエリ

出典:https://www.americanexpress.com/jp/legal/company/greeting.html?inav=jp_footer_greeting

上の人物はアメリカン・エキスプレス・カンパニー 会長 兼 CEO スティーブ・スクエリ本人です。

本社はニューヨークにあり、世界中にアメックスの支社を持っており、日本にもアメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.が東京都の杉並区にあります。

日本のアメックスを指揮するのは以下のアメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc. 日本・アジア 社長 清原 正治です。

アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc. 日本・アジア 社長 清原 正治

出典:https://www.americanexpress.com/jp/legal/company/greeting.html?inav=jp_footer_greeting

アメックスは国際ブランドのひとつであり、JCBカードやダイナースクラブカード同様プロパーカードとして、個人向けにクレジットカードを発行しています。

今回紹介するカードはアメックスが直接発行するクレジットカード全15種類と提携カード6種類になります!

プロパーカードとは

国際ブランドであるJCBやダイナースクラブなどが直接クレジットカードを発行しているものを指します。

アメックスもアメリカンエキスプレス社が直接発行するプロパーカードです。

プロパーカードアメックスと提携カードセゾンアメックスの違い

アメックス クレジットカード セゾン
アメックスにはプロパーカード以外にもセゾンと提携して発行している提携クレジットカードも存在します。

それがセゾンアメックス(アメリカン・エキスプレス)カードです。

提携カードとは

提携カードは国際ブランドとカード会社が提携して発行されたクレジットカードのことを指しています。三井住友VISAカードや楽天カード(プロパーカードと呼ばれることもある)、ANAカードなども提携カードに該当します。

プロパーカードのアメックスとセゾンアメックスの違いは、提携しているかしていないかです。

セゾンアメックスのクレジットカードには以下の4つのカードが存在します。

  • セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード
  • セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード
  • セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
  • セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

記事後半では、セゾンアメックスのクレジットカードも紹介していくので、参考にしてください!

アメックスセンチュリオンカードはインビテーションでしか手に入らない

アメックスセンチュリオン クレジットカード インビテーション
アメックスプロパーカードの中には、アメックスのインビテーションでしか入手できないクレジットカードが存在します。

それが、アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード(アメックスセンチュリオン)です。

クレジットカードのインビテーションとは

クレジットカード会社が優良顧客と認めたカード会員のみにクレジットカードのグレードアップを進める制度です。

アメックスセンチュリオンはアメックスプロパーカードのプラチナカードを利用し続けることでインビテーションが届き、申し込みが可能となります。

アメックス(アメリカン・エキスプレス)の審査基準・発行期間について

アメックス クレジットカード 審査基準
実際にアメックスの審査基準は厳しいと言われがちですが、最近では一般の方でもアメックスを発行している人が増えているようです。

理由としては、アメックスの審査基準が以前に比べて甘くなったからです。

アメックスのインビテーションでしか入手できなかったアメックスプラチナカードは、2019年4月8日から直接申し込みが可能になり、誰でも発行することが可能になりました。

このように近年、アメックスの審査基準が緩めになってきていることがわかります。

アメックスの申し込み資格
  • 20歳以上で安定した収入がある方(セゾンアメックスなら20歳以下でも申し込み可)
  • アメックスカードの種類によっては、25歳以上のカードもある
  • 現在、借金や延滞などを起こしていないホワイトな状態
  • 日本国内に住所があり、電話連絡が取れる方

以下の章でアメックスの審査基準や、申し込んでから手元に届くまでの大体の目安を紹介していきます。

アメックス(アメリカン・エキスプレス)の審査基準は他のカード会社とちょっと異なる

アメックス クレジットカード 審査
アメックスの審査は日本のカード会社と少し異なります。

通常、日本のカード会社の審査では、申込者の「過去」を重要視しますが、アメックスの審査では「今」をみています。

過去をみる日本のカード会社は、これまでの信用情報の取引履歴や過去に自己破産や債務整理、延滞や滞納などをしていないかなどを見る傾向があります。

もちろん現在の収入や借金状況などもみています。

しかし、アメックスの審査では「安定した収入があるかどうか」にフォーカスして審査をしています。

過去に借金をした、自己破産をしたなどのブラック情報があったとしても現状ホワイトな状態であれば、審査に通過することができるです。

日本のカード会社に落ちてしまった人がアメックスの審査に通過することもあるので、審査に落ちてしまった人がアメックスを検討するのはとても良いことなのです。

アメックス(アメリカン・エキスプレス)に申し込みしてからお手元に届くまでは約1週間〜2週間

アメックス クレジットカード 発行期間
アメックスカードは申し込みをしてからお手元に届くまでの期間が1週間〜2週間程度です。

なので、急ぎでクレジットカードを発行する方には向いていません。

少しでも発行までの期間を短くしたい方であれば、Webからお申し込みをしましょう。

紙面と違って、郵送などの手間がなく、アメックス側もWeb申込者を優先して審査を行うので、なるべく早めにアメックスカードが欲しい方はWebからお申し込みをしましょう!

アメックス(アメリカン・エキスプレス)のインビテーションなら1ヶ月かかることもある

アメックス クレジットカード インビテーション 届くまで
アメックスのインビテーションからアメックスカードをグレードアップすると新しいカードがお手元に届くまで通常よりも時間がかかってしまいがちです。

例えば、アメックスゴールドを使っていてアメックスプラチナのインビテーションが届いたとします。

インビテーション経由でアメックスプラチナに申し込むと、カード番号や情報の変更により通常よりも時間がかかってしまいがちです。

早い方で2週間、通常は1ヶ月かかるとみておくと良いでしょう。

アメックス(アメリカン・エキスプレス)が発行するクレジットカード全15種類を徹底比較!

アメックス クレジットカード 種類
では、通常申し込みができるアメックスカード全15種類を以下の章で詳しく解説していきます。

気になる審査基準や申し込みから発行までの期間、クレジットカードの特徴を以下に紹介していきます。

これからアメックスのクレジットカードを作ろうとしている人はぜひ参考にしてください!

必ずあなたに合ったアメックスカードが見つかりますよ!

アメックス初心者ならアメックスグリーンから始めよう!

人気 クレジットカード アメックスグリーン公式サイト
概要 詳細
券面 アメックス クレジットカード アメックスグリーン 券面
年会費 初年度無料
通常税抜12,000円
ポイント還元率 1%(1ポイント=0.3円)
国際ブランド AmericanExpress
電子マネー Apple Pay
家族カード 6,480円
ETCカード 年会費無料
発行手数料918円
5枚まで発行可
海外旅行傷害保険 最大5,000万円
交換可能マイル ANAマイル/スカイマイル

アメックスグリーン(アメリカン・エキスプレス・カード)は、アメックス初心者におすすめのクレジットカードです。

アメックスの一般カードにあたるアメックスグリーンは、他社のゴールドカード並みの特典やサービスが充実しており、海外旅行傷害保険は最大5,000万円(利用付帯)まで補償。

年収が250万円で審査に通った事例もあります。

また、新卒アメックス申し込みキャンペーンも4月頃から開始され、社会人1年目の方でも十分カードを発行することができるアメックスカードです。

なので、若年層、またはこれからクレジットカードを作りたい方はアメックスグリーンに申し込んでみてはいかがでしょうか?

アメックスグリーンについてもっと詳しく知りたい方は以下の記事も合わせて読んでみましょう!

アメックスグリーンをざっくり言うと…
  • アメックスグリーンは、他社ゴールドカード並みのステータスカード!
  • 特典も充実していて、中でも国内外40箇所以上の空港ラウンジが同伴者1名まで無料!
  • 海外旅行保険の最大5,000万円の保証や、ホテルの予約、お買い物の返品など、サポートもステータスカードらしい至れり尽くせり
  • 審査に関しても、年収200万円以上の方、新卒者でも審査通過が可能な場合も
  • ステータスカードが欲しい!ゆくゆくはアメックスゴールドが欲しい!という方は、まずは審査申し込みをしてみるのがおすすめ
  • 今なら以下のバナーからの申し込みで、ご入会後3ヶ月以内のカードご利用で
    合計17,500ポイント獲得可能なキャンペーンに申し込み可能!

アメックスグリーンカード公式サイトはこちら

年収300万円以上の方ならアメックスゴールドで真のステータスを手に入れよう!

クレジットカード アメックスゴールド公式サイト
概要 詳細
券面 クレジットカード アメックスゴールド 券面
年会費 税抜29,000円
初年度無料
ポイント還元率 1%
国際ブランド AmericanExpress
電子マネー Apple Pay
家族カード 年会費12,960円
1枚目無料
ETCカード 年会費無料
発行手数料918円
5枚まで発行可能
海外旅行傷害保険 最大1億円
交換可能マイル ANAマイル/スカイマイル

アメックスゴールド(アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード)は、年会費が税抜29,000円のクレジットカードです。

ゴールドカードの中でも一際異彩を放つこのカードは他社のプラチナカード並みの特典やステータスがあります。

海外旅行傷害保険は最大1億円利用付帯の他にも、空港のVIPラウンジが利用できるプライオリティ・パスへの無料入会特典、レストランコースが1名無料になる招待日和など様々な特典が付帯されます。

アメックスグリーンの上位互換に位置するクレジットカードになり、特典やサービスを活用することで、年会費を実質無料にすることも可能です。

もちろんショッピングプロテクションや、ゴールドデスク(コンシェルジュサービス)などもこのグレードから利用できます。

アメックスカードの中で一番おすすめのクレジットカードです。

ザ・ペニンシュラ東京との提携したアメックスゴールド

ザ・ペニンシュラ東京 アメックスゴールド公式サイト
ザ・ペニンシュラ東京とは、都内の高級ホテルのひとつです。

客室数が312室ほどあり、そのうちの47室がスイートルームになっており、通常の客室である「デラックスルーム」はなんと54平方メートル(1LDKくらい)の広さになります。

ザ・ペニンシュラ東京最高級の「ペニンシュラ・スイート」部屋の広さが都内最大級の347平方メートルを誇り、アメックスゴールドと提携して発行されるカードが、「ザ・ペニンシュラ東京アメックスゴールド」です。
ザ・ペニンシュラ東京 アメックスゴールド 券面
基本的なベースはアメックスゴールドと変わりませんが、ザ・ペニンシュラ東京特典でホテル内のクレジット、朝食サービス、アーリー・チェックインなどが利用できます。

また、部屋のアップグレードからホテル内直営レストランやスパでの優待などが付帯されます。

ザ・ペニンシュラ東京をよく利用する方であれば持っていて損はないクレジットカードです。

アメックスゴールドについてもっと詳しく知りたい方は以下の記事も合わせて読んでみましょう!

アメックスゴールドをざっくり言うと…
  • アメックスゴールドは、クレジットカードの中でも最高峰のステータスカード!
  • 特典も充実していて、中でも招待日和を使うと高級レストランのコース料理が一人分無料に!
  • 海外旅行保険の最大1億円の保証や、ホテルの予約、お買い物の返品など、サポートもステータスカードらしい至れり尽くせり
  • 審査に関しても、年収250万円以上の方でも審査通過が可能な場合も
  • 世界最高峰のステータスカードを一度は手にしてみたい!という方は、まずは審査申し込みをしてみるのがおすすめ
  • 今なら以下のバナーからの申し込みで、ご入会後3ヶ月以内のカードご利用で合計30,000ポイントが獲得可能!

→アメックスゴールドカード公式サイトはこちらから

究極のステータスカード!年会費13万円のアメックスプラチナ

クレジットカード アメックスプラチナ公式サイト
基本情報 詳細
券面 クレジットカード アメックスプラチナ メタル 券面
年会費 130,000円(税抜)
ポイント還元率 100=1ポイント
1ポイント=0.3円
※メンバーシップリワードプラス(年会費無料)の登録で還元率3倍!
国際ブランド Americanexpress
電子マネー Apple Pay
家族カード 無料/4枚まで
ETCカード 発行手数料918円/年会費無料
4枚まで発行可
海外旅行傷害保険 最大1億円(利用付帯)
自動付帯は最大5,000万円
交換可能マイル ANAマイル/スカイマイル

アメックスプラチナは2019年4月以降に直接申し込みができるようになったクレジットカードです。

以前はアメックスゴールドのインビテーションでしか入手することができないカードでした。

このアメックスプラチナは年会費130,000円とかなり高額ではありますが、カード本体は日本でもかなり珍しい、メタルカードが採用されており、非常にスタイリッシュな券面デザインになりました。

「2 for 1ダイニング by 招待日和」でコース料理を1名無料にしたり、プラチナ・コンシェルジェ・デスクでまるで秘書を雇ったようにレストランの予約から旅行先の計画まで全てコンシェルジュが対応してくれます。

上記のような年会費以上の素晴らしい特典やサービスが付帯されており自分のライフスタイルと照らし合わせてお申し込みを検討しましょう!

アメックスプラチナについてもっと詳しく知りたい方は以下の記事も合わせて読んでみましょう!

アメックスプラチナをざっくり言うと…
  • ステータス最強のアメックスプラチナ
  • 2019年4月以降直接申し込みが可能に!
  • まるで秘書を雇ったような気分になるアメックスプラチナコンシェルジュデスク!
  • 空港VIPラウンジや招待日和などの高価な特典の数々
  • 海外旅行傷害保険は自動付帯で5,000万円、利用付帯で1億円!
  • メンバーシップリワードプラス(通常年会費3,000円)に年会費無料で入会できる!
  • メンバーシップリワードプラスならポイント還元率が3倍までアップ!

→アメックスプラチナ公式サイトはこちらから

マリオットボンヴォイの「ゴールドエリート会員」になれるSPGアメックス

クレジットカード SPGアメックス公式サイト
概要 詳細
券面 クレジットカード SPGアメックス
年会費 税抜31,000円
ポイント還元率 1%
(Marriott Bonvoyのポイントが貯まります)
国際ブランド AmericanExpress
電子マネー Apple Pay
家族カード 税抜15,500円
ETCカード 年会費無料
発行手数料918円
5枚まで発行可能
海外旅行傷害保険 最大1億円
交換可能マイル ANAマイル/JALマイル/スカイマイル/マイレージプラス

SPGアメックス(スターウッド プリファード ゲスト® アメリカン・エキスプレス®・カード)は、「Marriott Bonvoyゴールドエリート会員」になれるホテル特化型のクレジットカードです。

Marriott Bonvoyゴールドエリート会員になるとレイトチェックインからお部屋のアップグレードが可能になります。

また、毎年カード継続で「無料宿泊特典」がプレゼントされ、年に一度旅行に行くことができる豪華なクレジットカードです。

他にもマイルを貯めることにも向いており、ANAやJALを含む40社以上のマイルに交換することも可能です。

高級ホテルを利用する機会がある方はぜひSPGアメックスにお申し込みをしてみてはいかがでしょうか?

SPGアメックスをざっくり言うと…
  • 年会費税抜31,000円
  • ポイント還元率3%(100円=3ポイント)
  • マイル還元率1%(100円=1マイル)
  • JALやANA含む40社以上のマイルに移行することができる
  • マリオットグループの「ゴールドエリート会員」が自動で取得可能
  • 国内28空港と海外2空港の空港でラウンジが利用可
  • 海外旅行傷害保険が最大1億円
  • アメックスならではなのお得な特典やサービスが利用可能
  • マイルだけではなく、ポイントはホテルの無料宿泊特典にも利用可能
  • 飛行機の遅延による出費を航空便遅延費用保障でなかったことにできる

→SPGアメックス公式サイトはこちらから

ANAマイルをお得に貯めたいならANAアメックスがおすすめ!

クレジットカード ANAアメックス公式サイト
概要 詳細
券面 クレジットカード ANAアメックス 券面
年会費 税抜7,000円
ポイント還元率 1%
国際ブランド AmericanExpress
電子マネー Apple Pay/楽天Edy
家族カード 初年度無料
通常2,700円
ETCカード 発行手数料918円のみ
海外旅行傷害保険 最大3,000万円
交換可能マイル ANAマイル

ANAアメックス(ANAアメリカン・エキスプレス・カード)はANAマイルをお得に貯めることができるアメックスのクレジットカードです。

ANAアメックスは、カード利用で100円につき1ポイントが付与されます。

1,000ポイントから1,000マイルをANAマイレージにて変換することができます。

マイル変換上限は年間40,000ポイントまでとなており、新規入会特典で1,000マイルが付与されます。

また、毎年ANAアメックスを継続することにより1,000マイルがプレゼントされるので、ANAユーザーは1枚持っておいて損はないクレジットカードです。

さらに、ANAグループの飛行機に塔乗すれば区間ごとに設定されている必要マイル数の10%をボーナスとして付与されるので、メインカードとして利用していれば、ANAマイルが効率よく貯まっていきます。

ただし、ANAアメックスを利用して得たポイントは、アメックスのポイント移行コース(年会費税抜6,000円)に登録することで、ポイントをマイルに変換することができるようになるので、登録を忘れないようにしましょう。

このポイント移行コースに登録するメリットには、アメックスのポイント、すなわち「メンバーシップ・リワード」の有効期限を無期限にすることができます。

ANAアメックスをざっくり言うと…
  • 年会費税抜7,000円
  • ポイント還元率1%(100円=1ポイント)
  • 貯まるポイントは「メンバーシップリワード」(有効期限有)
  • ポイントはANAマイルに変換可能(ANAマイレージクラブにて)
  • 「ポイント移行コース」(年会費税抜6,000円)に登録することでポイントの有効期限がなくなる
  • 新規入会特典で1,000ポイント付与と継続することで、毎年1,000ポイントがもらえる
  • アメックスならではの海外旅行向けの特典が充実(空港ラウンジや手荷物無料配送など)
  • 海外旅行傷害保険も最大3,000万円まで補償

→ANAアメックス公式サイトはこちらから

ANAアメックスの上位互換に位置するANAアメックスゴールド

クレジットカード ANAアメックスゴールド公式サイト
概要 詳細
券面 クレジットカード ANAアメックスゴールドカード 券面
年会費 税抜31,000円
ポイント還元率 1%
国際ブランド AmericanExpress
電子マネー Apple Pay/楽天Edy
家族カード 税抜15,500円
ETCカード 発行手数料918円のみ
海外旅行傷害保険 最大1億円
交換可能マイル ANAマイル

ANAアメックスの上位互換に当たるカードがANAアメックス(ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード)です。

基本的な機能は、ANAアメックスとは大差ありません。

100円につき1ポイント、1,000ポイントから1,000マイルに変換可能です。

ANAアメックスとの大きな違いは、ポイントの有効期限がなくなり、ANAマイレージに移行する上限が外れることです。

もちろんANAグールプの飛行機に塔乗すれば区間ごとに設定されている必要マイル数の25%をボーナスとして付与されるので、ANAアメックスよりも効率よくマイルを貯めることができるます。

海外旅行傷害保険も最大1億円まで補償される他、専用ラウンジから、手荷物無料宅配サービスなど旅行に特化した特典やサービスが充実しているのANAアメックスゴールドの魅力のひとつです。

ANAアメックスゴールドをざっくり言うと…
  • 税抜31,000円
  • ポイント還元率1%(100円=1ポイント)
  • ゴールドカードなのでステータス性も高い
  • 貯まるポイントは「メンバーシップリワード」(有効期限無)
  • ポイントはANAマイルに変換可能(ANAマイレージクラブにて)
  • ANAマイレージに移行上限もなし!
  • 新規入会特典で2,000マイル付与と継続することで、毎年2,000マイルがもらえる
  • ANAアメックスを凌ぐ特典やサービスが充実
  • 海外旅行傷害保険も最大1億円まで補償

→ANAアメックスゴールド公式サイトはこちらから

25歳以上の方限定のANAアメックスプレミアカード

ANA アメリカン・エキスプレス・ プレミアム・カード 公式サイト
概要 詳細
券面 ANA アメリカン・エキスプレス・ プレミアム・カード 券面
年会費 税抜150,000円
ポイント還元率 1%
国際ブランド AmericanExpress
電子マネー Apple Pay
家族カード 4枚まで発行無用
ETCカード 初年度年会費無料(通常500円)
年1回の利用で年会費無料
海外旅行傷害保険 最大1億円
交換可能マイル ANAマイル

ANAアメックスプレミアムは25歳以上で安定した収入のある方のみがお申しこみ可能なクレジットカードです。

このカードの特徴は、ANAマイルが貯めやすいのはもちろんですが、クレジットカードでは珍しい国内外の旅行傷害保険が付帯されていることです。

国内旅行傷害保険は利用付帯で最大1億円。

海外旅行傷害保険は自動付帯で5,000万円、利用付帯で1億円が補償されます。

家族特約も最高1000万円まで補償されるので、家族旅行される方には嬉しいポイントになるでしょう。

他にもレストランの優待割引や空港ラウンジサービス、プレミアムデスク(コンシェルジュサービス)などが付帯されているので、ANAマイルと特典、ステータスを重要視される方であれば、お申し込みの検討をしてみてはいかがでしょうか?

ANAアメックスプレミアムをざっくり言うと…
  • とにかくANAマイルが貯めやすく、海外旅行に特化した特典や保険が充実!
  • ANA特約店のお店で決済すればポイントにプラスしてマイルが付与!(1.5%〜2%)
  • ANAで航空券を購入した場合のマイル付与は最大2.5%!
  • ANAアメックスプレミアムでANAの航空券を購入すると、通常のフライトマイルにプラスして50%のボーナスマイルがプレゼントされる!
  • メンバーシップリワードプラスでポイント有効期限が外れるので、実質無期限でANAマイルが貯めれる
  • 空港VIPラウンジが利用できるプライオリティ・パスのプレステージ会員が無料!

デルタのマイルを貯めるならデルタスカイマイルアメックス

クレジットカード デルタスカイマイルアメックスカード公式サイト
概要 詳細
券面 クレジットカード デルタスカイマイルアメックスカード 券面
年会費 税抜12,000円
ポイント還元率 1%
国際ブランド AmericanExpress
電子マネー Apple Pay/楽天Edy
家族カード 税抜6,000円
1枚目無料
ETCカード 発行手数料918円
海外旅行傷害保険 5,000万円
交換可能なマイル デルタスカイマイル

デルタスカイマイルアメックス(デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード)は、デルタスカイマイルを貯めるのに特化したクレジットカードです。

このカードを発行するとデルタ航空の上級会員のみが手にすることができる「シルバーメダリオン」の資格が1年間という期限付きではありますがプレゼントされます。

シルバーメダリオンの会員になると、デルタ航空のマイル獲得上限が20,000マイルまで上がります。

マイル還元率も、100円で1マイル(1%)が貯まります。

また、毎年カードを更新する度に、2,000マイルもプレゼントされます。

海外旅行傷害保険も最大で5,000万円まで補償されるので、海外旅行時も安心です!

デルタスカイマイルアメックスをざっくり言うと…
  • 年会費税抜12,000円
  • ポイントはスカイマイルが100円=1スカイマイルが貯まる
  • delta.comやデルタ航空での利用で還元率が2倍(100円=2スカイマイル)
  • 海外での利用で還元率1.3倍
  • 「シルバーメダリオン」が入会特典で取得できる(1年間)
  • 「シルバーメダリオン」は年間100万円以上の利用で継続可能
  • 家族カードが1枚無料で発行でき、マイルを効率よく貯められる
  • アメックス特有の特典やサービスが充実
  • 入会特典で5,000マイル、カード継続で毎年2,000マイルがプレゼント!
  • 国内外の傷害旅行保険が最大5,000万円まで補償

→デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトはこちらから

ゴールドメダリオンが無条件で取得できるデルタスカイマイルアメックスゴールド

クレジットカード デルタアメックスゴールド公式サイト
概要 詳細
券面 クレジットカード デルタアメックスゴールドカード 券面
年会費 税抜26,000円
ポイント還元率 1%
海外旅行傷害保険 最大1億円
国際ブランド AmericanExpress
電子マネー Apple Pay/楽天Edy
家族カード 税抜12,000円
1枚目無料
ETCカード 発行手数料918円

デルタスカイマイルアメックスゴールドはデルタスカイマイルアメックスの上位互換のクレジットカードです。

デルタアメックスよりもデルタスカイマイルが貯めやすくなっているこのクレジットカードは、基本的なカード性能はデルタスカイマイルアメックスと同じです。

しかし「ゴールドメダリオン」が取得できること、海外でのポイント還元率が1.5倍、入会特典で8,000マイルプレゼント、カード継続でもらえるボーナスが、3000マイルになるなどデルタスカイマイルアメックスよりも特典のグレードがアップします。

デルタスカイマイルアメックスを使ってみて良いと感じたらデルタスカイマイルアメックスゴールドにグレードアップすると良いでしょう。

デルタスカイマイルアメックスゴールドをざっくり言うと…
  • 年会費税抜26,000円
  • ポイントはスカイマイルが100円=1スカイマイルが貯まる
  • delta.comやデルタ航空での利用で還元率が2倍(100円=2スカイマイル)
  • 海外での利用で還元率1.5倍
  • 「ゴールドメダリオン」が入会特典で取得できる(1年間)
  • 「ゴールドメダリオン」は年間100万円以上の利用で継続可能
  • 世界各国約600ヶ所以上スカイチームラウンジ利用できる
  • チェックイン、搭乗、手荷物のお受け取りなどを優先して手続きを行える
  • 家族カードが1枚無料で発行でき、マイルを効率よく貯められる(通常年会費12,960円)
  • アメックス特有の特典やサービスが充実
  • 入会特典で8,000マイル、カード継続で毎年3,000マイルがプレゼント!
  • 海外傷害旅行保険が最大1億円まで補償

→デルタスカイマイルアメックスゴールド公式サイトはこちらから

航空会社15社のマイルに移行できるアメックススカイトラベラー

クレジットカード マイル アメックススカイトラベラーカード公式サイト
概要 詳細
券面 クレジットカード アメックススカイトラベラーカード 券面
年会費 税抜10,000円
ポイント還元率 1.5%
国際ブランド AmericanExpress
電子マネー Apple Pay/楽天Edy
家族カード 税抜5,000円
ETCカード 発行手数料918円
海外旅行傷害保険 最大2,000万円
交換可能マイル ANAやJALを含む15社のマイル

アメックススカイトラベラー(アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード)は、航空会社15社のマイルに移行することができるクレジットカードです。

マイル還元率は1ポイントに付き1マイル(1%)で、1,000ポイント=1,000マイルで交換可能です。

通常100円=1ポイント(メンバーシップリワード)ですが、27の対象航空会社で航空券を購入した場合、ポイント還元率が3倍にあがります。

また、新規入会特典で3,000ポイント、カード継続で毎年1,000ポイントが付与されます。

さらに、入会した年に対象の航空会社で航空券を発見すると、5,000ポイントがボーナスで付与されます。

もちろん、アメックス特有の空港ラウンジや、手荷物無料手配サービスの特典も充実しています。

海外旅行傷害保険も最大2,000万円まで補償してくれるので、メインカードとしても使いやすいカードです。

アメックススカイトラベラーカードをざっくり言うと…
  • 年会費税抜10,000円
  • ポイント還元率1%(100円=1ポイント)
  • 航空会社26社で航空券の購入で100円=3マイル(還元率3倍)が無期限に貯まる
  • 100円=3ポイントは上限がある(年間200万円)
  • 貯まったポイントは航空会社15社のマイルに変換可能
  • 1,000ポイント=1,000マイル
  • 入会特典で3,000マイル、カード継続で毎年1,000マイルプレゼント
  • 入会した年に対象の航空会社で航空券を購入すると5,000ポイント付与
  • アメックスの特典やサービスが利用できる

→アメックススカイトラベラーカード公式サイトはこちらから

航空券の購入をもっとお得に!アメックススカイトラベラープレミアカード

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード 公式サイト
概要 詳細
券面 アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード 券面
年会費 税抜35,000円
ポイント還元率 1%
国際ブランド AmericanExpress
電子マネー Apple Pay
家族カード 税抜17,500円
ETCカード 年会費無料
※発行手数料918円
※5枚まで発行可能
海外旅行傷害保険 最大5,000万円
交換可能マイル ANAやJALを含む15社のマイル

アメックススカイトラベラープレミアカード(アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード)アメックススカイトラベラーカードの上位互換に当たるクレジットカードです。

マイル移行先は全15の航空会社で交換できます。

対象の航空会社、旅行代理店の対象商品をこのカードで購入するとポイント還元率を5倍まであげることができます。

航空券の購入ならアメックススカイトラベラーカードはかなりお得にマイルが貯められます。

海外旅行傷害保険も最大5,000万円まで補償されるほか、入会特典でポイントプレゼントなど、初年度からザクザクポイントが貯まります!

しかもポイントも無期限で貯めることができるので、失効する心配もありません。

また、空港ラウンジやフライトによるポイントプレゼントも充実しており、アメックススカイトラベラーカードを利用していて気に入っている方であれば、ぜひプレミアカードにグレードアップしてみてはいかがでしょうか?

アメックススカイトラベラープレミアカードをざっくり言うと…
  • 年会費税抜35,000円
  • 対象航空会社の航空券、旅行代理店の対象商品をカードで購入するとポイント還元率5倍
  • ポイントは無期限で貯めることができる
  • 国内主要空港とダニエル・K・イノウエ国際空港(ホノルル)のラウンジが同伴者無料で利用可能
  • 海外旅行傷害保険は最大5,000万円まで充実補償!
  • ポイントの有効期限は無期限!
  • 新規入会特典で5,000ポイントプレゼントキャンペーン実施中!
  • 入会後のフライト、毎年カード更新ごとに5,000ポイントプレゼント
  • 入会後1年以内に対象航空会社の航空券を国内で購入すると初回限定でファーストフライト・ボーナスポイントプレゼント(10,000ポイント)
  • アメックススカイトラベラー同様15航空会社のマイルに移行可能

→アメックススカイトラベラープレミアカード公式サイトはこちらから

阪急阪神グループとアメリカン・エキスプレス社が提携して発行しているペルソナ・アメックス

ペルソナ・アメックス 公式サイト
概要 詳細
券面 ペルソナ・アメックス 券面
年会費 税抜14,000円
ポイント還元率 1%(STACIAポイントが付与)
国際ブランド AmericanExpress
電子マネー Apple Pay
家族カード 税抜7,000円
ETCカード 年会費無料
※発行手数料918円
※5枚まで発行可能
海外旅行傷害保険 最大5,000万円
交換可能マイル

アメックスでは珍しい、ショッピング系クレジットカードのペルソナ・アメックス(ペルソナSTACIA アメリカン・エキスプレス・カード)は、阪急百貨店、阪神百貨店などを展開している「阪急阪神グループ」とアメリカン・エキスプレス社が提携して発行しているクレジットカードです。

このカードの特徴は、阪急百貨店、阪神百貨店での買い物では、いつでもポイントが10倍(還元率10%)になる驚異の還元率を誇っています。

通常のポイント還元率が200円で2ポイント(還元率1%)と高く、阪急百貨店、阪神百貨店をよく利用する方であれば持っていて損はないクレジットカードですよ!

阪急百貨店・阪神百貨店での優待サービスが受けられるほか、海外旅行傷害保険も付帯されており、以外にも主婦層からの人気が熱いクレジットカードです!

ペルソナ・アメックスをざっくり言うと…
  • 阪急百貨店・阪神百貨店での買い物では10%のポイントが貯まる(食料品/レストラン/セール商品を除く)
  • 貯まるポイントはSTACIAポイント
  • 200円につき2ポイント(1ポイント1円)
  • お買上げ品一括受け取りやキッズルーム、有料展覧会の入場料優待、「電話でde注文」などのサービスが受けられる
  • アメックスのリターン/ショッピング/オンライン・プロテクションの保証が付帯
  • マイルの交換はできない
  • 阪急阪神グループでのショッピング、レストラン、レジャー施設、京阪神の美術館、神社仏閣など優待サービスが受けられる!

→ペルソナ・アメックス公式サイトはこちらから

開業届を出して1年目ならアメックスビジネスカードがおすすめ!

クレジットカード アメックスビジネスカード公式サイト
概要 詳細
券面 クレジットカード アメックスビジネスカード 券面
年会費 税抜12,000円(経費計上可)
ポイント還元率 0.33%
国際ブランド AmericanExpress
電子マネー Apple Pay
追加カード 税抜6,000円
ETCカード 年会費540円
※5枚まで発行可能
海外旅行傷害保険 最大5,000万円
交換可能マイル ANAマイル/スカイマイル

アメックスビジネスカード(アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード)は開業届を出して1年、またはまもない法人・個人事業主の方におすすめのビジネスカードです。

会社や個人事業主のスタートアップでもこのカードなら比較的作りやすいカードです。

収入証明がなかったとしても発行できる可能性があり、経営に関する特典(ビジネス情報調査代行サービスやコンサルティングサービスなど)が充実しています。

アメックスビジネスカードを利用すれば法人名義の銀行口座からまとめて自動引き落としが可能です。

振込手続きや経費処理などを効率化するのにも向いているカードです。

また、経費で支払った分のポイントも還元され、貯まったポイントは支払い代金へ当てたり、商品と交換したりと幅広く活用できるのもこのカードの魅力です。

アメックスビジネスカードをざっくり言うと…
  • 収入証明がない人でもビジネスカードを発行可能
  • 開業届を出してから一年目の個人事業主でも発行可能
  • ビジネスカードを最初に持つならアメックスが理想
  • 利用明細書(四半期ごと)に出してくれる
  • 海外旅行傷害保険が最大5,000万円(利用付帯)
  • 年会費無料でジー・サーチ(ビジネス情報)が利用可能
  • 年会費初年度無料(通常12,000円)
  • メンバーシップ・トラベル・サービスで空港ラウンジサービス(同伴者1名無料)
  • 魅力的で充実したビジネスサポートの数々

→アメックスビジネスグリーンカード公式サイトはこちらから

社長なら持っておきたい!ステータス性抜群のアメックスビジネスゴールドカード

クレジットカード アメックスビジネスゴールドカード 公式サイト
概要 詳細
券面 メリカンエキスプレスビジネスゴールドカード 券面
年会費 税抜31,000円(経費計上可)
ポイント還元率 0.33%
国際ブランド AmericanExpress
電子マネー Apple Pay
追加カード 税抜12,000円
ETCカード 年会費540円
※5枚まで発行可能
海外旅行傷害保険 最大1億円
交換可能マイル ANAマイル/スカイマイル

アメックスビジネスゴールドカード(アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカード)は、社長や個人事業主のからの支持が絶大に熱いビジネスカードです。

出張や海外などで役立つ特典が豊富にあり、ビジネスの手助けをしてくれます。

特にコスト管理や経営・税務処理の面でのサポートが充実しており、四半期管理リポートやビシネス・セービング(配送費や通信費など様々な業種で優待割引)などが役に立つことでしょう。

ステータス性も高いことから接待や食事が多い方であれば人前で出しても恥ずかしくないカードです。

海外旅行傷害保険も最大1億円まで補償されます。

空港ラウンジサービスやゴールド・ダイニング by 招待日和、健康相談サービスなど日常でも使えるサービスもあるのでなんならメインカードとしても使えちゃう便利なビジネスカードです。

開業一年目で収入証明のない方でも審査に通った事例があるので、法人・個人事業主の方で人と会う機会が多い方はアメックスビジネスゴールドカードがおすすめです!

アメックスビジネスゴールドカードをざっくり言うと…
  • カード決済した分は法人口座から自動引き落とし可能
  • 出張や会食、ビジネスで役立つ特典やサービスが充実している
  • 国内外の空港ラウンジを同伴者1名無料で利用可能
  • 海外出張の出発から帰国時の送迎サービス「エアポート送迎サービス」が便利!
  • 海外旅行傷害保険は利用付帯で最大1億円まで補償!
  • カード決済100円ごとに1ポイントが付与される!

→アメックスビジネスゴールドカード公式サイトはこちらから

アメックスとクレディセゾンの提携カードの種類

アメックス 種類 クレディセゾン
アメックスとクレディセゾンが提携して発行されるクレジットカードの種類には以下の4種類が挙げられます。

  • セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード
  • セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード
  • セゾンゴールド・ アメリカン・エキスプレス・カード
  • セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

上記アメックスとセゾンの提携カードの特徴などを以下の章で詳しく解説していきます。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード(セゾンパールアメックス)

アメックス 種類 セゾンパールアメックス公式サイト
セゾンパールアメックスの概要 詳細
券面 審査 甘い セゾンパールアメックス券面
年会費 1,080円(初年度無料)
年1利用で翌年も無料
ポイント還元率 0.5%
国際ブランド Americanexpress
電子マネー Apple Pay
家族カード 無料
ETCカード 無料
海外旅行傷害保険
交換可能なマイル ANAマイル/JALマイル

セゾンパールアメックスは、今後アメックスプロパーカードを作りたいと思っている方にはおすすめのクレジットカードです。

年会費は永年無料ポイントを貯めるのに特化しています。

通常ポイント還元率は1,000円で1ポイント、1ポイント0.5円(0.5%)と普通に感じがちですが、海外での利用で還元率2倍。

セブンイレブンでの利用で1.5%ボーナスポイント・パートナーズ経由での利用なら還元率最大10%

セゾンポイントモール経由でネットショッピングなら、ポイント還元率を上げることもできます。

また、アメックスならではの旅行優待割引特典が充実しているので海外に行く方にもおすすめです。

海外旅行傷害保険が付帯されていないデメリットはありますが、初めてのアメックスでセゾンパールアメックスを選ぶ人も少なくありません。

セゾンパールアメックスの特徴をざっくり言うと…
  • セゾン永久不滅ポイントが1,000円につき1ポイント(ポイント還元率0.5%)
  • 海外での利用はポイント還元率2倍の1%
  • セブンイレブンでの利用なら1.5%
  • ボーナスポイント・パートナーズの加盟店利用なら最大10%
  • セゾンポイントモール経由でAmazon・楽天・LOHACOなどでの買い物もポイント還元率が上がる
  • 休暇村の優待で宿泊料金(1泊2食付き)が10%OFF
  • tabiデスク経由でパッケージツアーに申し込めば旅行代金が最大8%OFF(国内なら3〜8%割引)
  • 海外アシスタンスデスク日本語サポートが受けられる

→セゾンパール公式サイトはこちらから

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード(セゾンブルーアメックス)

審査 甘い セゾンブルーアメックス公式サイト
セゾンブルーアメックスの概要 詳細
券面 審査 甘い セゾンブルーアメックス券面
年会費 25歳以下の方は26歳まで無料
通常3240円(初年度無料)
ポイント還元率 0.5%
ETCカード 無料
海外旅行傷害保険 3,000万円
家族カード 1,080円
電子マネー Apple Pay
交換可能なマイル ANAマイル,JALマイル

26歳になるまで年会費無料(通常3,240円/初年度無料)で発行できる若年層を対象にしたセゾンブルーアメックスは、18歳や20代前半の学生におすすめです。

ポイントは無期限で貯めることができるだけでなく、還元率もセゾンポイントモールを経由すれば、最大30倍まで上げることができます。

セゾンパールアメックスを発行するよりも上位互換セゾンブルーアメックスに申し込んだ方がお得です。

審査難易度もそこまで変わらず、学生でも十分審査に通すことができます。

もちろん、アメックス特有の海外旅行に特化した特典もセゾンパールアメックスより充実しているので、卒業旅行などで大活躍すること間違いなしです!

セゾンブルーアメックスの特徴をざっくり言うと…
  • 26歳になるまで年会費無料(通常3,240円・初年度年会費無料)
  • ポイントは無期限で貯めることができる
  • セゾンポイントモール経由でポイント還元率が最大30倍とかなり強烈!
  • 国内外の旅行傷害保険が自動付帯で最大3,000万円と充実保障!
  • 貯まったポイントはマイルやアイテムと交換可能!
  • 海外での決済でポイント還元率が6倍!
  • 手荷物無料配送やtabiデスクなど海外向け特典が数多くある!
  • ゆくゆくはアメックスプロパーカードが欲しい人はセゾンブルーアメックスから始めよう!

→セゾンブルーアメックス公式サイトはこちらから

セゾンゴールド・ アメリカン・エキスプレス・カード(セゾンゴールドアメックス)

アメックス 種類 セゾンゴールドアメックス公式サイト
セゾンパールアメックスの概要 詳細
券面 アメックス 種類 セゾンゴールドアメックス券面
年会費 10,000円(税抜)
初年度無料(学生不可)
ポイント還元率 0.75%
国際ブランド Americanexpress
電子マネー Apple Pay
家族カード 税抜1,000円/4枚まで
ETCカード 無料
海外旅行傷害保険 最高5,000万円(自動付帯)
交換可能なマイル ANAマイル/JALマイル

セゾンゴールドアメックスは、セゾンブルーアメックスの上位互換に位置するクレジットカードです。

提携カードとはいえ、あのアメックスのゴールドカードが年会費10,000円(税抜)で持てるのはメリットでしょう。

券面デザインもかっこよく、アメックスプロパーカードに引けを取らないサービスが充実しています。

年間100万円まで補償されるショッピング保険や、盗難・不正利用。

アメックスならではのプライオリティ・パスや手荷物無料配送、海外アシスタントデスクなど、これ一枚持っておけば海外旅行は安心です!

海外旅行保険は自動付帯で驚異の5,000万円まで補償してくれるでの旅行代理店の保険は必要ありません!

セゾンゴールドアメックスの特徴をざっくり言うと…
  • セゾン永久不滅ポイントでポイント有効期限はもちろんありません!
  • 国内利用で1,000円=1.5ポイント海外利用で1,000円=2ポイント
  • セゾンポイントモール経由で買い物すればポイント還元率30倍までアップ!
  • 貯まったポイントはANAマイルやJALマイルに交換可能!
  • 海外旅行傷害保険は自動付帯で最大5,000万円まで充実保障!
  • 国内旅行傷害保険は利用付帯で最大5,000万円まで充実保障!
  • ショッピング保険は年間100万円と不正利用の保障もバッチリ!
  • 海外旅行特典のプライオリティ・パスに無料で入会も可能!
  • 手荷物無料配送や海外アシスタントデスクなど海外でも安心!

→セゾンゴールドアメックス公式サイトはこちらから

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

アメックス 種類 セゾンプラチナビジネスアメックス公式サイト
概要 詳細
券面 アメックス 種類 セゾンプラチナビジネスアメックス 券面
年会費 税抜20,000円
ポイント還元率 0.5%
国際ブランド Americanexpress
電子マネー Apple Pay
追加カード 税込3,000円/4枚まで
ETCカード 無料/枚
海外旅行傷害保険 最大1億円
交換可能なマイル ANAマイル/JALマイル

セゾンプラチナビジネスアメックスは法人カードです。

年会費は初年度無料で、年間カード決済額200万円を超えれば、翌年の年会費が半額になります。

法人カードではありますが、プライベートでも利用できるプライオリティ・パスに無料で入会できる特典。

また、海外旅行傷害保険はなんと自動付帯で最大1億円まで補償されており、自動付帯の海外旅行傷害保険の中では、最高水準を誇っています。

レンタカーや宅配サービス、事務用品など様々な決済を経費支払いにすることができるので、法人や個人事業主の方にもおすすめのクレジットカードです。

セゾンプラチナビジネスアメックスの特徴をざっくり言うと…
  • 年会費初年度無料(通常20,000円)
  • 年間決済金額が200万円を超えると翌年の年会費が半額に!
  • プライベートでも役立つプライオリティ・パスに無料で入会可能
  • 海外旅行傷害保険が自動付帯で最大1億円と充実補償!
  • アメックス特有の海外向け特典が豊富にあります!

→セゾンプラチナビジネスアメックス公式サイトはこちらから

アメックスと金融機関の提携カードの種類

アメックス 種類 MUFGアメックス
アメックスは金融機関とも提携カードを発行しています。

その種類が以下の2枚のクレジットカードです。

  • MUFGカード・イニシャル・アメリカン・エキスプレス・カード
  • MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

上記2枚のアメックス提携カードを紹介していきます!

MUFGカード・イニシャル・アメリカン・エキスプレス・カード

アメックス 種類 MUFGアメックス公式サイト
概要 詳細
券面
年会費 学生の期間は無料
初年度年会費無料
通常税抜1,250円
ポイント還元率 1%
国際ブランド Americanexpress
電子マネー Apple Pay
家族カード 無料
ETCカード 新規発行手数料1,000円
海外旅行傷害保険 最高2,000万円
年間利用額が20万以下だと最高100万円
交換可能なマイル JALマイル

MUFGカード・イニシャル・アメリカン・エキスプレス・カードは通常年会費1,250円、初年度年会費無料の提携カードです。

MUFGイニシャルカード機能とアメックスのサービスの両方が利用できるお得なクレジットカードです。

とにかくポイントを貯めることに特化しており、入会から4ヶ月間はポイント還元率3倍

また、利用金額に応じて還元率が上がる、グローバルPLUS制度もあります。

また、アメックスの会員だけが利用できるアメリカン・エキスプレス・コネクトも利用できます!

また、海外旅行傷害保険は最大2,000万円まで補償されますが、年間利用金額が20万円未満だと、補償金額が100万円まで下がってしまうので注意しましょう。

MUFGアメックスの特徴をざっくり言うと…
  • 入会から4ヶ月間はポイント還元率3倍!
  • 4ヶ月目以降海外での利用でポイント還元率2倍
  • グローバルPLUSで利用金額に応じて獲得ポイントを優遇
  • POINT名人.com経由でネットショッピングすればポイント還元率がさらにアップ!
  • 海外旅行傷害保険は最大2,000万円だが、年間利用額20万円未満だと最高100万円
  • アメリカン・エキスプレス・コネクトが利用できます!
  • 初回のカード更新時にMUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードに自動で切り替え!

→MUFGアメックス公式サイトはこちらから

MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

アメックス 種類 MUFGゴールドアメックス 公式サイト
概要 詳細
券面 アメックス 種類 MUFGアメックスゴールド券面
年会費 税抜1,905円
初年度年会費無料
ポイント還元率 1%
国際ブランド Americanexpress
電子マネー Apple Pay
家族カード 無料
ETCカード 無料
海外旅行傷害保険 最高2,000万円
交換可能なマイル JALマイル

MUFGアメックスゴールドはMUFGアメックスの更新の際に自動で切り替わることで入手できるクレジットカードです。

もちろん最初からMUFGアメックスゴールドに申し込むこともできます。

MUFGアメックスの機能にプラスして、空港ラウンジサービスや、国内旅行傷害保険も最大2,000万円まで付帯されています。

他にも「アニバーサリーポイント」や「プレミアムスタープログラム」でさらにポイントを貯めることができますよ!

MUFGアメックスゴールドの特徴をざっくり言うと…
  • 年会費初年度無料(通常1905円)
  • 海外でのポイント還元率2倍!国内初年度に限りポイント還元率1.5倍
  • 申し込みから最短3営業日で発行可能!
  • アメリカン・エキスプレス・コネクトの利用も可能!
  • POINT名人.comやグローバルPLUSももちろん付いています!
  • 記念日月のポイント還元率もアニバーサリーポイントでポイント還元率1.5倍に!
  • 空港ラウンジサービスで海外旅行をより快適に!
  • 国内外の旅行傷害保険が最大2,000万円!
  • プレミアムスタープログラムでボーナスポイントもプレゼント!

→MUFGアメックスゴールド公式サイトはこちらから

アメックスカード(アメリカン・エキスプレス)の選び方、向いている人の特徴について

アメックス クレジットカード 選び方
アメックスカードはめちゃめちゃ多いですよね!

先に紹介したアメックスカードの中から自分にあったアメックスを選ぶにはどうしたら良いのか?

悩んでしまう方もいることでしょう。

そこで、自分にあったアメックスカードの選び方や、そもそもアメックスに向いている人の特徴を以下の章で詳しく解説していきます。

海外旅行や出張などが多い人はアメックス(アメリカン・エキスプレス)が向いています!

アメックス クレジットカード 向いている人
アメックスカードに向いている人は海外旅行や出張などが多い人が特に向いていると言えます。

理由としては、空港ラウンジサービスをはじめとした、旅行に特化した特典やサービスが充実しているからです。

なので、年に一回でも海外に行くという方であれば、アメックスカードは1枚持っておくと便利ですよ!

マイルを貯めたいならアメックス(アメリカン・エキスプレス)のトラベルカードがおすすめ

アメックス クレジットカード マイル
アメックスはポイント還元率こそ低いものの、マイル還元率が高いのでおすすめです。

トラベラーカードのANAアメックスやデルタアメックス、アメックススカトラベラー、SPGアメックスはマイルを貯めることに向いているクレジットカードです。

マイルを効率よく貯めたい方は、アメックスのトラベラーカードに申し込みをすると良いでしょう!

基本的にアメックスのトラベラーカードならマイル還元率が1%以上のものが多く、交換できる航空会社も多いので、海外好きにはやっぱりアメックスがおすすめですよ!

ステータス重視ならアメックスゴールドかアメックスプラチナがおすすめ

アメックス クレジットカード ステータス
アメックスはステータスカードとして世間では知られており、アメックスのプロパーカードを持っているだけで一目置かれることでしょう。

特にアメックスゴールド、アメックスプラチナカードは最強のステータス性を備えており、年会費も高額なので、女性とのデートではかなり役に立ちますよ!

というのもアメックスには、海外特典以外にも、レストランの優待割引や、コンシェルジュサービスなどが充実しているので、実は日常でもかなり使えるクレジットカードなのです。

年齢が若ければ若いほどアメックスのステータスはより強く反映されるので、審査に自信のある方は、ぜひアメックスゴールド、アメックスプラチナカードにお申し込みをしてみてはいかがでしょうか?

これからクレジットカードを持つ人は審査が甘いアメックスグリーンから始めよう

アメックス クレジットカード 初心者
まだ、「クレジットカードを持ったことがないがアメックスプロパーカードが欲しい」「収入や審査には自信がない」という方であれば、、、

年収200万円代でも通過事例のあるアメックスグリーン(アメリカン・エキスプレス・カード)がおすすめです!

年会費は12.000円(税抜)と高いように感じますが、1ヶ月あたりの維持費は約1,000円となるので、アメックス初心者にはまずこのカードを持ってもらいたいです。

アメックスグリーンを使ってみて、アメックスの特典やサービスの素晴らしさをまずは体感してみましょう。

そして、今後もアメックスを使っていきたいと思えたらカードのグレードアップを図りましよう!

個人事業主や中小企業の社長さんにもアメックス(アメリカン・エキスプレス)はおすすめ!

アメックス クレジットカード ビジネスカード
個人事業主や中小企業の社長さんであればアメックスのビジネスカードがおすすめです。

アメックスには、カード利用上限の設定がないので、経費でたくさん決済可能です。

また、先に調整金を払えば上限以上の決済が可能なので、経費支払いの効率化ができます。

他社のビジネスカードは基本1,000円で1ポイントですが、アメックスのビジネスカードなら100円で1ポイント(メンバーシップリワード)が付与されます。

なのでポイント貯めるという点でアメックスの法人カードはかなり優秀です。

もちろん海外に特化した特典もありますが、ビジネスでも役立つホテルラウンジや、会計ソフトなどが利用できたりするので、社長の方であれば1枚持っておいても損はないですよ!

アメックス(アメリカン・エキスプレス)のクレジットカードを持つメリット

アメックス クレジットカード メリット
アメックスカードを持つメリットには以下の3つが挙げられます。

  • ステータス重視の人であればアメックスカード一択
  • アメックスはマイルが貯まりやすく、交換先も豊富にある
  • 特典やサービスが充実しており、上手に使えば年会費以上の価値がる

上記3つのメリットについて以下の章で詳しく解説していきます!

ステータス重視の人であればアメックス(アメリカン・エキスプレス)のクレジットカード一択

アメックス クレジットカード 社会的地位
クレジットカードで自分の価値を象徴したいと考える方は、アメックスカード一択です。

これはメリットであり、持っているだけで一目置かれるもそうですが、高収入で社会的地位も高いこともアピールできるので、アメックスは人気です。

もし、かっこいいクレジットカードが欲しい、人前で出しても恥ずかしくないクレジットカードを求めている方はぜひ、アメックスのプロパーカードを所持しましょう!

特にアメックスゴールド、プラチナはおすすめですよ!

アメックス(アメリカン・エキスプレス)はマイルが貯まりやすく、交換先も豊富にある

アメックス クレジットカード マイル交換先
アメックスはマイルが貯まりやすいことを前述でお話ししましたが、マイル交換先も豊富にあることがアメックスのメリットとして挙げられます。

特にSPGアメックスに関しては、JALやANA含む40社以上のマイル交換が可能なので、特定の航空会社以外のマイルを貯めたい場合は、SPGアメックスもおすすめです。

また、アメックススカイトラベラーも15の航空会社のマイルに交換可能なので、自分が利用する航空会社がある方のカードを選ぶと効率よくマイルを貯める・使うことができます。

さらに、年会費3,000円(プラチナカード以上無料)のメンバーシップリワードプラスに入会することでポイント還元率をあげることもできるので、さらにマイルが貯まりやすくなります!

アメックス(アメリカン・エキスプレス)は特典やサービスが充実しており、上手に使えば年会費以上の価値がる

アメックス クレジットカード 特典
アメックスは総じて年会費が他のカードに比べても高い傾向にあり、一般カードである、アメックスグリーン(アメリカン・エキスプレス・カード)でも年会費が12,000円(税抜)円かかります。

しかし、アメックスカードは特典やサービス、キャンペーンを活用すれば年会費分以上、得をすることができるので実質年会費無料にすることができます。

例えばアメックスグリーンであれば入会から3ヶ月以内にカード利用できポイントが17,500ポイント獲得できるので、これだけで年会費の元が回収できるのです。

これにプラスしてアメックスの特典を活用すればさらに得をすることが可能です。

アメックスカードのグレードが上がれば上がるほど年会費も高くなりますが、元を回収するのもしやすいのがアメックスの魅力のひとつです。

アメックス(アメリカン・エキスプレス)のクレジットカードをもつデメリット

アメックス クレジットカード デメリット
優秀なアメックスカードにはもちろんデメリットになる要素もあります。

メリット、デメリットをしっかり理解した上でアメックスに申し込みをするか決めましょう。

これから紹介するデメリットは以下の3つです。

  • 年会費が他のクレジットカードに比べて高い
  • ポイント還元率は他のカードに比べるとやや低め
  • 典を上手に使いこなさないと年会費分の元が取れない

上記デメリットについて以下の章で詳しく解説していきます。

アメックス(アメリカン・エキスプレス)のクレジットカードは年会費が他のクレジットカードに比べて高い

アメックス クレジットカード 年会費
アメックスカードは他社のクレジットカードに比べて年会費が高い傾向にあります。

楽天カードやエポスカードなどの年会費無料のクレジットカードが世にたくさんあるなかアメックスは一般カードでも年会費1万円を超えてくるので、人によってはこれは大きなデメリットになります。

一般カードで1万円を超えるカードはアメックスくらいで、他社で1万円のクレジットカードを探すとゴールドカードが持てたりもします。

そのため、アメックスグリーンは他社のゴールドカード並みのステータスがあることがわかりますね!

しかし、メリットの部分で説明したようにアメックスの特典やサービスをうまく活用すればこのデメリットは解消されるので覚えておきましょう。

アメックス(アメリカン・エキスプレス)のクレジットカードはポイント還元率は他のカードに比べるとやや低め

アメックス クレジットカード ポイント還元率
アメックスはポイント還元率が1%に満たないカードが多くポイント還元率を重視している方には不向きなクレジットカードです。

しかし、アメックスのポイント制度「メンバーシップ・リワード・プラス」年会費3,000円で入会することでポイント還元率が1%まであげることができます。

さらに、ポイントの有効期限も無期限に切り替わるのでポイントを無駄にすることが無くなります。

ですが、ポイントのために年会費3,000円を支払うのは「うーん。。。」といった感じです。

アメックスプラチナ以上であれば、メンバーシップリワードプラスに年会費無料で入気できるので、審査に自信のある方で、ポイントも獲得したい方にもアメックスプラチナはお勧めできます。

アメックス(アメリカン・エキスプレス)のクレジットカードは特典を上手に使いこなさないと年会費分の元が取れない

アメックス クレジットカード 実質年会費無料
アメックスはとにかく特典を使い倒すことが重要です。

特にアメックスゴールド以上のカードであれば空港ラウンジや、レストラン優待割引などを使いたおさなければ元を取るのは結構きつくなってきます。

なので、アメックスの特典やサービス、キャンペーンをしっかり把握し、自分の生活にどう活かしていくのかを申し込みの前に考えておく必要があります。

アメックスが欲しいクレジットカード初心者はアメックスグリーンがおすすめ!

アメックス クレジットカード まとめ
この記事を読んでアメックスが欲しいと思った方も多いことでしょう。

もし、まだアメックスカードを1枚も所持していない方であれば、まずはアメックスグリーンに申し込みをしましょう!

アメックスグリーンなら審査難易度もそこまで高くない上、アメックスのステータスや充実した特典や補償のサービスを受けることができます。

他社ゴールドカード並みのポテンシャルを秘めたアメックスグリーンをまずは使ってみて、自分のライフスタイルに必要不可欠と判断できた際にはカードのグレードアップ、または別のアメックスカードに申し込みをしてみると良いでしょう。

審査に自信のある方であればアメックスゴールドやプラチナカードがおすすめです。

マイルをお得に貯めたいならトラベルカードやスカイトラベラー、SPGアメックスを選べば効率よくマイルを貯めることができます。

本記事のアメックスバナーから申し込みをすれば新規入会キャンペーンの対象になるカードもあるので、気になるアメックスカードがある方は一度公式サイトをのぞいてみると良いですよ!

ABOUTこの記事をかいた人

下山田 聖也

経歴 2018年より、東証一部上場大手の信販会社や、大手銀行のコンテンツマーケティング、SEOコンサルティングを主に手がける。 キャッシュレス・QR決済では500店舗以上の導入をサポートした実績を持ち、自ら指揮したプロジェクトは、地上波のテレビに報道されるなど、思わずシェアしたくなるような、わかりやすい説明が得意